FC2ブログ

健康への極端な志向(追記あり)

2017.11.11.15:36

バブはフェイスブックでウェスティー(ルルの犬種)コミュニティに入っている。
会員による紹介と承認で入会が認められ、日本人は少ない。
世界中に散らばる会員が、ルルと同じ種類の愛犬の写真や動画を掲載し、愛犬に関する会話を楽しんでいる。

さて、昨日はアメリカ人が可愛いウェスティーの写真を掲載していた。
しかしその写真につけられていたコメントが信じられないものだった。

昨日動物病院でガンだと言われ、明日安楽死に連れて来いと言われた。
こんなに元気そうなのに信じられない、悲しい。
これから最後の散歩に行ってきます。
さようなら〇〇(犬の名前)、大好きだよ。


この人だけではなく、バブがこのコミュニティで見たアメリカ人は全員同じです。
アメリカ人は、ペットの病気が見つかったら即安楽死を選択するというか、まるで他の選択肢が無いかのように見えます。
治療しようともせず、生活に気をつけようともせず、壊れたものを買い換えるように、アッサリと安楽死。
でも、悲しんでいるし。

動物虐待には人一倍敏感で、拘束されたり暴力を振るわれたりしていたペットを保護する施設はアメリカにたくさんあるようだし、保護されたペットを引き取る人も大勢いるようです。

なのに、病気の治療はしない。
この感覚だけは、どうしても理解できません。

バブが参加しているコミュニティでは、治療方針や各国の文化の違いに関する批判や突っ込み、お金の話、愚痴や悪口は禁止です。
管理者(何人かいる、バブもアジア代表に推薦されたがめんどくさそうだから断った)が不適切と判断した場合は警告、除名されます。

だから本人に質問とか出来ないので、ここで勝手に呟いておく。
アメリカ人、一体どうなってんの?
まだまだ若くて元気で長生き出来そうなワンちゃんなのに、
私には、あまりにも安楽死を安易に選択しているように見える。

健康への極端な志向がそうさせるのか?
謎です。


病気のペットを安楽死させるのは、飼い主がキリスト教徒だからというわけではなさそう。
他の白人キリスト教国家では、ガン=安楽死は無いか極端に少ない。
(バブの入ってるコミュニティ内では)

バブが直接メッセージをやりとりした病気のウェスティーの飼い主さんたちは、全員キリスト教国の白人だったが、可能な限りのお金と知識とコネ(ロシアでは重要らしい)などを総動員してペットの看病をしていた。

どうしてアメリカだけがガン=安楽死なのか謎。
理由が分からなくてモヤモヤする。。(´・ω・`)



(追記 11/11)

今バブとNetflixで2014年のアメリカ映画「レフト・ビハインド」を見ていたら答えが出てきました。

キリスト教の教えの中に、「終末が近付き、患難の時代が来るとき、神が人々を救ってくれる」というものがあるそうだ。
どうやって救うのかというと、「神が天国に引き上げてくれる」とか。
映画の中で牧師がそう言ってた。

病気で苦しむことになる患難の時代の前に天国に行かせてあげることこそ神の救いであり、善き行いである。

ということなのだと納得した。

バブが偶々見始めた映画はまだ途中だけど、さっき知りたいと思っていた
「アメリカ人が病気のペットを安楽死させる理由」のひとつがわかり、スッキリしました。

知りたいと思ったことが即返ってくるので、やはりこの世は五次元ですね。

この記事、タイトルとかけ離れた内容になってしもうた。
行き当たりばったり思い付きで書いてるから仕方ないな。
スポンサーサイト

comment

Secret

感覚と

2017.11.11.17:53

価値観の違いからくる。
昔、日本の海岸にイルカが大量に打ち上げられた。
原因は不明。
日本人はイルカをとても可哀そうに思ったが、沖へ持って行っても
もう弱っていて死んでしまう。為すすべがなくて気の毒がって泣いていたのだが、それを見た欧米人・・・アメリカ人だけだったのかもしれないが、苦しんでいるイルカを見殺しするとは、日本人はなんて残酷なんだ!とえらく日本を非難してくれた。
欧米人の場合は、苦痛がなくなるように安楽死させるために射●するんだと。日本人はそんなことは思いつかないのだった。
その時日本人は「イルカを安楽死すらさせない野蛮人」くらいの見方を欧米人からされていたが、それってアメリカ人だけがそういう見方をしていたのかね。

なるほど

2017.11.11.18:23

苦痛を長引かせるのは虐待というのは分かります。
そっか、それがアメリカ人の優しさなんですね。
苦痛にのたうち回っている相手を
武士の情けでひと思いにとどめを刺す感じなのかな。

クジラを安楽死させるのがアメリカ人だけなのかどうかは
分からないですね。
欧米人はクジラとイルカには特別な感情を持っているように見えます。

色々手前勝手に思ってしまうのも、私が無知だからなんですが。

うん

2017.11.12.09:33

問えば返ってくるのが早いと、私も思う。

面白いね。

Re: うん

2017.11.12.10:02

まさにピンポイントで答えが来るし、速い。
本当にありがたい。
今まで以上に、想念に気をつけないといけないな。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク