FC2ブログ

バブの実況

2019.03.31.05:50

残業していたバブが電車の中からメッセージを寄越してきました。

この色はバブからのメッセージ
この色は私の返信


琵琶湖線に変質者おる、距離0.5m
隣やん
そう
離れたいのに満員

40-50代、ピンクのヅラ、
ケツ出してる


(ファッ!?)

男なのか、女なのか
おとこ
丸出しかね
座ってる人災難や。目の前。
前が


(前も、後ろも、丸出し……)

離れた。でも生尻でシートに座りよった
ヴォエエエエ!
四人席いっきに空席
変な声だして揺れとる

ガラスに姿写してピンクのヅラいじいじ。
女装のつもりらしい、髭面なのに。
隣にリーマン着席。強者や。

リーマンずっと電話で話ししとるから気が付いてない様子。
ピンクヅラ髭に見つめられとる。

ワロタw

(電話リーマンw)

踊りだしたぞ、キャウーーンとか言いながら。
みんな目を背けてるのが笑える。

www

またリーマンみつめとる
真正面に場所うつしたぞ
顔覗き込んどる。リーマン無視してる。
反応したらやばそう


(電話リーマン……)

〇〇で降りよった。変なの住んでるわ。


また乗ってきた!

え?

別の車両に走っていった!
本物のやばい奴や。


:(;゙゚'ω゚'):

帰宅したバブを見て爆笑しました。
バブはげんなりした顔をしてましたが、私につられて爆笑。
細かなディテールを説明してくれました。

その男、下は何も履かず、黒いニーハイソックスを履いてたそうな。
上は羽根ばたきのような黒い羽根いっぱいのふわふわした服。
そしてピンクのヅラ。
バブが降りた駅で通報されたらしい。



やりとりしたのは、23時台です。
バブちゃん、夜遅くまでお疲れーw

たまにこういう壊れてしまった人がいるそうです。
好きな格好をするのは勝手ですが、パンツか腰ミノぐらいは着けておかないと犯罪になりますわね。

スポンサーサイト

正直な気持ち

2019.03.30.07:38

太極拳教室の仲間に、お土産のお菓子を渡しました。
いつも何かしら貰ってるので、お礼の意味もありました。
そしたら犬友達でもある奥さんが

あらやだ、太るじゃないの~~(笑

と言い、他の人も何となく同意しました。
お菓子は受け取ってくださったのですが、太ることを気にしている人にお菓子をお土産にするなんて、配慮が足りなかったなと反省しました。

私の気持ちを汲んで受け取ってくれたけど、次はこんな気を遣わせないよう、私もお土産なんて余計な気を遣わないことにしようと考えたのでした。

全然、嫌味とか感じなかったので、正直な気持ちをすんなり言ってくれたんだなと思っています。
15年も付き合いがあるし、お互い警戒していないのが分かるので。

こういう身近で些細な、深く考えたことが無かったことでも身軽になってきました。
これも新地球かも。

ルルの京都散歩⑦平成の終わりに

2019.03.29.07:52

京都散歩⑥エネルギーチャージの続きです

ぼくたちが建礼門前まで歩いたら、警察官に声を掛けられたです。

今から約1時間後に、天皇皇后両陛下が大宮御所から京都御所へ、お召し車で移動されます。
それでこの辺りは封鎖しますが、お見送り、お手振りなさいますか?
平成最後ですから、もしお時間があれば、あそこの青いロープの中に入って待っていてください。
天皇皇后両陛下がお通りになりますよ!


天皇として京都に来られるのは、これが最後です。
それをお見送りできるというのは、面白いです。
それに、要人警護の現場を実際に見学するチャンスでもあるです。
母ちゃんたちは建礼門の前でお見送りの国民をやることにしたですよ。
1時間立ちっぱなしで待つことになるですが、そんなの3人で喋ってたらあっと言う間ですね。

さっき、バカ話の中で要人警護の話から、今までに遭遇した有名人の話をしたです。
母ちゃんは第1期安倍内閣時代の安部総理と、麻生首相時代の麻生さんを見たことがあるです。
選挙前の演説のため、滋賀に来たからです。
でりあさんとNRさんも政治家の名前を挙げたです。

そしたら、日本の国の象徴の夫婦に遭遇することになったですね。

またもう一つ、NRさんは昨日の今日で京都遠足が決まったですから、ご主人に「ちょっと天皇陛下に会ってくるわ」と冗談を言って京都まで来てくれたです。
そしたら本当になったですよ!
NRさん、凄すぎるです。

これはみんなの守護龍神さんたちもワクテカしながら待ってるですね。
NRさんの守護龍神さんはいつも一緒にいるわけではなく、何かのイベントの時に来てくれるらしいです。
母ちゃんの雄黄龍神は、いつもぼくと一緒にいるですよ。
でりあさんの守護龍神さんもいつも一緒らしいです。

そのうち砂利道に散水車が水を撒きに来たです。
お召し車が砂埃を上げないためですね。
警察車両がゆっくりと何度も往復しているです。



お見送りの人も少しずつ増えてきたです。
若い婦警さんが注意事項を説明してくれるです。



天皇皇后両陛下は17時27分にお召し車で大宮御所をお出になり、17時30分に京都御所にお入りになるです。
分単位できちんと決まっているですね。

観衆が整列するエリアは青いロープで区切られているですが、お召し車が通る前にロープは取り除かれるです。
ロープがなくなっても、その場を動かないように言われたですよ。
地面に置いてあるだけのロープですが、大勢の観衆は、ロープから外に飛び出すことなく、ジリジリと前に出ることもなく、しっかりと結界の中に入って静かに待っていたです。

あっ、天皇陛下しか使わない建礼門が開いたです!


婦警さんは待っている人たちが混乱しないように、待ち時間のカウントダウンをしてくれたり、
「トイレに行くなら今のうちですよー!」と教えてくれたり、撮影とお見送りのリハーサルをしてくれたです。

ぼく天皇陛下と自撮りするリハーサルをしたですよ。


40分以上待っているです。
母ちゃんたちは最前列ですが、振り返ってみると、いつの間にか後ろに大勢の人がいたです。
そこで母ちゃんたちは、少しかがんで、後ろの人に見えやすいようにしたです。
ちょっと太ももに来るですが、後ろは小柄な女性グループだったですからね、みんなが見えるようにしたいですね。
さっき足腰守護の護王神社にお参りしたのは、このためでもあったですね。

そんなこんなで、とうとう17時27分です。
母ちゃん、母ちゃん、来たですよ!
2台目がお召し車ですよ。
ホラホラ、早く撮ってくださいです。


あっ!お召し車の窓が開いたです!


天皇陛下と皇后陛下がぼくたちを見てるです!


天皇陛下、皇后陛下、お疲れ様です!
母ちゃんたちはニコニコして手を振ったですよ。
もちろんぼくが振ったのは光のしっぽです!

お召し車が建礼門から京都御所に入って行くです。


現役の天皇が建礼門を使う所を実際に見ることが出来るなんて、おそらくもう二度と無いですからね、平成の終わりに面白い体験が出来たですね!

天皇陛下、皇后陛下、ありがとうです!

再び建礼門が閉ざされ、お見送りとお手振りが無事に終了したです。
婦警さんが終了宣言をすると、拍手が起きたですよ。
妙な達成感があるですね。

すべてトントン拍子、行き当たりばったりでラッキーなことばかりだったです。
みなさん、これで舞い上がらず福を祓ってくださいですよ。

ぼくたちはまた京都御苑の南に向かってブラブラ歩き始めたです。
途中で厳島神社とか見物しながら、地下鉄丸太町駅に向かうです。





これでぼくたちの京都散歩はおしまいですよ。
今日も面白かったですね!

それではまたね!

ルルの京都散歩⑥エネルギーチャージ

2019.03.29.07:00

京都散歩⑤午後のお試しの続きです

近衛邸の枝垂れ桜を楽しみながら、ぼくたちは京都御所の塀の周囲をぐるりと一周してみることにしたですよ。
というのも、京都御所の周囲はエネルギーが満ちていて、塀の近くを歩くだけでチャージできるらしいというからです。
「ひそスピ」というブログの情報らしいですよ。
母ちゃんも昔読んでたですね。

それならぼく、塀の周りなんてケチくさいこと言ってないで、京都御所の中に入ってみたら良いと思うですよ。
京都御所は昔、予約制で無料見学を受け入れていたですが、何年か前からは予約しなくても無料で見学できるようになっているです。
そこで京都御所の西側の「清所門」に行ってみたです。
ここは見学者が入れる門で、皇宮警察の派出所にもなっているですよ。

そしたら今日は見学受け入れをしていないと言われたです。

そういえば今日は、天皇皇后両陛下がお隣の大宮御所でお茶会をする予定だと、今朝アレクサがニュースで言ってたです。
昨日は奈良の神武天皇陵にお墓まいりに出かけておられたですからね、今日は京都の職員のみなさんを招いてお疲れ様会を開くですね。

天皇皇后両陛下が京都御苑内におられるですから、いつもより警らの警察官が多いです。
というわけで、京都御所の塀の周囲をぐるりと歩いて回ることにするですよ。

えっと、京都御苑の敷地内には「京都御所」「大宮御所」「仙洞御所(せんとごしょ)」の、三つの御所があるですよ。
あと、内閣府の「迎賓館」もあるです。
そのうち「大宮御所」と「仙洞御所」はひとまとまりの塀の中にあるです。

京都御所は東西約250m、南北約450mあるです。
ぐるりと一周で1400mですよ。
ちなみに京都御苑外周は約4000mです。
ぼくたち生身の犬みたいにお散歩するですよ。
なんだかぼく懐かしい気分がするです。

御所の周囲の塀の周りには溝が切ってあって、少しだけ水が流れているです。
中のお庭に池があって、曲水の宴も出来るようになってるですよ。
それに、この溝は結界にもなっているです。
溝の中に入ったら防犯ベルが鳴って、皇宮警察が飛んで来るです。
でも、よく子供や観光客が入り込んで鳴らしているです。
野鳥は溝の水を飲んだり水浴びをしたり、自由に使っているです。

ぼくたちはトコトコ歩きながら、お喋りを楽しんだです。
魂の役割のこととか、龍神さんのこととか。

そうしている間にも「ひそスピ」によれば、エネルギーがチャージされていくそうです。

うーん、ぼくよく分からないですが、まああんまり疲れてないですから、エネルギーチャージされたということにしておくですよ。

何しろ、長閑で静かで広々してて、とても気持ちが良いです。
だから母ちゃんが「コーヒー屋さんにでも行く?」と訊いてみたですが、でりあさんとNRさんは断ったです。
いつもみたいに気合いを入れて鴨川沿いまで歩くといくこともせず、今日はダラダラ過ごすですね。

きっと、これはエネルギーチャージしてるからですね。
ここでダラダラしたい、のんびりしたい、と心と体が言っているですね。

ぼくたちは京都御所の南西の端から時計回りにぐるりと歩いて、南の正門である「建礼門」まで来たです。
ここは天皇陛下しか使わない特別な門ですよ。
今日も固く閉ざされているですね。

ぼくたちは建礼門を眺めながら、京都御所の南西付近のベンチに座ったです。
行き交う人やお散歩のワンちゃんや、警らにあたる警察官をボーッと眺めながら、ずっとお喋りしていたですよ。
バカ話、アホ話が大半で、みんな大笑いしていたですよ。

そんなこんなでのんびり過ごしていたら、一人のおばちゃんが話しかけてきたです。

「今日は天皇陛下がここを通られるんですよね?」

母ちゃんは、「今日はあっちの(東の)大宮御所でお茶会されてるらしいですよ」とおばちゃんに答えたです。

するとおばちゃんは、大宮御所に向かって歩いて行ったです。
ふーん、と思いながらおばちゃんの後ろ姿を見送っていたら、なんだか警察車両と警察官、SPらしきスーツ姿の人が増えてきて、ちょっと空気が変わってきたです。

これから何かが起こる気配がするですよ!

ぼくたちは誰からともなく「見に行ってみよう♪」と立ち上がり、東に向かって歩き始めたです。


京都散歩⑦平成の終わりに続く

ルルの京都散歩⑤午後のお試し

2019.03.28.19:33

京都散歩④護王神社の続きです

※汚話につき、閲覧注意

サンドイッチを食べ終わって、たくさんお喋りした母ちゃんたちは、京都御所の西側を北上して、近衛邸跡に向かうことにしたですよ。
京都御苑の北西部分です。
そこは京都御苑内の桜の名所でもあるです。
枝垂れ桜が何本かあるですよ。

ぷらり、ぷらりと歩きながら、母ちゃんたちは途中でトイレ休憩することにしたです。
駐車場の隣の、新しいトイレに行くですよ。
何人か並んでたですが、母ちゃんの順番になったです。

母ちゃんが個室に入ってみたら、ある異変に気付いたです。

むっ、便座が濡れている……

洋式トイレが壁から生えてるような形のタンクレスで、新しい形です。
フタは最初からありません。

水が勢い良く流れ過ぎてこうなったのか……?
だとしたら、これは便器として設計ミスでは?


まあ、後で水を流すときに見て確認してみよう。
とりあえず便座を拭かなければ、このままでは座れない。
しかし、確認せず座ってしまわなくてよかった。
これでは尻どころか、袴までビショビショになってしまうだろう。


母ちゃんは備え付けのトイレットペーパーで便座を拭こうと思ったですよ。

ところが……

紙が無い……。

神よ……(紙よ……)
何故私を見捨て給うのですか?



そんなの決まってるです。
母ちゃんがさっき猪の神様の前で
(牡丹鍋って美味いのかな?食べたいな♪)
(どの辺りの肉を食べるのかな?)

なんて不謹慎なことを思いながら狛猪さんを物欲しそうな目でジロジロ見てたから、バチが当たったです。

まあいいや、こんなこともあろうかと(本当は花粉症対策)、今日の私はポケットティッシュを大量に持っているのだよ、フフ……

母ちゃんは早速便座を拭き掃除したです。

はて……?
なんか……この水…………

妙に黄色くね?


母ちゃん、これは明らかに黄色い水ですね……


…………ということは…………


ギャーーーッ!!

一体どうやったら、こうなるんだーー?!
さっき出て行った人、おばちゃんだったよね?
オッサンじゃなかったよね?


母ちゃん、この汚れ方はどう考えても、行儀の悪い男がブラブラさせながら放尿したとしか思えない誤爆ぶりですよ。
ぼくオスだけど、ぼくでもこんな盛大に誤爆したことはありませんよ。
これはひどいですね。

でも、母ちゃんは除菌ウエットティッシュを持っているです。
それに、サンドイッチに付いてたオマケのお手拭きも使わずに持っているです。
それらを使って、便座を綺麗に除菌するですよ。

おかげで心置きなく用を足せるですね。
やれやれ、これで一安心です。

母ちゃんは水を流して確認してみたです。
そしたら、水は綺麗に流れて行ったです。
便器には設計上、何の問題もありませんでした。

ということは、母ちゃんの前に使った人の使用法に重篤な誤りがあったということです。
実に不可解ですね。
どのような体勢で用を足せばああいう風になるのか、甚だ疑問ですよ。

母ちゃんは去り際に、余りのポケットティッシュをトイレに寄付してきたです。
手持ちのポケットティッシュが無い人がうっかり入ってしまっても、それでとりあえずの急場は凌げるはずです。

それにしても、自分が使った後始末をしないで出られるなんて、日本人の感覚ではありませんね。
日本人のおばちゃんのようにも見えたですが、大陸の人だろうなと思うですよ。

外に出たら、NRさんも「中が酷い有り様だった」と言うです。
なんと、母ちゃんとNRさんの個室は、全く同じような惨状だったです。

二人で話して大爆笑!
でりあさんは綺麗な個室だったそうで
「なにそれ、見てみたかった!」と悔しがっていたですよ。


NRさんと母ちゃんは、二人で同時にそれぞれ別の個室をせっせと掃除して出てきたですね。

さっきの護王神社でNRさんは
「牡丹鍋食べた」
と言ったですし、母ちゃんは
(美味そうだな、食いたいな)
と思ったですからね、神様がお仕置きとして社会奉仕活動をさせたですね。

それに、この二人はサンドイッチのオマケのお手拭きを新品で持っていたです。
つまり、掃除道具を予め与えられていたです。
でりあさんはオマケのお手拭きが付いてなかったです。

つまり、護王神社に行く前から、掃除道具を持っている二人が決まっていたです。
護王神社で不謹慎発言と不謹慎思考をする二人が、最初からお見通しだったということですかね?

そしてこの二人が、トイレを見てどう思うか、そしてそれにどう対処するか、神様に試されたですね。

母ちゃんもNRさんも、心を暗くせず、淡々とやるべきことをして、サクサクと対処したです。
そして、あとでネタにして大爆笑したです。

これは、正解の態度だと思うですよ。
後の人が気持ちよく使えるようにできたです。
自分も嫌な気持ちにならなかったです。
それに二人とも、前に使って汚した人の悪口を言わなかったです。
「どうやったんだ?」という好奇心と、謎を解明したい気持ちしかありません。

心を暗くせず、怒りもせず、楽しんで気持ち良く対処したです。
生長したですね!

お試しのあとのご褒美に、近衛邸の枝垂れ桜が満開だったですよ。


綺麗ですね!




京都散歩⑥エネルギーチャージに続く

ルルの京都散歩④護王神社

2019.03.28.14:15

京都散歩③出水の桜の続きです

出水の桜を堪能したぼくたちは、サンドイッチを食べる場所を探すことにしたです。
でも、飲み物を買い忘れたことに気がついたです!

そこで、自販機を探したですが、、無いですよ。
広大な京都御苑の中で、ぼくたちはトコトコ歩いて自販機を探したです。
水を求めて砂漠を彷徨う旅人のように。

だけど、一度御苑の外に出てしまった方が早く見つかるかもしれないです。
それで、御苑の西側の、烏丸通りに出たですよ。
そしたら烏丸通に自販機があったです!
やれやれ、これでサンドイッチを喉に詰まらせずに食べられるですね。
京都の中心部はきっちり碁盤の目になっているですから、通りに出ると、周りの様子がよく分かるのが便利なところです。

烏丸通りの西側に渡り、歩道沿いの自販機に向かって歩いていたら、母ちゃんが自販機をスルーしたですよ。

母ちゃん!どこに行くですか?
でりあさんとNRさんも「あやにゃん!」と声を掛けたです。
母ちゃんは渇きと空腹のあまり平常心を失ってしまったですか?

「あっ、ゴメン!あの猪の神社しか見てなかったw」

お正月にお詣りに来た護王神社です。
猪の神社ですから、亥年の今年は大勢の人でごった返していたです。
それで母ちゃんは、空いてる今ならよく観察できると思って護王神社に吸い寄せられて行ったですね。

それならせっかくだから、ご挨拶して行きましょうと、NRさんとでりあさんも母ちゃんに付き合ってくださったです。
優しいです!



足腰の神社ですよ。
最近運動不足の母ちゃんですが、たまにたくさん歩いても不具合が出ないことを感謝しておくといいですよ。
自分の足で歩けることが、どれほど素晴らしいことか、ぼく身をもって分かるです!


みんなでお参りしたですよ。
そしたら、NRさんが言うですよ。

「こないだ牡丹鍋食べたで」

猪の神様の前で、猪のお肉を食べたと激白!

NRさん、今わざわざ言うですね?
それは猪の神様に対する宣戦布告ですか?
違うですか?
……違うですね?

よかった、違うです。
これは宣戦布告ではありませんよ。

和歌山のお山や畑を荒らしていた猪だそうです。
害獣として駆除されても、捨てずに食べて供養したということです。
ぼくも生身では害獣駆除犬です。
命を食べて自分の血肉とすることで供養になると思っているですよ。
まあ、ぼくたちの仲間はネズミやリスを獲っても食べませんけどね。

それにしても牡丹鍋、どんな味がするですかね。
ぼくも母ちゃんもお目にかかったことがありませんよ。
一度味わってみたいですね。


護王神社を後にして、自販機でそれぞれ飲み物を買って、また御苑に戻ったですよ。

たくさんベンチがあるです。
広々として、陽当たりも良くて、とても気持ちが良いですよ。
ぼくたちは三人並んで座って、母ちゃんが持ってた除菌ウエットティッシュで手を拭き、サンドイッチを食べたです。

そして、守護龍神さんのこと、東京お話会でそれぞれ体験したこと、問題集のこと、冊子のこと、思いつくままにお喋りしたです。

誰の目も気にすることなく気ままに過ごしたですが、それで誰かに迷惑をかけるでもなく、たいへんゆったりとした穏やかで心地よい時を過ごしたです。

誰も時間を気にしてなかったです。
今までの城攻めは、あちこち貪欲に、何かの修行のように歩き回ってばかりだったですが、たまにはこんな風にのんびりするのも良いですね。


京都散歩⑤午後のお試しに続く

ルルの京都散歩③出水の桜

2019.03.28.07:20

京都散歩②二条城 本丸の続きです

京都御苑ですよ。
ぼくたちは丸太町通りに面した入り口から入るです。
お目当ての出水の桜が京都御苑内の南西部にあるからです。

とても広いです。
しかも、生身の犬の散歩もできるです。
ぼく近所に住んでたら、絶対毎日来ただろうなと思うです。
森や小川があって、とても気持ちの良いところです。
しかも、無料です!

えっと、写真を撮り忘れているです。
母ちゃんたちは、サンドイッチを買ったですからね、何処で食べようかと場所を物色して撮影を忘れていたです。
ごめんね!

京都御苑内は木が多くて、どの木も大きくノビノビ育っているですよ。
NRさんとでりあさんが、雪柳の植栽の大きさに驚いていたです。
人間の背丈を超えて伸び放題になっているです。

御苑内の空き地に見える森や小さな神社は、お公家さんの邸宅の跡地です。
今はみんなの公園です。
車通りの多い道路から一歩入っただけなのに、とても静かで長閑な空間になるですよ。
ぼく京都御苑が大好きです。

見えてきたですよ!
これが出水の枝垂れ桜です。
ちょうど満開の見頃です! 凄いですね。
これ一本だけですが、絵に描いたような姿です。


みんなここで記念撮影するですね。
あまりにも綺麗ですからね、嬉しくなるですね。


枝垂れているですから、お花が近いですよ。


母ちゃんのスマホでは、美しさをお伝えし切れないのが残念です。


枝垂れ桜さんが「ようこそいらっしいました」と歓迎してくれているようですよ。
ぼく平安貴族を真似て一首詠んでみるです。

風そよぐ 出水の小川の枝垂れ花
今は春べと さくやこの花
(詠み犬 光のルル)

京都御苑の出水の小川のほとりに枝垂れ桜が咲いて風に揺れてるです。今まさに春ですよ!と、この満開の枝垂れ桜が教えてくれているですよ。


サクヤコノハナという言葉が入っているですが、これは木花咲耶姫のことでもあるです。
木の花が咲くように繁栄するですが、永遠ではないことも表しているです。
桜満開、でもそれは今だけ。
だから今を大切に、イマイマにキを入れて過ごしてくださいです!
という、ぼくからの応援歌でもあるですよ。


とは言うものの、、
下の句は「難波津の歌」を丸パクリしたです。

難波津の歌は、応神天皇が招聘した百済の国の賢人、和邇(わに)さんが詠んだです。
元はこれです。
「難波津に咲くやこの花冬ごもり 今は春辺と咲くやこの花」

京都御苑にいると、こういう雅な気分になるですね。

ところで、「出水」の読み方が、実は分からないです。
ぼくと母ちゃんは「でみず」と読んでたですが、今日になってから「いみず」かもしれないと思い始めたです。
調べてみたけど、京都御苑内の「出水」はどうなのか分からなかったです。
知っている人がおられたら、教えてくださいです。

京都散歩④護王神社に続く

ルルの京都散歩②二条城 本丸

2019.03.28.04:44

京都散歩①二条城 二の丸の続きです

本丸に至るお庭で、落ち葉を吹き飛ばして掃除するおじさんたちがいたです。
ホウキで掃くより早く、地面を荒らさず、落ち葉だけを集めることが出来るです。

これを見たでりあさんが言ったです。
「あっ、風神!」

たしかに!風神ですね。
手に持っている機械装置から凄い風が出ているです。

SF作家アーサー・C・クラークは言ったです。
『十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。』

機械を知らない時代の人が見たら、あれは神の奇跡とか魔法だと思うだろうなと思うですよ。
もしかすると、伝説や神話の「神さまたち」は、未来人とか、凄い科学を持った宇宙人なのかもしれないですね。


さて、本丸御殿は修復工事中だったです。
綺麗になったら公開されるですかね?
御殿の屋根まで、全部すっぽりと覆う足場を組む作業の真っ最中だったです。
ぼく生身の犬だった頃は高い所が苦手だったですからね、作業をする職人さんを凄いなあと思うですよ。

二条城には天守台は残っているですが、天守は焼失してから再建されてないですよ。
江戸城と同じですね。
どんな天守だったのかぼく知らないですが、御殿から想像してみると、雅やかで華麗な建物だったろうなと思うですよ。

母ちゃんは城スタンプアプリでスタンプゲット!


本丸の裏手に出たら、石垣と堀と橋という、母ちゃんの城萌えポイントが見えたです。


それから、枝垂れ桜が咲いていたです。
綺麗ですね!


枝垂れ桜が咲いているということは、、
ぼくひらめいたです!
二条城を出て、京都御苑に行くです。
京都御苑には大きな枝垂れ桜があるですよ。
しかも、無料です!
日本初の国民公園として公開されているです。

二条城からは地下鉄で二駅です。
歩いて行けないことはないですが、御苑の中も広いですからね、今日は地下鉄で行く方がいいと思うですよ。
「二条城前」から一駅の「烏丸御池」で乗り換えて「丸太町」へ行くです。

それに、烏丸御池駅の改札内には志津屋があるです。
志津屋は京都のパン屋さんですよ。
地下鉄を乗り換えるついでに、志津屋でサンドイッチを買って持って行くです。
なんだかお腹が空いてきたですね!

京都散歩③出水の桜につづく

ルルの京都散歩①二条城 二の丸

2019.03.27.20:45

ルルですよ。
昨日、母ちゃんが思いつきで二条城行こうと声をかけたです。
そしたら、いつもの二人と行くことになったです。
でりあさんとNRさんと母ちゃんは現地集合したですよ。

今日の京都は快晴ですよ。
地下鉄東西線「二条城前」で地上に出たら、二条城ですよ。




二条城は、和服の人は無料です。(2019/03/27)
母ちゃんは袴を着て行ったですから、ラッキーですね!

まずは立派な唐門を潜るですよ。


そしたら二の丸御殿です。
戦国時代が終わってから徳川家康が築城したです。
豪華で雅なお城ですね。
内部は撮影禁止ですが、廊下は鶯張りの凝った造りです。
内部の装飾も豪華絢爛、徳川の威光をこれでもかと主張しているです。
ここに通されたお侍さんたちは、圧倒されただろうなと思うですよ。

素晴らしい障壁画の数々に、たいへん凝ったつくりの欄間や釘隠しが見事に調和しているです。
公開している部屋はそれぞれ趣の違う障壁画で装飾されていて、すべてが見事ですよ。

ぼくは虎の襖絵を気に入ったです。
たまに豹柄の虎も混ざっているのも面白いです。
当時の絵師は、生きている虎や豹を見たことがなかったと思うです。
きっと、中国の絵や輸入された毛皮を見て、想像して描いたですね。
それでもイキイキとした虎を描けるなんて、日本の絵師は凄いです!

彫刻家も負けてませんよ。
厚さ35センチの杉の一枚板を、両側から透かし彫りにした欄間は特に見事だったです。
A面は尾羽を広げた孔雀、B面は牡丹(だっけ?)の、凄いのがあったです。
ぼくの趣味とは違うですが、職人さんの技術が凄いなあと思って感心したですよ。

ぼくは狩りが好きですから、水鳥たちの襖絵も気に入ったですよ。
ぼくお花も好きですから、白薔薇の襖絵もいいなあと思ったです。

カッコいいなあと思ったのは、立派な松の木に強そうな鷹が留まっている襖絵ですよ。
もしもぼくが鳥になるとしたら、狩りの上手な鷹になるです。

ぼくたち3人と一匹は、お喋りしながらのんびり見学したですよ。

次は二の丸庭園です。
広々して気持ちの良いお庭ですが、母ちゃんの撮影では、良さが伝わらないですね。


こないだ母ちゃんは江戸城跡を見に行ったですが、この二条城も家康が築城させた城です。
江戸城から江戸時代が始まり、二条城で大政奉還が行われ、江戸時代が終わったです。
母ちゃんたちは、江戸時代の始まりと終わりの現場を続けて訪問したことになるですね。

この雅やかなお城は、ひとつの時代が終わり、新しい時代へと移り変わる宣言をした現場だったです。
これから何か新しいことを始めようとしている人には、パワーを充電してくれるかもしれませんね!

……と、母ちゃんの入城料をタダにしてもらった恩義を、宣伝することで返しておくです。

京都散歩②二条城 本丸につづく

バブの生活の知恵

2019.03.27.06:54

バブは朝の通勤電車でのうたた寝も大切な睡眠時間として計上しています。
最寄りの駅で座ると、次の駅に到着する頃には眠り、新大阪で目覚め、次の大阪で降ります。

すんなり眠れない時もあります。
騒々しい乗客が居合わせたとか、隣の人の荷物がぶつかってきたとか。
途中で目が覚めてしまうこともあります。

でもそういう時、バブは目を開けないことを意識しています。
一瞬でも目を開けてしまうと脳が覚醒モードに移行してしまい、もう二度と眠れなくなってしまうんだとか。
だからバブは(今どの辺りかな)と思っても、ひたすら目を閉じたまま、耳を澄ましています。
耳を澄ますだけならまた再び眠れるそうな。

時間を知りたくなった時は、スマートウォッチの振動機能を使います。
目の不自由な人のための機能らしいですが、時計を見ずに時間を知ることが出来ます。
こうやって少しでも脳を休めておいて、仕事に向けて自分を最適化しているんですね。

昔のバブは定職に就かずフラフラしていた時期がありましたが、よくぞここまで来たものだと、私は自分のことを棚に上げて感謝しています。
バブちゃん、ありがとうね!

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク