FC2ブログ

ジョブチェンジの謎

2017.07.24.07:46

「音楽の時間」という記事に対する一夢庵さんのコメントが大変参考になるので、埋もれさせておくのがもったいないと思い、引っ張ってきました。

幼児期の私は歌って踊ることが大好きだったが毒親にそれを封じられ、それ以降歌が苦手になってしまった。
という内容の記事であります。

それが最近の私のジョブチェンジと関連しているのではないかと一夢庵さんが見抜きまして、その理由が解説してあります。
青字で一夢庵さんのコメントをコピペします。

踊る、歌うというのは賢者の本質である表現の主なものの一つだと思うのですが、これを封じられるというのは生きることを封じられるのと同じぐらいの苦痛を伴う状況ではないかと思うのですが、そんな苦痛を経て陰極の極致に落ちた心を癒すのは、対になった『役割』である『職人』の陽極に移り、癒されて本来の役割に戻るそうです。

最近のジョブチェンジはそのサインか?
などと思ってみました。



私は幼児期の、生まれ赤子だった頃に自分の本質を発揮できていたから、一時的に封じられはしたものの、時間をかけて思い出すことができました。
思い出すきっかけとなる様々な情報にも出会えました。

記憶に残らないほど幼い頃から本質を封じられていたとしたら、その苦痛はどれほどでしょう。

しかしそれもすべて織り込み済みでこの世に生まれてきているのだから、自分を高めていくために敢えて自分を追い込む設定でゲームをプレイするチャレンジャーなのだなと思います。

それを思うと、私の設定はそれほど難易度が高いとは思えず、今まで何を甘ったれていたのかと恥ずかしくなりますが、それが私の限界なのだから仕方ありません。
せめてこれからも、自分の限界の上限を引き上げる方向へ精進するのみです。

一夢庵さん、ありがとうごさいます。
スポンサーサイト

comment

Secret

普通は

2017.07.25.07:23

苦痛で終わると思います。

おまけで、他人を捕まえては愚痴をを言うと言うオマケがあるかもしれませんが。

ついになった役割の陽極に移るというのを無意識にできるのは凄いと思います。

Re: 普通は

2017.07.25.15:36

ジタバタ運動を繰り返していただけの人生だったような気がしますが、それも有りなのかな。
とりあえず生きてて良かったです。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク