FC2ブログ

「月がきれい」

2018.06.05.08:05

ここ数日、作業しながらNetflixでアニメチラ見してました。

中学生の恋を描いた青春モノですがそうとは知らず
「月がきれい」というタイトルに惹かれました。


「Ilove you.」を「月が綺麗ですね」と訳したのは
夏目漱石だったな、と思い出しました。

小説ではなく、英語の授業で生徒に訳させて
「我、君を愛す」などの答えが出てきたところで
「お前らそれでも日本人か?」と漱石先生は一喝。
「日本人はそんな図々しいことは口にしない」
「これは、月がとっても青いなあ、と訳すものだ」

…という逸話がいつの間にか
「月が綺麗ですね」になったということだっけ。

「月がとっても青いから」という歌もあったな。
これは昭和の歌謡曲で関係無いか。

明治時代の恋愛がどういう感じか実感するのは難しいけど
月がとっても青く見えるような時間まで
ちょっといいなと思う人と、ちょっとだけ遠回りする
という状況が、かなり大それたことなのだろう。
二人で歩いているところを見つかったら
とんでもない大事件に発展してしまうような。

アニメ「月がきれい」も、そんな雰囲気かな?
面白そうです。


というわけでアニメ「月がきれい」を見ました。

大人の私は
(可愛いなあ、微笑ましいなあ、じれったいなあ)
と、中学生の初恋を眺めていました。

思春期の私は、えらい感動したようです。
良かった、良かった。

当時は同級生の恋バナについて行けず理解も共感も出来ず
世界から切り離されて孤独でした。
兎にも角にも、母親の支配下に置かれていたので
自分で考えたり感じたりすることをやめてしまって
その場をやり過ごすことだけで精一杯だったのです。

抑圧していただけで、本当は色々思うところはあったはず。
嫌だ嫌だ、と思うことばかりで頭と心が一杯だったので
好ましく思えるようなことを
今からでも疑似体験してみることができる
こういうアニメの存在は有り難いです。

中学生の恋愛をここまで丁寧に描いた作品は
なかなか無いように思います。
悪意のある人物が登場しないし
屈託の無い主人公たちが爽やかでよかったです。

アニメの舞台になった川越という街も魅力的でした。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク