FC2ブログ

バブ、犬を欲しがる

2019.07.31.05:23

犬って「帰ってきた人」が大好きですよね。

先週、義両親の栗坊を預かっていた時、栗坊は毎晩、バブが帰宅すると大喜びの大歓迎をしていました。
バブはそれが嬉しくてたまらなかったようで、
お家にワンちゃんが居たらいいなあ♪
ルルちゃんに会いたいなあ♪
ルルちゃんみたいな、お利口な可愛いワンちゃんまた飼いたいなあ♪

と申しております。

バブは犬に大歓迎してもらうだけだからなあ……
可愛がるだけだもんなあ……

犬が疲れて満足する分量の散歩と遊び
家の中での規律を教えること
犬の体の手入れと健康管理
犬に言葉を教えて頭を鍛えること

地道な努力が必要なことは、私に丸投げだもんなあ。

放っておいたら大変なことをやらかします。

いつの間にか、何処から持ってきたのか、バブのパソツを……


でも、犬は可愛いです♪
散歩中に嬉しそうにしている姿を見ると、可愛いなと思います。



「可愛い♪」だけでは飼えませんが、「可愛い♪」と思う心は必要不可欠ですね。

スポンサーサイト



バブの煽り対策

2019.07.30.08:30

黄緑色の中古車に乗り換えてからというもの、煽られることが増えたと感じているバブは、煽り対策を考えていました。
そのため、安いドラレコを取り付けたのですが、後ろから見てもドラレコが付いてるかどうかなんて分かりません。
事故の際の証拠物件にはなるかもしれませんが、煽り対策としての効果は、バブの場合はありませんでした。

せっかくドラレコ付けたのに、煽られて腹立つ!

バブは未熟な王魂ゆえか、自分のペースを乱されることを嫌います。

なんでバブが周りに合わせなきゃいけないのだ?
周りがバブに合わせればいいのに。
そしたら平和になるのに、みんなアホだなあ。


でも、周りがバブに合わせてくれるなんてあり得ないので、しょっちゅう煽られて鬱陶しくてたまりませんでした。

そこでバブ、今度は車の後ろに貼るステッカーを注文したようです。
こんなものが届きました。

車に貼る日章旗ステッカー「君が代」付きです。
反射材になっているので、夜でも視認性が期待できます。
ハガキより一回りぐらい小さめサイズかな。

うーーん、、
日章旗に煽り対策効果があるのでしょうか?

私はてっきり、「ドラレコ録画中」とか書いてあるステッカーだと思っていたのですが。

まあ、煽ってくるような輩は魔物に取り憑かれているような獣次元だと思うので、日章旗と君が代のような美しいものを見ると嫌かもしれないとは思います。

それよりも、バブはウヨク団体の車列に紛れ込んだ時に快適だったから、ウヨクっぽいステッカーを買ったのかもしれません。
あれは本物のウヨク団体が隊列を組んでいたから誰も近寄らなかっただけだと思うんだけど……

まあ、バブが納得するようにやればいいか。
これを貼ってどうなるかは、バブに検証してもらうとしましょう。

バブ、煽られる

2019.07.29.04:49

昨日、バブは一人で車で買い物に出かけました。
ルルちゃんにお供えする白バラを買いに、バラ園に行くためです。

空いた道路をしばらく走っていると、軽自動車に煽られ始めました。
この黄緑色の中古車にしてからというもの、よく煽られるような気がしていたバブはイラッとしました。

(こんなに空いてるんだから、さっさと抜かせばいいのに)

すると、後ろの軽自動車は右に左に蛇行しながらパッシングしてきました。

(もう!鬱陶しいなあ!)

でも、
(バブちゃん後ろにドラレコ付けたもんね)
と思い直して、
(変なことされたら通報してやろう)
と考えながら走ることにしました。

(ウフフ、もうすぐ通報かな?)
(それとも、追い越しかけてきたところでぶっちぎってやろうかな?)


バブはどうやって報復するか考えているうちに、なんだか楽しくなってきました。

そのうち、隣の市にある市民ホールの近くに来ました。
軽自動車はまだ煽っています。
すると、何ということでしょう。

路上に100人ほどの制服警官が居て、バリケードの準備をしているではありませんか。
道路を封鎖する準備をしているし、あちこちに白黒パトカーと覆面パトカーらしき車両がたくさん停まっています。
路上にはトゲトゲの付いたものとか、柵とか、市民ホール付近を封鎖する準備の真っ最中です。

(要人でも来るのかな?)
(それにしては、物々しいな)


バブを煽りまくっていた軽自動車はトーンダウンした走りになりました。
さらに、バブの前を走っていた車列に追い付くと、それはウヨクの団体でした。
白いバスが10台ほどと、白いワゴン車が数台走っていて、なにやら演説しています。
鉄格子の付いた黒いバスで軍歌を大音量で流している団体ではなく、白い団体です。
軍歌は流さず、こんなことを言っています。

日教組は暴力革命を起こそうとしている強酸党と繋がっているとか、日教組は反日教育をやってるとか。
そして、さっきの市民ホールで日教組の集会が行われることもウヨク団体の演説で分かりました。

(へえ、マトモなこと言ってるなあ)

バブは応援したい気持ちになったので、窓を開けて前のウヨクの人に手を振りました。
すると、前で演説していた人が手を振り返してくれました。

いつの間にか、バブと後ろの軽自動車はウヨク団体の車列の中に紛れ込んでいます。
ウヨク・ウヨク・ウヨク・・・バブ・軽自動車・ウヨク・ウヨク・・・という具合に、バブと軽自動車はウヨク車両に前後を挟まれていたのです。
軽自動車はすっかりおとなしい走り方になっていました。
バラ園に向かう横道に逸れるため、バブはウヨク団体から離れました。
バブを煽りまくっていた軽自動車は、そのままウヨク団体の車列に護送されて行きました。

(ウフフ、面白い演説も聞けたし、軽自動車にもお灸が据えられたし、これもルルちゃんのおかげかな?)

バラ園では白バラを二本もオマケしてもらえたし、バブにとって嬉し嬉しの外出になりました。


そんな面白いことを見逃した私は……
マンション自治会の夏祭りに出て、ビンゴ大会でクラブハリエのバウムクーヘンが当たりました。

ルルちゃんにお供えして、帰宅したバブの土産話を聞きながら美味しくいただきました。

ありがたや、ありがたや。
嬉し嬉しの世界ですね。

義母とカタログ

2019.07.28.07:40

祈りの言葉(長い方)を一回だけ唱えてからOFさんの高級食パンの記事を見ました。
それで(義母さんは食パン好きだったな)と思い出しました。
バブ実家に行く前にちょっと寄り道して高級食パンを買って持って行きました。
すると義母さん「わあ、これ欲しかったの!」と大喜び。
「お礼にこれあげる」と、引き出物のカタログを貰いました。
そのカタログには高級コシヒカリが載っていたので、バブと私はお米をもらうことにしましたとさ。
やったー!


これの構造……

ううう……

嬉し嬉しの神に祈りの言葉が通じてすべて嬉し嬉しになるよう整えてくれた。

では陶酔次元だからダメだ……


嬉し嬉しの神がいた。
共に嬉しがる仲間を増やしたいと考えた神は、人間に祈りの言葉を教えた。
素直に祈りの言葉を唱えた人間が嬉し嬉しの仲間になった。
神は喜び、言葉を唱えた人間の願望が実現し、嬉し嬉しの世が少し広がった。
その人間は共に嬉しがる仲間を増やそうと考えて他の人間に祈りの言葉を教えた。
祈りの言葉を知ったifさんが冊子で祈りの言葉を紹介し、祈りの言葉を唱える人間が増えた。
神は喜び、みんなの願望を叶えまくった。
嬉し嬉しの世がまた少し広がった。


うーーん、これもやや陶酔かも。


祈りの言葉を音読すると、その人自身が潜在意識にアクセスしやすい状態になる。
それは周辺の人にも若干の影響をもたらす。
脳波は電波であり、人間は振動している生き物だから、言葉を唱えた人の肉体の境界を越えて伝播する。
潜在意識下で共鳴した周辺の人に届く。
祈りの言葉を唱えた人物の願望を実現させる行動を無意識のうちに無理なく自然に取る。


ううーーん、、なんか違う。


目に見えないだけで、単なるビリヤードみたいな連鎖的な反応のように思えるんですが、言葉で説明するのが難しいです。

祈りの言葉を唱えた人はビリヤードのプレイヤーのようなイメージです。
ただ、どの球にどの角度で当ててやろうとか狙ってないだけ。

……これも見当違いかもしれない。
ぼちぼち考えます。

バブ、ちうごく人を泣かす

2019.07.27.05:56

バブはちうごくの会社と取引しています。
その取引先との会議はテレビ会議で行うのですが、ちうごくで使われているちうごく製アプリを使用します。
他の国とのテレビ会議はSkypeを利用するのですが、ちうごくではダメらしい。
Φ共当局が監視するのに都合が良いアプリということですね。

さて、テレビ会議のバブ側の通訳はちうごく人の烈さんです。
バブと気が合う、キョーレツな烈さんです。
彼女はバブが言うことと一語一句違わないよう、変な忖度をせず通訳してくれます。

で、バブはちうごく側にクレームをつけながら、「天アン門」とか「文カ大革命」とかのワードを入れました。
すると、その都度通信が遮断しました。

わぁ、ホンマに監視してるんやなあw

と、バブは面白がっています。
しかし烈さんは大真面目に言います。

バブさん絶対ちうごく行っちゃダメネ。
捕まってどうなるか分からないヨ。
帰って来られなくなるネ。
何回も(当局のNGワードに引っかかる発言を)やってるから、(当局に)目を付けられてるネ。
バブさんの奥さんも危ないネ。


またまた~w

バブは烈さんに心配されたことを本気にしなかったようです。

しかし、日本国内にもΦ共の工作員が民間人のフリをして多数紛れ込んでますよね?
テレビ会議ということは当然顔も記録されてます。
バブに「やるな、やめろ」と言うのは無駄なので、「やるなら覚悟の上でやれ」と伝えておきました。


ちなみに、何故バブがそんなワードを使ったのかというと……

ちうごく人にクレームを付けるとき、普段のバブのようにただ怒って怒鳴り散らすのは無意味だからです。
彼らは怒鳴られようが何とも思いません。
平気だし、それが日常だし、何ともないのです。

では、ちうごく人に何が一番堪えるのか。

期待していたのに、君には失望した、がっかりだ。
と、心底落ち込んで見せるのが最も堪えるらしいです。
これはちうごく人の烈さんからの入れ知恵です。

そこでバブ、こんな感じの演説をしたそうだ。

漢民族はかつて偉大な文明を築き上げ、文化的に大変優れていた。
尊敬に値する民族だとバブは思う。
ところが文カ大革命で貴重な文化を自らの手で全てぶち壊し、天アン門事件で民族の誇りまで捨ててしまった。
だが、バブは!君たちの会社は昔の漢民族のように優れた仕事をしてくれると期待していた。
ところがこの品質は何だ。
全くデタラメなやり方に、バブは心底失望した。
漢民族とはここまで落ちぶれてしまったのか。
まるで文カ大革命、天アン門事件がもう一度起きたかのようだ。
もう君たちとは仕事する気になれない。
期待していただけに、とても残念だ。


王魂はこういう時、ナチュラルに威厳のある態度が取れるので、妙な説得力が出るみたいですね。

この演説の最中に何度も通信が遮断されました。
NGワードのせいです。

通信が復旧したとき、相手のちうごく人たちはモニターの向こうで本気で泣いてたそうです。

民族の誇りを持っている人もまだいるということですね。
政府にそれをズタズタにされて気の毒です。

虹の柱

2019.07.26.19:06

今、外に素晴らしい景色が。

ズームで撮影したら、光が増した。
サービスしてくれたのかな、ありがとう♪

夏の雲って、綺麗だなあ。

山の上が雨なのでしょうね。
日の入り直前なのでほぼ垂直の虹が出たんですね。
今日は最晩年の闘病中のルルの姿を思い出して涙が出て仕方がなかったのですが、ルルがメッセージをくれたようです。

「ぼくはいつも居るですよ」と。

ルルちゃん、ありがとう。


爪が痛い

2019.07.26.05:14

ほんとにしょーもない事なのですが、手の爪が伸びてきて痛いです。
爪のピンク部分と白部分の境界が痛いのです。

私は長年の深爪のおかげで爪のピンク部分がとても小さいです。
その小さなピンク部分がですね、白部分が伸びるのに伴って、少~しずつ伸び始めているようなのです。
ピンク部分と白部分の境界の赤味が強くなり、不揃いにガタガタしてきました。
爪の下の組織が引き攣れるというか、なんというか。

これも本格的に爪を噛む行為から離れつつあるということでしょう。
もう噛んでないんですが、ピンク部分が深爪サイズであることに変わりは無いのです。

この痛みが解消する頃には、ピンク部分が深爪サイズではなくなり、爪噛みをしていた痕跡も消滅することを意味しているだろうと思うからです。


リズ・ブルボー著「自分を愛して!」の爪のトラブルの項目を見てみます。

【爪のトラブル】
・肉体的なレベル

爪というのは、手足の指先の皮膚が特別な形に変化したものであり、手足の指先を保護する役割を持っています。さらに、小さなものをつかむ時の道具の役割も果たし、からだを掻く時にも使われます。爪のトラブルで主要なものは、爪を噛むこと、爪割れ、巻き爪などです。

・感情的なレベル
爪を噛むと、爪のあらゆる機能が損なわれます。爪を噛むのは、ほとんどの場合、日常生活の細かな面において自分が守られていないと感じて、ひそかに心の中で苦しんでいる(=自分を噛んでいる)人です。自分のニーズを満たしてくれず、自分を守ってくれない親に対して、恨みをいだいている可能性があります。そして、自分が守られていないと感じるたびに、自分の爪を噛んで、一時的に守られているという感じ、安全な感じを持つのです。
爪がすぐ割れる人というのは、今というこの瞬間に、自分が細部において正確ではないために、罪悪感を感じている人である、と言えます。どうでもいいような細部にあまりにもこだわりすぎるために、エネルギーを使い果たしてしまっているのです。

・精神的なレベル
あなたが爪のトラブルを抱えているとしたら、からだからあなたへのメッセージはこうです。
「あなたには間違った思い込みがあります。すなわち、自分を守ってくれる人はいない、日常生活の細かな面で自分を助けてくれる人はいない、自分一人ですべてやらなければならない、という思い込みです。この思い込みは、あなたのためにならず、あなたにストレスを与えます。あなたは、細かなことに関して、常に完璧であろうとするのをやめた方がいいでしょう」
もしあなたが爪を噛むとしたら、次のことを知ってください。
つまり、つらい状況を作り出せば、他の人たちはもっと自分を守ってくれるだろう、と考えるのをあなたはやめる必要がある、ということです。そういう期待を持てば持つほど、あなたはさらにネガティブな感情に翻弄されることになります。他の人たちをもっと信頼して、彼らに何でも素直に頼んでみましょう。そうすれば、あなたは、今あなたが考えている以上に、彼らから守られるようになるはずです。


書いてある通り、爪を噛んでいた時は親に過剰な期待をしている幼児的な気持ちが隠れていました。

少しずつ時間をかけて、焦らず向き合っていくしかないです。
心の中もスッキリしてきたら、爪もオマケで綺麗になるかもしれません。

聖職者か奉仕者?

2019.07.25.05:55

近所のおばさんと道でバッタリ会いました。
その人と行く方向が同じだったので、途中まで一緒に歩くことに。

すると、ジョギングしている人とすれ違いました。
私は(暑そうだなあ、体力あるなー)と思ってスルーしました。
ところがそのおばさん、走って行ったジョガーを振り返って二度見したあと、私にこう言うのです。

ねえねえ、あの人暑くないのかな。
こんな暑い昼間に走らなくても、もっと涼しい時間帯に走ればいいと思わない?


それもそうだと思ったので、「そうだねえ」と答えてこの件は終了かと思ったら、おばさんは止まらない。

なんでわざわざこんな暑い昼間に走るのかしら。あの人がやってること、体に悪いわよねえ。大丈夫かしら?

おばさんは本気で心配しています。

成人期賢者魂の私は、他人が何をしていても、その人なりの都合や事情や思惑があるのだろうと考えてスルーします。
よほど危険なことでもない限りは黙ってます。
基本的に他人に興味が無いので干渉しないんです。

ところがそのおばさんは見知らぬジョガーを本気で心配していました。
他人のことでも放っておけないのでしょうね。
聖職者魂かなと思います。
奉仕者魂かもしれないけど。

そのおばさんに何処へ行くのか尋ねてみたら、植物園のボランティアガイドに行くんだそうで。
得意分野の知識を伝えることが出来るからとても楽しいんだとか。

この人も嬉し嬉しの世界に生きてるんだなあ。

困ったおばさん

2019.07.24.05:54

太極拳教室に来ている60代後半のおばさんはいつも忙しそうにしています。
何故いつもそんなに忙しいのか訊いてみたら、その人にはものごとに優先順位をつけるという概念が無いことが分かりました。
おばさんが言ったことを書いてみます。

・デパートに限定のスイーツを買いに行かなきゃ
・90代の母親が入所している施設に着替えを持って行かなきゃいけない
・70代の主人が骨折して入院したので毎日病院に行かなきゃならない
・40代の未婚の娘のお弁当を毎日作らないと娘が可哀想
・30代後半の息子夫婦のマンションに片道40分かけて行き、孫の世話を手伝わないとお嫁さんが可哀想
・町内会の役が当たってるけどみんな高齢だし私だけ休むわけにいかないから休みたくても休めない
・主人が趣味でやってた家庭菜園を入院中の主人の代わりにやらなきゃ可哀想、でも私、家庭菜園なんてやったこと無いから自信無いわ~
・近所の人が美味しいトマトを作ったから貰いに行かなきゃいけない
・美容院に行かなきゃみっともなくて外を歩けない


他にも何か色々言ってたけど、もう忘れてしまいました。

このおばさんは、上記のことを全て同列に扱っていて、全て完璧にやろうとします。
それでいて

疲れた、しんどい、体のあちこちが痛くて病院に行ってもどこも悪くないと言われる

と、愚痴っています。

これを聞いた太極拳の先生は、おばさんが話し終わってから突っ込んでいました。


・デパートに限定のスイーツを買いに行かなきゃ
限定スイーツがそんなに重要なの?
→だって、食べたいじゃないの~

・90代の母親が入所している施設に着替えを持って行かなきゃいけない
施設にお任せしておけば?
→だって、母は我儘だから施設の人に迷惑かけてるかもしれないじゃないの~

・70代の主人が骨折して入院したので毎日病院に行かなきゃならない
怪我人なんだし、病院に任せておけば?
→でも、主人が心配なのよ~

・40代の未婚の娘のお弁当を毎日作らないと娘が可哀想
社会人なんだし、放っておいても平気でしょ?
→でも、毎日朝から夜遅くまで仕事して可哀想なのよ~

・30代後半の息子夫婦のマンションに片道40分かけて行き、孫の世話を手伝わないとお嫁さんが可哀想
しょっちゅう姑が来るお嫁さんが可哀想w
→でも、息子のお嫁さんは「いつも助かります」って言ってくれるのよ~

・町内会の役が当たってるけどみんな高齢だし私だけ休むわけにいかないから休みたくても休めない
みんな高齢で負担になってるなら、最低限やるべきこと以外は省いていくよう町内会で話し合えば?
→でも、今までみんなやってたから、私たちだけラクするみたいで悪いわ~

・主人が趣味でやってた家庭菜園を入院中の主人の代わりにやらなきゃ主人が可哀想、でも私、家庭菜園なんてやったこと無いから自信無いわ~
やりたくないなら無理にやらなくていいんじゃないの?元々ご主人の趣味の余暇活動なんだから
→でも、せっかく今まで主人が頑張ってたのに、畑が荒れたら主人も畑も可哀想だわ~

・近所の人が美味しいトマトを作ったから貰いに行かなきゃいけない
わざわざ貰いに行かなくても、作った人に持って来てもらえば?
→でも、くれるって言ってくださるのを断るのも申し訳ないし、持って来てなんて言うのも悪い気がするのよ~

・美容院に行かなきゃみっともなくて外を歩けない
そんなことない、いつも綺麗にしてるじゃない
→でも、髪がクシャクシャなの。本当は嫌だけど帽子を被って我慢して来たのよ~


見事に「でも」「だって」のオンパレード。
こりゃあ本人も家族も疲れるだろうな。
でも、分かんないだろうな。

横で聞いていた私には、どれも重要には思えませんでした。
でも、本人は重大な事件がいくつも折り重なっているように受け止めていて深刻そうなのです。

自分にとって何が大切なのか、本気で考えたことが無いのだろうなあ。
全部重要なのよ~と言いそうだから。

この人は善人なんですが、困りごとを作り出す才能がありまして、本人だけがいつも困ってます。
本人はラクになりたいと言うから、私が思うラクになれそうな方向について時々突っ込みますが、それをいつもデモデモダッテで全否定してくれるので、どうしようもありません。
私が思うラクと、この人が思うラクが違うのかな?

せめて私はこの人を反面教師に心の在り様を自分で点検しつつ、自分も周りも嬉し嬉しの世界の一端を担えればいいなと思います。

なんでも貶す義父

2019.07.23.05:02

義父と話していると、無視したくなる状況によく遭遇します。
なんでも貶す癖があるんです。
それで、みんな黙ってしまいます。

義母がラベンダー畑の写真を見せてくれた時、私はラベンダーの香りが好きなので、いい匂いがしたでしょうねと言いました。
すると義母も素晴らしい香りだったことを教えてくれて、会話が弾みました。
するとそこへ義父が割り込んでこう言う。

あれはトイレの芳香剤の臭いや。
ワシにはもうあれがトイレにしか見えんw


黙れ爺い。

と、言いたいところですが、ここで相手すると喜ぶという異常な癖がある義父なので、無視しました。
無視していると義父はその場を去ります。

20年付き合っているうちに少しずつ分かってきたんですが、義父は盛り上がっている話の腰を折って貶し、皆が静まり返るのを得意がるのです。
そうやって皆の注目を浴びたがる。

やめて!と言うとますますやる。
同じやるなら皆が喜ぶことをすれば良いのに、わざと嫌われることをする。

何故?

今まで義父のことを考えるなんてウンザリするだけなので考えないようにしてきたのですが、ここで悪を抱いて、義父がわざと皆に嫌がらせする理由を考えることにしてみました。


義父は《幼児期魂》なのでしょう。

「戦士!一夢庵」から幼児期魂の説明で、義父に当てはまる部分を引用してみます。

幼児期の魂は規則がなければどうしていいかわからなくなるという側面を持ち、周りに合わせようとする傾向がある。そして、まわりに合わせていなければ恐ろしいことが起こると感じているようである。

これによると「まわりに合わせてさえいれば安心」ということです。

義父もこれです。
しかし、義父自身はまわりに合わせようとしません。
その理由を書いてみます。

①義父は周りから外れてしまうのが怖い。
②しかし周りに合わせる自信が無く、
③周りに合わせる努力もしたくない。
④幸いにも義母がいちいち窘めて相手してくれるので、
⑤義父が努力して合わせようとしなくても、逆を言いさえすれば義母の関心を引き続けることが出来、
⑥努力せずに周りが自分に気を遣って合わせてくれて安心。

一見すると、規則とかその場の話題から自由になっていて、言いたい放題しているようです。
でも実際は、規則やその場の話題の真逆をやってるだけなので、思い切り規則とかその場の話題や空気を意識しています。

真に自由な人とか、魂の年齢が高い人は、わざわざ周りの人を巻き込んだりしません。
心が自立しているし、周りを気にしないし、周りを巻き込む必要が無いからです。

この点から、義父は幼児期だろうと推測されます。

自分に自信が無く、心がかなり不自由で、不安でたまらないくせにプライドだけは高いので、自分から歩み寄ろうとはせずに、周囲の人々から自分に寄り添ってもらいたがっているわけです。
それで天邪鬼をやってわざと悪ぶって見せ、お守りしてもらいたいのです。
幼児期魂の『正しい行い』にこだわる部分が反転して出て天邪鬼になるんでしょうね。

ああ、鬱陶しい。


私の実母もこれですわ。
「アタシは規則なんかに縛られない自由人」
と常々自分で言ってましたが、必要以上に世間体を気にする、気が小さくプライドの高い人でした。
周りに合わせる努力もせず能力も低いので、常に周りをハラハラさせるような行為や言動を繰り返し、周りが自分に合わせるよう仕向けて安心するタイプです。


義父と実母をそれぞれ20年ほど観察していた中で、共通点があります。

二人とも、自分で何かを解決しようと考えて行動したことがありません。
ルーチンワークは出来ますが、想定外の事態には思考停止しています。

アワと思われる義父は黙り込む。
サヌキと思われる実母は大騒ぎ。

どちらも思考停止している点は同じだし、見兼ねた周囲が尻拭いしている点も同じです。

幼児期魂の残念な面が出ているだけだし、私が腹を立ててもどうしようもありません。
マトモに相手するのがバカらしいので、腹も立たなくなってきました。

余分な感情は、対象を知ることでかなり解消できるようです。

余分な感情が解消したからと言って、義父と積極的に仲良くするということではありません。
私は義父を甘やかす気は無いし、義父が変わるとも思えないからです。

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク