FC2ブログ

ここのところ毎日

2017.11.06.16:40

ルルの動画や写真を見ては泣いている日々です。
あと、ルルが愛用していた毛布だとか、
気に入っていたおもちゃだとか、
部屋の中のあらゆるものにルルの面影がこびりついていて、
外に出てもやはりルルと歩いた思い出がたくさんあって、
何をしても何を見ても泣いてます。

まあ、しばらく仕方ないかなー
泣けるだけのゆとりが出てきたのかもしれないし。

ちょっと日常生活にも影響が出ていますが
(無気力になってる&やたらと眠い)
バブに理解があるので、何とかやれてます。

昔ウツ病になってたときとは明らかに異質な落ち込み方で、
これは大丈夫なヤツだ
と自分で分かるので、大丈夫です。

エネルギーも枯渇気味だし、
無理に浮上しようとする必要が無いので、
いろいろとペースダウンしてます。


ペットを亡くしたことのある人たちから聞いて
ある程度予測はしていましたが、
やはり単純には行きませんね。

何度かこういう波のようなものをやり過ごしつつ
年単位で徐々に落ち着いていくというのが
私の周りでは多いようです。

あと、坂本廣志さんの動画で気になるものも発見。
第15回坂本塾・13 ペットの埋葬について

ざっとこんな感じ。
・ペットは火葬が良い
・毛が残っていると魂が残る(成仏できない)
→毛皮・剥製はマズい
・遺骨は家に置かない方が良い
・ペットは魔物に連れて行かれない

ルルの遺灰はまだ有るんだよねぇ。
少ーしずつ土に撒いてるけど。

動画では仏教的な供養を勧めてたから、
私の考えとは少し違うんだけど、
遺灰を残しているのはバブの気持ちもあるから
徐々に自然に還していこうと思っています。

火葬場で
「毛を切り取って持っておく飼い主さんもおられますよ(燃やす前に毛を切りますか?)」
と言われたんだけど、
私とバブはルルの遺体をドライシャンプーしてブラッシングしたので
ツヤツヤの毛を切り取ってしまうのが気の毒で、そのまま火葬しました。

その日の晩、ルルはバブの夢で
「洗ってくれてありがとう、綺麗にしてくれてありがとう」
と言って笑っていたらしいので、
毛を切り取らなくてよかったなあと話していたのでした。
って、前にも書きましたね。

とにかくルルは、毛は全部持って行ったのでした。
それでもたまに、一本だけ、ふわふわ飛んできます。
それ見てまた泣いてるし。
私がこうして思うことが、ルルの魂の行く手を阻むことになってなければいいな。
私がこんなこと思うのも、折り込み済みなんでしょうね。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク