FC2ブログ

頭の中

2018.01.01.17:39

「人を表す色のイメージ」が話題になっていることから連想したことを、思いつくままにダラダラ書きます。


頭の中がどうなってるか?
というのは、人によってかなり違うのだということが改めて分かりました。

私は、ふわっとした感覚と映像や画像多めになっています。
夢を見ているかのような曖昧な動画や静止画の断片が散らかっています。
それらに、たまに音もついています。
頭の中にショートフィルムや写真がとっ散らかってるごちゃごちゃの映画館みたいな感じ。

思っていることを言語化するとなると、ありありとした映像で再生が始まるので、つい説明が長くなります。


きょんにゃんさんをイメージする色を説明するのだって、色見本だけポンと出せば良いものを、ついアレコレ説明したくなって長くなりました。
色に関連していろいろくっついて来るものが多過ぎる。

私が物事を整序できないのは、コレが原因の1つですね。

それから、表現したいものを一発で「コレ!」と説明するためには、やはり知識が必要です。
しかしながら、私には知識と素養が圧倒的に不足しています。

色々な方面の素養があれば、頭の中の画像に近い適格な具体例を挙げることも簡単になるかもしれません。
魂の役割が表現の軸なのに、知識と素養が足りないせいでうまく表現出来ません。

なお、私の頭の中が映画館になっていることと、私が賢者魂であることは、全く無関係だと思われます。


私が何か考えごとをしているときは映画の中に入っているのと同じなので、音楽を聴きながら頭を使うことが出来ません。
音楽を聴きながら勉強するとか集中するなど不可能です。
その音楽の背景を想像してしまうからです。
だから、いつも音楽がある環境だと必要以上に疲れてしまいます。

ルル通信を書くときに音楽が鳴っていると、何も書けません。

他人と会話するときに音楽があると、音楽か会話のどちらかが必ず抜け落ちます。
特に歌が入っていると、人の声に気を取られてしまって会話に身が入りません。
うっかり壺を買わされたりするかもしれないので、歌が流れている環境ではお金を使わないよう気をつけますw

バブはいつも音楽がある環境を好むので、私とは全く異なる脳内環境で生きているのだろうなと思っています。
音楽があっても精神活動や頭脳活動に影響を受けないらしいです。
私からすれば、不思議です。


しかし例外もありまして。。
私が一人で何かの手作業をするときは、音楽があっても平気です。

音楽を聴かないように無意識のうちに聴覚をシャットダウンしているようで、聴覚に使う分のエネルギーを他に回している感じがします。

長丁場になる作業のときは、飽きない程度に馴染みの無い音楽をかけていたりします。
本気で集中したときは、何も聴こえていません。
鼻歌が出ても、、、それは単なる反射なので、ちゃんと聴いてないんですよ。

こんな状態の私に話しかけると、、
私は生返事しておきながら記憶に残っていないため、、あとで揉めます。
音楽がある環境でも、似たようなことが起こります。
どちらかにしか集中出来ないのです。

しかし、音楽好きな人は多いですね。
頭の中でいろいろ混ざりすぎて疲れないんでしょうか。
いくつも同時に処理できるのでしょうか。

私の頭はスペックの低いパソコンみたいで、音楽を処理しながら他のことが出来ないので大変です。





スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク