FC2ブログ

犬の日に思う

2018.01.11.19:42

今日は1月11日でワンワンワン!
私が勝手に思っている犬の日であります。
まだ絶賛ペットロス中なのであります。
お正月に始まった原因不明の胸焼けと喉のつかえ感は今も続いています。
お正月だからといって特に暴飲暴食はしていません、ホント。

これは、飲み込めない・消化できない思いがあるからだと気が付きました。

ルルが死んでしまったことは、もう仕方がないと思っています。
理由も無く泣くことは、もうなくなりました。
それなのに、今になって、飲み込めない・消化出来ない思いが原因だと思われる身体症状が現れたのです。

私は何を飲み込めずにいるのか。
お正月に吐きながら次のようなことを考えていました。

私は、ルルの病変に早く気付く事が出来なかったことを悔やんでいる。
ルルが5ヶ月も病気で苦しんだのを自分の責任だと感じている。
ルルが居る生活を当たり前だと思い込み、ルルがいつでも賢く聞き分けが良いことに甘え、何度となく長時間の留守番をさせてしまったことを悔やんでいる。
ルルが死んだとき、悲しかったと同時にホッとした自分がいて、それがまるでルルが死ぬのを待っていたように思えて自己嫌悪に陥った。
ホッとしたのは、ルルが肉体的苦痛から解放されたこともあるが、自分自身もこれ以上ルルが苦しむ姿を見ずに済むし、お金もかからなくなるし、ゆっくり眠れるから。

整理して考えれば良いのですが、心がまだ納得しません。
晩年のルルに苦痛を与えていたのではないかと思って自分を責めてしまいます。
あの時ああしていれば良かった、もっとこうすれば良かった、と後悔ばかりしています。

悲しみが癒えてきた今頃になって、やっと頭に色々なことが上ってきました。
それで、喉のつかえ感と胸焼けの症状が「もっと考えよ」と私に教えてくれているのです。

私の症状は、普通に考えると逆流性食道炎のごく軽いものと思われます。
この「炎」が付く病気は、リズ・ブルボー著「自分を愛して!」によると、熱い病気だそうです。

赤字で引用します。
炎症をともなう病気は〈熱い病気〉に属しますが、こうした病気は、〈葛藤〉が遠ざけられ、解決された時に、からだが元の状態に戻ろうとして起こしている

この本によると、葛藤が継続している最中は〈冷たい病気〉にかかるそうです。
この本が定義する〈冷たい病気〉が具体的に何なのか、見つけられなかったのが残念ですが。
〈熱い病気〉も〈○○炎〉だけでは無さそうだし、「他の著書も勝手嫁」ってことかな?


毎日ルルの写真を見て泣いています。
それと同時に、また犬を飼いたい気持ちも出てきています。

ルルは私にとって初めての私の犬です。
それだけにルルの病気と死はインパクトのある出来事だったし、この体験から得た様々な思いを遠ざけるのではなく、きちんと解決したいです。

何せ初めてのことなので、私の心がこれからどう動いていくのか、興味深いです。

スポンサーサイト

comment

Secret

全く同じこと

2018.01.12.12:38

考えます。透視されたかと思いましたよ。
反省という名の自己嫌悪と後悔。

何度体験してもその都度テーマが変わるので初めての体験になります・・・

私も咽頭炎です。リズ・ブルボーを忘れていたのでちょうどいいヒントをいただきました。ありがとう。

Re: 犬の日に思う

2018.01.12.13:10

犬さんそれぞれ別の魂だし
自分もその都度少しは変化してるし
愛犬の死というのは毎回違うのですね。
また飼いたいと思い始めているので参考になります。

私にはもったいないくらいの素晴らしい犬だった…
ルルちゃん…。゚(゚´ω`゚)゚。

でりあさんへ

2018.01.12.13:13

光のルルですよ。
アリスさんは美麗なわんこさんですね。
ぼくのブリーダーさんは、本来ボーダーコリー専門で
「ボーダーコリーが全力で草原を駆ける姿が最も美しい」
と力説されてたです。
ぼくボーダーコリーさんに囲まれて生まれたですからね
アリスさんには縁を感じていたですよ。

ぼくこっちでアリスさんに海辺を案内してもらったり
駆けっこしたり遊んでもらっているですよ!

ルルさん

2018.01.12.17:28

駆けっこするときは頭上に注意!
集中すると周りが見えず前方に小さい子がいれば平気で飛び越えますw
横にはボリスおじさんがもれなく付いていると思われます。縁があるので囲まれてください(^^)

今朝の夢でアリスと散歩しましたが駐車場・・・
みんなで一緒に海岸を歩きたいなぁ  ( ノД`)

ブリーダーさんの意見にこっそり同意。
どの子も全力で走る姿は美しいですがボーダーは戦闘機のような美しさです。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク