FC2ブログ

タダではやらない

2018.07.30.19:10

バブのところに通ってくる他社の若い営業マンがいます。
彼が持ってくる商品は、バブの仕事に無関係なので
バブは絶対に買うことは無いと断言しています。
それでも通ってくるんですと。

鬱陶しいので営業マンに理由を尋ねてみたところ
彼は初めてバブに会ったときのことを話しました。

バブは確かに今後も買うことは無いと言ったが
「この商品はこういうことに使えそうやな」
「こういうメリットとデメリットがあるな」
「ウチでは使うことは無いけどな」
と、バブが何気無く言ったらしい。
それを聞いた彼は営業先を新規開拓し、
バブの助言のおかげで成績トップになれたと言う。

そしてバブのことを「師匠!」と呼び、
「バブさん、ウチの会社に来てください!」
と、営業マンは上司を連れて来たいと言う。
(引き抜きの話)
バブは「上司なんか連れて来たら絶交する!」
と言って追い返しました。

バブからタダで情報貰っておいて図々しい!
バブちゃんに営業なんか出来るわけないでしょ!
とプンスカ怒ってました。

でも、仕事の上で頼りにされていることを
バブは私にちょっと自慢したかったのか
満更でもなさそうな顔でした。

バブが若い営業マンに商品価値を教えたのは
バブとしては好意的な態度の一つでもあります。

だけど、軽い好意でも度重なると、
好意を受けた方は権利だと思い始めてしまう。
好意が当たり前になってしまうと、
好意が得られなくなったとき逆ギレされます。

だからバブはやたらなことで他人に親切をしません。
タダ働きはしないし、支援要請されるまで放置。

例外があって、一年目の新人には親切にします。
この営業マンは新人だったので親切にしたところ
味を占めて通ってくるようになったみたいです。

無関係なバブに自社の商品価値を教わってるようでは
営業としてはアカンやろうなー
と、バブは絶交秒読みしています。

私に自慢して少し良い気分になったので、
それでバブは満足したようです。


なあなあにしないバブの態度は
何でも押し切られがちだった私には無いものでした。
奴隷子として教育されてきたのもあって
タダ働きが最上最善だと思い込まされてました。

キリスト教系の中小企業に就職したときも
世の為人の為、奉仕と博愛の精神こそ至高
という変な使命感を焚き付けられていたので
仕事の内容からすると低賃金にも程がある
というレベルだったことも知りませんでした。

貰っている給料以上の働きをするのが立派なこと
という洗脳にやられてたので、
私の能力を越えた仕事量で心身に不調を来しました。

奉仕と博愛でタダ働き同然のことをする
なんていうのは、人をダメにして家庭を壊すし
人の寄り集まりである社会もダメにするんだなと
バブのおかげで分かりました。


バブの会社の社長は自他共に認める
お金大好きなお金持ちです。
とにかくお金に関してシビアなんだそうです。
ドケチともいう。
だから給料は低い。

でも、口先で「利他の心」など立派そうなことを言って
社員を働かせる経営者よりは信用できる気がします。

利他の心が有るのは良いことだと思います。
悪いとは思いません。
でも、何でもかんでも利他の心や奉仕と博愛で
なあなあに済ますのは極悪非道です。

ただ優しいだけなのは罪だなあと、
最近ようやく分かってきました。
優しいことは良いことだという洗脳を
物心つく前から繰り返し受けてきてました。
その洗脳が指す優しさのレベルが大変低いことも
ようやく分かりました。

洗脳があることを知り、
洗脳されていることも知り、
洗脳を解きたいと思い、
ようやく、洗脳が解け始めてきた感じです。

バブは最初から洗脳されてなかったようで
こういうことを知る前にバブと結婚してるのに
うまくできてるなーと、改めて神仕組みを感じます。

営業マンの話だったのに、
また自分語りしちまった。

スポンサーサイト

comment

Secret

そのやり方

2018.07.31.04:58

過去に何度もそれらしい記事を書いてきたが
バブちゃんの思考と言動は私も同じです。
管理人(店などの)一年目(初心者)さんは
とにかく気遅れしないで実行してみないことには
何も進まないから開始してもらって、
仕事に不慣れだろうから面倒みたり教えたり優遇します。
でもそれは初心者の間だけで
初心者で無いのなら優遇する必要無いので。
優遇されている間に、真剣になって覚えて理解しないと。
ということを何度か書いてきたが、
管理人さん達にはそれが理解できないようだ。
というか自分なりにしか理解しないので
ということは「理解してない」ってことです。


というわけで以前の管理人さんには仕事の概念を理解する
のが難しかったらしく、ほぼ全員消えました。
初心者の間中、私がその店に客が行くよう仕向けていたと
いう仕組みも分かっていたのか居ないのか
分かっていても、意味や意図などが分かっていたのかどうか
分からん。



今は一人もそういう勘違いな人が居ません。
仕事に関するサトリ(理解)が有る人ばかりになりました。
此処まで来るのに十年以上かかっているけど
社会だってそんなモンだろうと思う。
何事も十年は掛かりますよ、って話ね。


王魂の人が全員そう考えはしないだろうが
バブちゃんのやり方が私と同じだったので書いてみました。

バブは

2018.07.31.06:45

ここ数年でこういうことをはっきりと言語化し始めました。
バブはパンドラやぐれんを知らないのに
ifさんと同じようなことを考えたのは面白いです。

バブは言語化したことはなかったがミについていて
私はifさんの記事を読んでイの次元で知っていたので
バブのやっていることを聞いて言葉にすることで
より一層バブの仕事が整序されたようです。
今の仕事を十数年間続けてきてようやくこの段階です。

私もパンドラを読み始めて十年近くになりますが
ようやく過去の記事が分かりかけてきました。

「何事も十年は掛かる」
と繰り返し書いてあったことは真実だと、
十年近く経った今実感します。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク