迷い犬の夢

2018.03.23.07:58

私を入れて4人のグループで旅行することになった。
着替えの入ったスーツケースをロッカー預け、身軽になって観光する。
小ぢんまりとしているが活気のあるレトロな商店街で、観光客が多かった。

最初は4人揃って散策していたが、途中で別れて自由行動とし、夕食はホテルで落ち合うことにした。
私は湖を見下ろしながら山道を進むことにした。
海賊船を模した遊覧船が浮かんでいるのが見えたので芦ノ湖だと思った。

すると、大きな迷い犬が私に近付いてきた。
少し怖いなと思ったが、その犬は人に慣れているように見えたので、飼い主とはぐれたのかもしれないと思った。

カバンの中に犬用のリードがあったので、とりあえずそれを犬に付けた。
犬は嫌がる素振りも見せず、麓の駐在所に犬を預けた。

湖を見下ろす山の植物園に行く予定だったのでまた山を登ったが、到着すると営業時間を過ぎていた。
植物園で行き止まりだったので、景色を見ながら街に戻った。
途中で駐在所から電話がかかってきた。
犬の飼い主が見つかった、飼い主が私と話したいから電話を代わるという。

犬を見つけてくれてありがとうと、少年の声がした。
続いて少年の母親から感謝の言葉、最後に父親がお礼をしたいので名前を教えて欲しいと言った。
私は名乗るほどの者ではないと答え、犬と家族が仲良く元気で過ごせますようにと言って電話を切った。

夕食の時間を過ぎていたが、友達は私を待っていてくれた。
ロッカーからスーツケースを取り出そうとしたが、何故か夜間は取り出せない仕様になっていた。
着替えが出来なくなってしまったが、犬と家族が離れ離れになるよりは、一晩着替えられないぐらいどうってこと無いと思った。

ホテルのロビーで私の様子を見て嗤うグループも居た。
既に深夜になっていて、食堂も大浴場も閉まっていたが、ホテルスタッフは私たち4人に温かい食事を用意してくれた。
友人たちは入浴を済ませていたが、私はホテルスタッフが使用する浴室を使わせてもらえることになり、感謝した。

犬が無事に帰れてよかったが、周りに迷惑をかけてしまったと思ったら目が覚めた。


私は目の前のことに反応するだけで、後々の影響までは考えが及ばない。
そのため友人や周りに迷惑を掛けるとか、負担を強いることになっている。
しかし、善意からの行動ゆえに私は責められることが無い。

ホテルのロビーで私を嗤ったグループは、私に考えが足りていないことを警告してくれる存在。
私が善意を発揮するたび、周りに忍耐と寛容を強いていることを教えてくれている。
私が善人で居られるのは、私の周りが忍耐強く寛大なだけであり、軽率な行動を見直す必要があることを示している。

犬を見つけて届けた後は予定を変更すれば良かったのだ。
最初に立てた計画を頑なに実行するから、何も見ることができず、友人との約束に遅れ、無関係な周囲に迷惑をかけ、自分も疲れることになった。

軽率な善意が自分と周りをダメにする例を夢で見たと思う。
やりたい気持ちを無視することが出来ないなら、より良いやり方を考えないと大変なことになるという忠告と受け取っておこう。
スポンサーサイト

comment

Secret

良い

2018.03.23.10:15

良いサトリですw


誰かが良いことをする時に
周囲の人が忍耐してくれている場合があることを
良く悟ったね。
悪を抱けた。
これが出来ないでやたらめったら良いことをする人に
何度も説明、注意をしたが
理解してもらなかったなあ~
それ(理解してもらえないこと)が普通だからいいんだけどね。

逆に言うと
それが理解できるような人は
余計な親切はしないってことだね。

夢で

2018.03.23.12:24

練習できて今気付けてよかったです。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク