FC2ブログ

ルルが来た

2018.06.17.10:52

昨日『今季最後の入荷です』と書いてある苺を買いました。
大分県杵築市産の「さがほのか」でした。
かなり小粒でしたが赤くて綺麗だったので買いました。
ルルは酸味の無い「さがほのか」が好物だったのです。

ルルにお供えして、夜にお下がりを食べました。
夕食後はルルを偲んでルルの話をして
(毎日のようにルルの話をしているが)
バブはルルの毛布に包まってミイラ化しました。
我が家で一番モフモフなのでルルが私物化し、
ルルのものになった毛布です。


私はバブを放置して自分の布団で眠りました。
バブも深夜に起きて、自分の寝室に移動しました。

バブがベッドでウトウトした時
そっと廊下を歩く足音が聞こえました。

メシャ、メシャ、メシャ・・・

カーペットを小さく擦るような軽い音です。

ルルの、ちょっと荒れた肉球と爪が擦れる音です。

バブは
あやにゃんがルルの真似をしてイタズラしてるんだ
と思ってボンヤリ聞いていました。

ルルの足音はベッドに上がり、バブの顔の横まで来ました。
頬にモフモフした犬の毛が触れました。

あやにゃんめ、ぬいぐるみを押し付けてきたな…

バブがボーッとした頭で考えた瞬間、

ベロベロベロベロ!!

柔らかく温かいしっとり濡れた舌と
モフモフの毛と、ひんやり湿った鼻が
バブの顔にぎゅうぎゅう押し付けられました。
ベロベロ舐めています!
嬉しいときにルルがしていた精一杯の喜びの表現です。

ひゃぁ~~♪あははは!

バブはハッとして目を覚ましました。
すると、ルルの姿も私の姿もありませんでした。

デジタル時計を見ると、1:58

横向きで見たので数字の8は【∞】に見えました。

いち、ご、無限大。

ルルは苺がとても嬉しかったと言いに来たんですね。

ルルの姿は見えないけれど、
たしかにいつも一緒に居るのだと思ったのでした。

ルルちゃん、ありがとう。。。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク