FC2ブログ

箱作りと魂の喜び

2017.11.18.23:38

クリスマスに向けて箱を作っています。
去年よりも少しだけ、段取り良く作れているような気がします。
半年貯めておいたアマゾンとお菓子の空き箱を、じゃんじゃん分解して再構築してます。
ゴミの山が化粧箱になっていくのは楽しいです。
京都お話会でやったアレです。
イギリス前世に応募してくださる方に、漏れなくお送りできるよう頑張ります。
箱は「パリの柄」も多いんですけどねw
細かいことは気にせず、楽しくやってます。
イギリスもフランスも私にとってはざっくりと「ヨーロッパ」なので。


で、作業しながらふと思ったんです。
Lykeionの感想に「苦行だ」と書いたけど、私はその状況を愉しんでいるな…と。

頭は苦しかったけど、心は楽しかったから。

なんでもスラスラ解けると、そりゃあ楽しいだろうけど、すんなりと簡単にクリアできるゲームでは詰まらない。
ちょっと負け惜しみぽいかもしれないが、自分の限界のちょっと上に挑むのが面白い。
いや、Lykeionはちょっとどころじゃないけど。
難しいパズルに挑戦してるようで、自分を鍛えていく喜びを感じているのです。

無謀な挑戦であったとしても、無意味なことではないはず。

目に見える成果が分かるようになるのは死んでからかもしれないけど、出来れば、死ぬ前に少しは成長した自分に会えると嬉しい。


京都お話会で作った本型の箱は、最後の最後に、ようやく本型になるんです。
それまではワケの分からない不完全なパーツでしかない。
最後に組み合わせた瞬間、一冊の本型になるのです。
その瞬間にならないと、これが本型だと分からない。
パーツを見て想像はつきますが、実感を伴うのは最後の瞬間。
地味だけど、でも劇的な変化です。

それと似たようなことを、一生をかけてやってるのかなと思ったんです。

今の私はワケの分からないパーツの寄せ集めがバラバラにある状態。
それを少しずつ組み立てて、形にしようとしていてるんです、多分。
まあ形になりかけてる部分と、まだまだ意味不明な部分があって、それらの寄せ集めでしかない。
死ぬとき一つに組み合わさって、初めて全貌が明らかになるのかな。。

今の人生だけではなく、他の人生も含めた全貌が見えるのは死んだ後、魂の本体があるあの世から見えるのかな。。

とかね。
取り留めのないことを思っていました。


箱作りの過程は地道な作業の積み重ねでして、こういう考え事に最適な時間でもあります。

Netflixで映画やアニメを流して見ながら、
時々ルルを思い出して泣いたりしながら、
今の私は様々な体験をして、土台を一つ一つ積み重ねている途中なのだと思いました。
そして、それが魂の喜びであると感じています。

クリスマス菓子の箱には、私の「魂の喜び」も入っていますw
黒水晶「ルルのお鼻」を身に付けて作業してますから、変なのは入ってないと思いますよ。


nicoさんのところでカードを引いたら、まさにドンピシャの内容で驚きました。

Learning From Delight ~喜びからの学び~

あなたは今、喜びや楽しさの中で生きているということを学んでいます。
あなたは、古く、ハードで、苦痛を伴うやり方からではなく、むしろ楽しんで、感謝の気持ちを持ちつつ、人生の教訓を学んでいくという方向に転換しましたね。
あなたは学びの方法を苦しみから学ぶというやり方から、楽しみながら学ぶ方向へと切り替えているところです。
価値観が完全に変わるまでのしばらくの間は、この両方の様相から学んでいくことになるでしょう。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク