更に今頃になって

2018.05.29.06:51

映画『いつも心に太陽を』のあらすじを読んでみて
(あれ?これって今私が心の中でやってる話と似てる)
と、また今頃になって気が付きました。

【映画】
ちょっと荒れてる高校に新任教師がやってくる。
こんな先公認めるもんかよ!と騒ぎになる。
しかし教師は生徒たちを一人前の大人として扱い
大人として広い世界を見せる。
そこで生徒たちはハッとする。
先生は僕たちをちゃんと見ていてくれる…!
僕たち大人になるよ!ありがとう、さようなら!

【自分】
反抗期を拗らせたインナーチャイルドと大人の自分が出会う。
こんな大人になりたくなかった!と騒ぎになる。
しかし私はインナーチャイルドをただ見つめ
やり残したことを一緒に追体験(想像含む)してみる。
反抗期を拗らせたインナーチャイルドたちは
長年くすぶっていた欲求をそれなりに満たし
健全に沈静化していく。


ルルからのメッセージは、映画の内容も含まれてました。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク