マタンプシ完成

2018.06.13.15:22

昨日作り始めたマタンプシ、できました。
これで前髪問題も解決しました。


アイヌ文様は主に家系を表すようです。
近親婚を避けるためでしょう。
花嫁花婿のための文様もあれば
死者のための文様もありそうです。
特別な人にだけ許された柄もありそう。
男性用と女性用もあるはずです。

しかし、現在では意味を知る人は殆どいないようです。

だから私は文様の本来の意味や用途を知りもせず
適当に真似して身に付けています。
しかしこれを文化の盗用だと怒り出す人もいるようです。

カッコいいから作ってみた
素敵だから着てみたい
というのが差別にならない日本は素晴らしいです。

ちなみに、私の母親は
きちんとしないとアイヌの人たちに失礼でしょ!
と怒り出す層ですw
いろいろ香ばしい人なので縁を切ってよかったです。


そんな母は昔、意味を知りもせず調べもせず
「あーみっしゅ」というブランド名?を勝手に付けて
自作の小物を販売しようとしたことがあります。
その頃母はキルト教室に通っていて、
自作のパッチワークポーチやバッグ類を
教室の仲間と持ち寄ってバザーに出す話があったのです。
(フリマという言葉はまだあまり普及してなかった)

よりによってアーミッシュ・・・

多分母はテレビか何かでアーミッシュの暮らしをチラッと見て
「なんかカッコいい」とでも思ったんでしょう。
上のリンク先の偏った記事のような、
写真映えする一面だけを見たのだと思う。
おそらく何も考えてないはずです。
アーミッシュキルトに規定や意味があるとは知らず
ロクに調べもせず、名前だけパクったと思う。

だけどアーミッシュキルトには定義がある。
アーミッシュを名乗って良いのはアーミッシュだけ。
だって宗教だから。
それに、特定の宗教に関係してる名前は
教室の仲間が持ち寄りでバザー出店するのにそぐわない。

キルトの先生や長年キルトをやってる人たちに、
「あなたはアーミッシュではないと思う」
「あなたの作品はアーミッシュキルトではない」
「どうしても【あーみっしゅ】を出したいなら
教室と無関係なところで個人的に出せば良い」
と指摘されました。
紛れもない事実であります。

ところが母は怒り出したのです。

だって知らなかったんだモン!と逆ギレ。
何よ!と【あーみっしゅ】のロゴを描いたものをブン投げ
作品を投げ捨て泣き喚いて周りはドン引き。

後日、「実は娘が鬱病で、私、参ってたの」と
しおらしく涙ながらに訴えて火消しをした模様。

母の失態はいつも私のせいになるんです。。

「あんまりお母さんに心配かけちゃダメよ」と
母の知人に言われて、意味が分からないので
そのおばさんに理由を訊いてみたら
母が暴れて大変だったことが分かったのです。
結局母は一言も謝らなかったらしく、
そのおばさんは呆れてました。

母には脳の障害があるようだ。。

謙遜と質素を信条として自給自足の生活をしている
キリスト教の一派のアーミッシュと当時の母に
共通点なんか1ミリも無いように思うのだけど。

母のことはさっぱりわからないし
分かりたくもありません。


あれから20年経った今。
マタンプシもどきを作って身につけてる私は
その時の母よりも年上です。

縫い物好きなところは遺伝していますね。
そこだけは素直に感謝しておきますw

今日も平和で穏やかだ。
ありがたや、ありがたや。

ところで、今日は風通しが良くて涼し過ぎるので
ルルの遺品の「モフモフ毛布」を引っ掛けてます。
なんか、エゾシカの毛皮を着てる気分w


ルルちゃーん!( ;∀;)



スポンサーサイト

comment

Secret

実に

2018.06.13.20:45

面倒臭い母だ。

面倒臭い母と

2018.06.13.21:31

30年近く関わってきたおかげで
大抵の女は可愛く見えるし
ぐれん周辺は特に
女神だらけのような気がします。

あの母だったからこそ
今の私が恵まれていることが分かるし
今の有難さが身に沁みます。
だから結果オーライかな。

中央の刺繍の色が素敵です

2018.06.15.06:56

実用的で可愛くていいなぁ。
好きなものを楽しく身につけられて、それを共に楽しめる日本に生まれてよかったとリンク先の記事を読んで思いました。

実用的でいて

2018.06.15.07:31

見た目も可愛いよね(о´∀`о)
刺しゅうが下手でも「味」になるのもいいです。

文化の盗用を言い出した人たち(主に白人)は
ありもしない敵を作って戦ってますね。
お互い敬い合う対等な関係を築けないのだろうなあ。

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク