FC2ブログ

義父のバラ園

2017.09.21.13:13

義母からオロオロした声で電話がかかってきた。
義父がバラの木を植えて嫌がらせをしているのだと言う。

よーーく訊いてみると、こんな感じ。

バブ家は元々農家。
田んぼもいくつか持っているが、バブの祖父の代から近所の農家に代わりに作ってもらっていたそうだ。
それで長年バブ家では、バブ家の土地で獲れたお米を買い取っていたらしい。
しかし長年、田んぼを実際に見に行ったことは無かった。

ところがここ数年、義父は「終活」にちょっと興味が出てきたようで、土地の調査を始めた。
すると、義父が田んぼを放置しているのをいいことに、境界線を越えて隣の田んぼや畑がジョジョにバブ家の土地を侵食していたことが分かった。

そこで義父はバブ家の土地の境界線ギリギリに、ぶっとい棘のあるバラの木を垣根のように密集させて植えまくった。
植えただけであまり手入れはせず、伸び放題。
隣の田んぼや畑に入るには、バラの木の横を通らなければ入れない。
どうしても引っかかるし、バラに虫は付くし病気にもなっている。

それでバラの木を何とかしろと苦情を言われたそうだが、義父は「自分の土地でバラを作って何が悪い。ワシはバラが好きなんや」と追い返したそうだ。

ご近所さんは大変腹を立てて帰り、他人と揉めたくない義母はオロオロして私に愚痴ってきたというわけ。

義母の話を聞いて私は大笑いしてしまったので、
「あやにゃんもお父さんもヒドイっ!!」
と、義母はますますオロオロしましたとさ。


でも、他人の土地を侵食するのは違法行為ですよね。
しかし、どうもこの場合、時効取得が成立してるかもです。

バブ家さんは田んぼを長年放置されてたので、境界線が分からなくなってて、うっかりウチの田んぼと混ざっちゃったかも? でももう時効だよね? テヘペロ☆

ってのが成立するらしいんですわ。
少なくとも20年以上放置してたみたいだし。
「あーー、やっちまったねぇ」と義父は頭を抱えてたわけですが。
義母はそういう事情はわからないし、分かろうともしないし、分かりたくもないので、「ご近所さんに怒られた!」ということのみに着目してオロオロしてます。

義父が自分の土地にバラ園を作るぐらい、どうってことないですね。

バラ園と言うと聞こえは良いが、、
実際は有刺鉄線代わりのイバラみたいなバラ畑なんだろうなぁ。

(理想)


(現実)



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク