FC2ブログ

ポン太兄さん、旅立つ

2018.08.18.15:37

今朝バブ実家の柴犬ポン太兄さんが亡くなりました。

先日泊まってたときも、実は一度危なかったのでした。

義母だけが仕事に行ってるときでした。
義父、バブ、義妹、私、子供たちが居ました。
子供たちに関しては、生まれたときからポン太がいます。
居るのが当たり前の犬です。

ポン太さんが荒い呼吸をしてガクガクと痙攣して
ルルが亡くなる直前の症状に似ていたので
(もうダメかもしれない)
と思って泣けてきたのですが、泣きながら

「オカンが帰ってくるまでは耐えろ!」
「でも、無理なら往ってよし!」

ポン太を腕に抱えながら変な励まし方をしてしまいました。

しばらくすると呼吸が落ち着いてスヤスヤと眠り、
それからは痙攣も起きず、みんなで安堵した…
ということがありました。

義父はポン太さんが痙攣しているとき
青い顔をしてオロオロ立ち尽くしているばかりで
「あやにゃんが居てよかった」
と感謝されました。
何も出来ないし、してやれることも無いので
無力感に耐えるしか無いよね、と話していました。


ポン太さんは半外飼いの番犬でもありました。
ルルと泊まったときも、良い遊び相手でした。

ポン太という間の抜けた愛称は私が付けました。
子犬の時はタヌキ顔だったので。
本名は琵琶の明星号です。
明るいというか、のんきな犬でした。
番犬の職務を放棄して野良猫に餌をあげてたり
ツバメに部屋を貸して自分は雨に濡れていたり。
(庭と行き来自由な土間がポン太さんの部屋)
田んぼにハマり、用水路にハマり、
ルルに餌を横取りされてもニコニコ笑っていた
ちょっとヘタレなポン太さんでした。
可愛かったなあ。(´;ω;`)




ポン太さん、今までありがとうね。

スポンサーサイト

comment

Secret

兄さん

2018.08.19.15:56

柴さんの中でも穏やかなお顔ですね。
エピソードが可愛すぎます。

琵琶の明星ってめざす金星ではないですか。
名は体を表す。  


ご冥福をお祈りします。

ありがとう

2018.08.19.16:03

今日はお葬式でした。
みんなを照らす明るい星になったのだと思う。
たしかに、金星ですね。

いつも田んぼ道を先行して振り返り
「こっちだよ!早く来て!」
と言っているような笑顔で
軽やかに走っていたのを思い出します。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク