バブ家の「魂の役割」推測

2018.04.17.10:32

この頃、続けてバブの実家に泊まる機会があり
バブ家族を観察して、魂の役割を推測してみました。

幼児期の王(義母)
当初、義母は賢者だろうと思ったのですが
家族全員を従わせる暴君ぶりを発揮することが多く
それに皆が渋々付き合っていることが常態化しているし
何よりも義母の行動力は抜きん出ているので
行動の軸の王で幼児期ぐらいだろうと考えを改めました。
性格は優しく、人に食べさせたい意思が強固です。

幼児期の奉仕者(義父)
義母に対して愚痴を言いながらも最終的には従い
自分で考えて行動することを放棄している義父は
弱者を装って他人の世話になろうとする下心ミエミエ。
誰がどう見ても幼児期の奴隷w

若年期の戦士(義妹)
生真面目だが少しズレている義妹は
子供の頃からテストの点数を重んじる学校大好き人間。
学校から離れられず教師になり、
自分の子供たちにも学力至上主義を徹底。
子供を訓練することが大好きであり
自分にも他人にも厳しいところが戦士らしいと思う。

成人期の学者(義妹夫)
一見大人しそうに周りを観察しているだけの
毒にも薬にもならなそうな義妹夫も教師。
落ち着いているように見えるが、失敗を恐れて行動しないだけ。
義妹の爆発的な感情をいなして発散させる手腕は見事。
戦士の義妹をうまく誘導して行動させているw


人は見かけ通りではないですね。

英語教師の義妹は一見すると頭脳派。
義妹夫はスポーツ万能の体育教師で肉体派。
義妹はインドア派だし、義妹夫はアウトドア派。

しかし、精神面では
思い込んだらまっしぐらの義妹は「動」担当、
見てるだけで煮え切らない義妹夫は「静」担当。

スポーツ万能でアウトドア派だからといって
本当に行動派かというと、そうではない。
勉強が得意でインドア派だからといって
おとなしいかというと、そうでもない。

むしろ性格は義妹の方が荒々しく大胆で、
義妹夫はおとなしく臆病です。


私の推測が合っているとすれば
バブ家に王魂が二人も居たことになりますが
バブは成人期魂なので耐えていたのかもしれない。

バブが子供の頃の話を色々聞く機会もあったのですが
バブはほとんど何も覚えていないのです。
義両親はガッカリしていました。

今のバブがウルサくて、しつこく覚えているのは
「あやにゃんには言うことが通じる」とバブが認識しているからかも。
少なくとも実家にいるよりはマシなのだろう。
実家にいたときは、感覚も記憶もシャットダウンしてたのかも。

そう考えると少し気の毒になりますが、
バブは子供の頃からスケボーやスキーなどの
ラクにスピードが出る遊びが大好きだったので
よく転んで頭をぶつけていたから記憶障害があるだけかもしれません。


バブ家には表現の軸の人が居ない(と思う)ので、
賢者魂の私は腫れ物のように扱われています。
奇人・変人にどう対処すれば良いのか分からないっぽいw
私は普通にしてるだけなんだけどなあ。

スポンサーサイト

comment

Secret

面白い

2018.04.18.04:53

観察眼がある。

バブ家の人々は

2018.04.18.06:17

それぞれ特徴が突出しているので
分かりやすいです。
一家の主婦でおそらく王魂の義母が
好みに耽って自由にしているから
上の如く下も然りで
家族も好みに耽り自由にするのが
当たり前になっているのでしょう。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク