FC2ブログ

余計な親切設計

2017.06.25.10:15

昨夜は蒸し暑くて、ルルは涼しい場所を探してヨロヨロ、フラフラ歩いていました。
そこで私はクーラーをつけてあげまして、ルルと寝ることに。

ところがバブ、私とルルが寝入ってから何を思ったのか、エアコンの設定を「冷房」から「自動」に切り替えて、自分だけは寝室に行きました。
私とルルは居間とひとつながりになっている部屋で寝ているので、気が付かずそのまま寝ていました。

それからしばらくして、、

あまりの寝苦しさに目が覚めました。
蒸し暑くてじっとりと汗ばんでいます。
ルルもヨロヨロ、フラフラ歩いています。

エアコンを見ると、緑のランプが点灯していました。
冷房は青いランプなのですが、緑は「涼快」モードです。
そのモードが曲者でして、エアコン会社が勝手に(このくらいが快適でしょ?)と設定した温度と湿度に自動調整してしまうシロモノです。
外気温との差をなるべく少なくし、体に負担の無いように…という設計らしい。
ですが、これが全くの役立たずでして。

昨夜の滋賀は雨。湿度100%。
そして外気温はおそらくですが、暑かった。
その屋外との差をなるべく少なくして、ほんの少しだけ涼しくしておく設定になってたものだから、
ジメジメしてクソ暑い不快指数高い部屋になっていたわけです。

誰だ、こんな余計な親切設計をしたヤツは。
余計な機能で付加価値を付けて高く売るやり方なのだろうけど、こんなやり方をするようになってしまったから日本のモノづくりがダメになってしまったのかもしれないと思ったりしてる日曜の朝。




スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク