FC2ブログ

音楽の時間

2017.07.19.13:42

私は幼児の頃から歌って踊るのが大好きだったそうです。
その頃はまだ刀鍛冶の家にいました。
祖父のお弟子さんが大勢家に居たのですが、おっちゃんたち(というほど年寄りではなかったかもしれない)に、「大きくなったら宝塚音楽学校へ行くといい」と言われていました。
当時の私は宝塚音楽学校が何か知りませんでしたが…

刀鍛冶の祖父母は子沢山で、父親は7人兄弟でした。
若い叔父・叔母が何人もいて、私は歌って踊って愛されて、失敗しても庇ってくれる人たちに囲まれて暮らしていました。

まだ20歳を過ぎたばかりの母親は、棟梁娘で可愛がられて我儘に暮らしてきたものだから、いきなり主役の座を私に奪われて嫉妬していました。
私は母親と二人きりのときに歌って踊ると、こっぴどく怒られ、何かその辺の物が飛んできました。

6歳の時に両親が離婚して、私は母親に引き取られたので、それからは庇ってくれる人が誰も居なくなりました。
賑やかな家で暮らしていたのが一転、小さなアパートで静かに声を潜めて暮らさなければならなくなり、大好きだった歌や踊りも封印です。

そのうち歌が苦手になりました。
学校の音楽の時間に合唱することがありますが、歌えないのです。
泣けるから。

べつに悲しくなんかないし感動してるわけでもないのに、何故か感極まって泣けてしまうから、マトモに歌えません。
それでも授業中なので、皆に合わせなければならず、上の空で声を出してやり過ごすしかなくなりました。
少しでも歌の中に入ってしまうと涙が出てくるから仕方ありません。
本当は歌うことが大好きなはずなのですが、歌えない。
ジャンル問わず大抵の歌で泣けます。
小学校の合唱コンクールだろうが、街角のオッサンの鼻歌だろうが、歌に集中すると泣けてしまいます。

最近はこれが重症化してきて、楽器の演奏でも泣けるようになってきました。
これなんかもう、涙が止まらず呼吸困難になるほどです。
前にも紹介したことがあるけど、お気に入りなのでもう一度。
https://youtu.be/wpFQLw5_N2o


日本の誇り。
「宇宙戦艦ヤマト」海上自衛隊

泣ける。
「君をのせて」すみだ少年少女合唱団
スポンサーサイト

comment

Secret

仲間~

2017.07.19.15:55

歌を歌うと涙が出るのでカラオケに行けません。それで歌うことが苦手になりました。

>歌に集中すると泣けてしまいます。
正に同じ!

この間TVである歌だけ泣けて歌えないという人が出ていました。共感できるけど、笑い過ぎたw
探偵!ナイトスクープ 『グリーングリーンで泣く母』https://gyao.yahoo.co.jp/player/11153/v00004/v0000000000000000857/

私のおすすめはこれ
https://www.youtube.com/watch?v=h4ImShVPTDU

ブッ

2017.07.19.21:32

すごいな、スペースオデッセイ。
この演奏でも泣けちゃうのかなw
(笑いが亢進して泣けそうな気はするなあ)

私も歌や音楽で泣くことが多いよ。
癒しが起きるんだろうね。
泣いてしまう曲を、泣かずに歌うのがひとつの目標です。

Re: 仲間~

2017.07.19.22:28

おお、同士よ。

グリーングリーンは小学校で3番ぐらいまで習ったかな。
これも泣けますね。。
(こんないいパパじゃなかったし!)と思って我慢して歌いました。

Re: ブッ

2017.07.19.22:39

これは腹筋崩壊後、涙腺に来ますね。
笑い過ぎて泣けるw

学校で合唱コンクールがありましたが、練習に熱が入るほど歌にならないというジレンマがありました。

私以外にも泣いて歌えない人が大勢いるようですね。

ジョブチェンジの謎がここに?

2017.07.23.23:43

踊る、歌うというのは賢者の本質である表現の主なものの一つだと思うのですが、これを封じられるというのは生きることを封じられるのと同じぐらいの苦痛を伴う状況ではないかと思うのですが、そんな苦痛を経て陰極の極致に落ちた心を癒すのは、対になった『役割』である『職人』の陽極に移り、癒されて本来の役割に戻るそうです。

最近のジョブチェンジはそのサインか?
などと思ってみました。

Re: ジョブチェンジの謎がここに?

2017.07.24.01:00

子供時代に本質を封じられた痛みが癒されて、
今になって音楽を楽しめるようになったんですね。
歌って踊ることが楽しかった幼少期を思い出せて良かった。
やはり生まれ赤子の心がすべての鍵なんですね。

どこかで(職人ポジションは心地良過ぎる)と思っていたのですが、
癒しとしての役割だったから心地良かったのかもしれません。

この「役割」が癒しになるという現象は興味深いですね。
これから私以外にもジョブチェンジする人が出てきそうな気がします。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク