FC2ブログ

ルルの能力

2015.09.24.07:16

昨日の続きというか、関連というか。


動物園の動物たちは、自然とは程遠い環境で生きなければならない。
その動物が本来持っている能力さえも
まだ明らかにされていないことが多いのに、
その動物本来の能力を発揮する環境を整備した上で
人に見えるように展示するなど不可能だと思えます。

失われつつある種を保存するという意味では、
動物園も意味があるのかもしれませんが。
動物園で保存をしなければならないほどに
野生動物が暮らす環境を損なってしまった
人間の傲慢さ、浅はかさ、どうやったら環境を取り戻せるか
思いを巡らせ、具体的に活動出来る場であれば
動物園も意味があるのかも。



私も動物を飼っています。
野生には存在しない、品種改良によって作り出された犬です。
この時点で動物園の動物とは全く違いますね。

去勢手術はしていないけれど、繁殖もしていません。
ルルのことは、共に生活している仲間だと考えています。
ルルと私の間には信頼関係が成立していると感じます。
自動エサやり機、お散歩係だけではない絆を感じます。

でもやはり彼は犬なので、犬の特性をよく理解したうえで、
お互いが安心して快適に暮らせるような環境を整えたいと思っています。

今でも十分理解してちゃんとやってるし、ルルは幸せに決まっている!
なんていう浅はかな思い込みは、絶対持たないでおこうと心に誓いました。

ルルが本来持っている能力に比べると、
私の能力がいかにお粗末かよく分かります。
すべてにおいて動物のほうが優れているとか
そういう極端なことは言ってません。
でも、ある能力に於いては動物のほうが優秀です。



ルルは私よりも豊かな音の世界で生きています。
犬だから、人間よりも幅の広い音が聞こえているのです。
私には何も聞こえていないのに、
ルルが何処かに向けて耳をそばだてていたりすると、
私にはほとんど何も聞こえていないのだとわかります。
ルルは私が聞いている音をすべて把握できますが、
私はルルが聞いている音の半分も聞こえていないのだろうと思います。
ルルが住んでいる音の世界を、私は感知も理解も出来ません。

ルルは私よりも豊かな匂いの世界で生きています。
犬だから、人間よりもずっと鼻が利きます。
微かな匂いに敏感なのはもちろんのこと、
草むらの強烈な犬のオシッコの臭いを嗅いだだけで
彼は犬の個体を識別し、臭いを辿って追跡出来るのです。

ルルは私が感知している匂いをすべて把握できますが、
私はルルが住んでいる匂いの世界に、
触れることすら出来ていないでしょう。

ルルは本来なら、小動物を自らの意思で狩る猟犬です。
強い顎と丈夫な歯を持ち、
どこまでも獲物を追いかける不屈の精神があります。

だから、たまには散歩中に野良猫の縄張りに入って
疑似的に狩りをさせてあげます。
ちょっと猫を追いかけて私と一緒に走るだけですが、
それでもルルは自分が本来持っている能力の
ほんの一部を発揮しています。
何度猫に逃げられても、とても楽しそうに見えます。

本来は獲物を仕留めてしまう犬なのですが、
さすがにそこまでさせるわけにはいかないので追いかけるだけ。
猫のほうは余裕ぶっこいて、
ルルを小バカにしながら逃げています。

それでも自分の五感をフルに活用し、
猫を追うことでルルが本来持っている能力の
ほんの一部だけでも発揮することは
ルルが幸せを感じる上で、少しは役に立っているかもしれない
と考えています。

これもまた人間の傲慢なのだろうかなどと考え始めると際限が無いですが、
ルルが元気で楽しく生きて、寿命を全うする姿を最後まで見届ける
義務と責任を感じながら、より良い明日になるよう考えています。

大袈裟に書いてますが、でもこうとしか言いようがありません。

ルルは今日も元気です。

スポンサーサイト

comment

Secret

動物園

2015.09.24.18:20

正直、好きではないです。
檻に入っているを見るのがどうも。
種の保存や、手当などで必要な施設ではあるのかもしれないけど。

記憶違いでなければ、子育て上手な白クマさんがいるのですが、次の子供を産ませるために、自然界より早めに子供と引き離しているよう…
それを聞いて微妙(-_-;)と思っちまいました。

ルルは幸せだね♪

Re: 動物園

2015.09.24.18:46

動物園の動物は、自然ではないからなあ。
でも、自然環境も動物が生きるには微妙だしなあ。
好き嫌いだけでは片付けられないものがありますね。

ルルは自然ではない生き物なので、
人間と共に生きる犬なのだろうと思います。
強い犬だけをかけ合わせて作られた犬なので、
遺伝的に狩猟本能が強化されています。
だから小動物やヨチヨチ歩きの小さな子供を見ると
ルルにとっては獲物に思えるようです。
幸いにも近所の自由な猫さんたちが
ルルの狩猟ごっこ遊びに付き合ってくれて
ルル狩猟本能を適当に満足させてくれています。
お陰様で小さな子供さんに襲いかかったり、
室内で吠えたりしないのでとても助かっています。
地域の猫さんたちには大感謝です。

人と動物がより良く生きられる世の中になったらいいな。

生まれも

2015.09.24.20:00

育ちも動物園っ子は沢山いるだろうからね。


Re: 生まれも

2015.09.24.20:42

ほんとだね。
生まれも育ちも動物園や実験室の動物はたくさんいるね。

彼らの幸せってなんだろう?

といくら考えてもまだ答えは出ないけど
より良い環境を整備するために、
動物園で働く人たちも苦労しておられるのだなーと
先週の講演を聞いて思いました。

だから近々、機会を作って動物園を見学に行ってもいいかな!
なんて考えてます。
子供の頃とは違う見方ができるかもしれないし。

彼らの幸せって

2015.09.25.23:57

なんだろう
と以前はよく考えた、でも考えても分からず(^_^;)

私は、動物園は行けないな~たぶん。
せいぜい水族館かな。でも行くと、
もっと広いところで泳ぎたいだろうな~と思ってしまう。
海ほど広いところを望んでいるのかも分からんがね…
結局、彼らの気持ちは分からないし、楽しみきれないのでありましたw
( ̄~ ̄;)
あやにゃんは、色々な意味で楽しんできて下されっヽ(^o^)丿

Re: 彼らの幸せって

2015.09.26.06:59

ネガティブな感情が出てきたとしたら、
そのことも楽しみつつ観察してみます。

自分にとって心地よいものと、そうでないもの、
両方同じだと思えてきたので…

うまく説明できないので、しばらく様子みながら考えます。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク