FC2ブログ

雨晴が取り持つ縁

2015.09.22.09:42

ルルですよ。

昨日、文通のお友達になったQ21さんからお手紙が届いたです。
ぼくの大好きなイチゴの柄のレターセットで、
ぼくとっても嬉しかったですよ。
ありがとうです!!

ところで、Q21さんとぼくにはシンクロがあったですよ。
Q21さんに了解をもらったので書いてみるです。




実はぼく、6年前に富山県に行ったことがあるです。
ポン太兄さんの家(父ちゃんの実家)には泊まることもあるですが、
それ以外の、よそのお家や旅館やホテルに泊まったことは
ぼくは6年前の富山県だけです。そのたった一度きりです。

そのときぼくは雨晴海岸のすぐ前にある「ホテル雨晴」という
昭和レトロな宿泊施設に泊まったです。
オーナーさんが愛犬家で、犬も一緒に泊まれるです。
ぼくは5歳の若犬で、元気いっぱいでしたが、
ホテルのすぐ前が雨晴海岸で、
夕方と早朝は海岸をお散歩したですよ。



雨が晴れる海岸って面白い名前だなあと思って
とても印象に残っているです。

ぼくは琵琶湖岸をときどき散歩しているし、
対岸には比叡山(848m)もよく見えているですが、
本物の海を見たのは初めてだし、
三千メートル級の高い山もそのとき初めて見たですよ。
あれは立山連峰だったですね。
ぼく、ものすごい壁みたいなのがあると思ったら
あれは山だと言われてびっくりしたですよ。
山のてっぺんが雲から飛び出していたですよ。



そしたら、Q21さんから届いたお手紙に、
雨晴に縁があると書いてあったです。
赤い字で引用させていただくですよ。
青い字はぼくのコメントです。

雨晴に来てたのですね!

そうです、ホテル雨晴に泊まったです。立山も見えたです。

立山が見えましたか。良かったです。
きっと歓迎されていたんですよ。
天気が悪いと立山、みえないんですよ。
何も見えずにがっかりの観光客も多いんです。

おや、そうでしたか。
ぼくバッチリ見ました。壁みたいだと思ったです。


ホテル雨晴の近くをローカル線が走っていませんでしたか?

あったですよ、お散歩したです!



雨晴駅が近くにあったと思います。

ぼく、前を通ったですよ!



実は母の実家がその駅から2キロ弱くらいの所にありました。

ええっ、そうだったですか!
それはすごいシンクロですね。


私がまだ小学生の低学年の頃、夏休みに遊びに行ったら
祖父が私一人だけ連れ出して、市内で一番大きな公園
(加賀二代藩主 利長の隠居の城があった所ね)の
無料動物園に連れて行ってくれたことがありました。

木造の小さな雨晴駅の古いベンチに祖父と並んで座って
列車を待っていた記憶は今でも大切な思い出です。
その大切な思い出の場所に楽しい思い出を持つ
ルルちゃんとあやにゃんさんに
こうして手紙を書いているのが不思議な感じです。


ぼくが唯一、宿泊施設を使って外泊をした場所が雨晴。
雨晴に深い繋がりのあるQ21さんと、今こうしてお友達になったです。
とても不思議ですね!


雨晴なんですが、今日(あ、日付変わってる、21日ね)の
地元新聞の社会面にいきなり大きく「一緒に雨晴いきたい」ですよ!
(戦後70年の企画連載で
 娘さんに宛てた遺書の中の言葉だそうです。画像、添付しました) 



なんでしょう、このタイミング。びっくりです。
何かあるのか雨晴w





多分ですが、今お彼岸でもあることだし、
Q21さんとお祖父さんは繋がってるというサインだと思うです。

それから、ぼくとQ21さんが直接繋がるキッカケになった
「ツタンカーメンの呪いコイン」に王墓して下さったときも
とても不思議なタイミングの良さで王墓できたそうです。

Q21さんのパソコンの調子が悪く、携帯もネットに繋がらない機種で、
大変な苦労をしてぼくの記事を読んで下さっていたそうです。
何度も接続に失敗しつつ、何とか王墓して、住所も書いて下さって、
お礼のコメントまで書き込んで下さったのでした。

そして、一連のやりとりが終わった直後に
パソコンが完全に使えなくなってしまったそうです。
ツタンカーメンの呪いコイン企画があのタイミングで良かったですね。

ぼくが6年前に雨晴に泊まっていなければ、
Q21さんとはここまで親しくなっていなかったかもしれません。
雨晴という共通の話題があったからこそです。
ずっと前からぼくとQ21さんは
お友達になることが決まっていたのかもしれないですね。



だけど、それはQ21さんが自分で選択した結果でもあるです。
何度も接続して王墓するというQ21さんの最初の行動が無ければ、
雨晴というシンクロ自体にも気付かなかったです。

普通の人なら「繋がらないし、縁が無いのかも」と思って諦めるとか
「めんどくさいし、まあいいか~」とか、
ぼくの母ちゃん(怠け者寄りの凡人)なら、いかにも言いそうです。

だから、この時点でQ21さんは普通の人ではないと思うですが、
(そもそも犬と文通をするところが既に普通ではないです)
Q21さんだけに限った話ではなく、
未来は自分で選べるですよ。

どーしてもやりたいことは諦めずにやってみるです。
ぼくは一度狙った獲物は絶対諦めない
しつこい不屈の精神を持つテリア犬ですからね、
へこたれずに楽しく暮らすですよ。

これを書いたタイミングで、リエさんのカード引いてみたです。
そしたらね、こんなのが出たですよ。

ではまたね!


スポンサーサイト

comment

Secret

雨晴!

2015.09.22.17:26

そこは、拙者のお気に入りの自転車俳諧コースです。

氷見漁港から海岸沿いに徘徊するのですが、お気に入りの場所です。
大体そのあたりでおにぎりを食べます。

ちなみに、雨晴駅の隣の島尾駅近くの公園に、クジャクとニワトリが同居している檻があって、そこのニワトリに『これ、やる』と菜っ葉の切れ端をもらったことがあります。

ああー、また徘徊しに行きたい。

Re: 雨晴!

2015.09.22.18:45

おや、一夢庵殿も同じ場所に行くですか。
雨晴繋がりで面白いですね!
雨晴海岸は景色が良いのでお散歩にぴったりですね。

ニワトリさんが菜っ葉を下さったのは
歓迎のしるしですよ!
ぼくたち動物は、食べること即ち生きることなので、
余程信頼の置ける仲間同士でなければ
食べ物を分け与えるというようなことはしないです。

でも、その時の一夢庵殿が
瀕死の状態に見えるほど餓えていたのであれば、
命を助けるために食べ物を分けるですよ。

久しぶりに可愛い便箋で手紙を書いたw

2015.09.22.20:25

意外なことで意外な(可愛いテリア犬さん!)文通友達ができて嬉しいです。
ありがとう。文通楽しいわ~。

いいタイミングで雨晴にお越しくださいました。
ホテル雨晴、今は多分営業していないと思います。
数年前、破産のニュースを見たような気がします。

リエさんのカード、ルルちゃんが言ってくれた
「繋がってるというサイン」そのままですね。びっくり。

雨晴って源義経が弁慶と奥州に向かう途中
岩陰でにわか雨が晴れるのを待ったことから雨晴というんですって。
その岩、義経岩と言われてるんですが、二枚目のお散歩画像が義経岩ですね。
弁慶が岩を持ち上げて岩陰を作ったそうですよ!(ホンマかっww)

Re: 久しぶりに可愛い便箋で手紙を書いたw

2015.09.22.21:09

お手紙ありがとうです!
ホテル雨晴、調べてみたら、確かにもう営業してないですね。
ぼくが泊まったときから、経営が苦しそうな感じはしていたですが、
犬も泊まれる宿泊施設は貴重なので残念です。

あの岩は義経岩というですか。
ぼく、匂いを嗅いできたですよ!
ぼくは一度訪れた場所は絶対に忘れないです。
ぼくのボディに生まれつき装備されている
天然自然のGPSに記憶してあるですよ。

またお返事書くですからね、
気長に待っててくださいです!
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク