FC2ブログ

タダではやらない

2018.07.30.19:10

バブのところに通ってくる他社の若い営業マンがいます。
彼が持ってくる商品は、バブの仕事に無関係なので
バブは絶対に買うことは無いと断言しています。
それでも通ってくるんですと。

鬱陶しいので営業マンに理由を尋ねてみたところ
彼は初めてバブに会ったときのことを話しました。

バブは確かに今後も買うことは無いと言ったが
「この商品はこういうことに使えそうやな」
「こういうメリットとデメリットがあるな」
「ウチでは使うことは無いけどな」
と、バブが何気無く言ったらしい。
それを聞いた彼は営業先を新規開拓し、
バブの助言のおかげで成績トップになれたと言う。

そしてバブのことを「師匠!」と呼び、
「バブさん、ウチの会社に来てください!」
と、営業マンは上司を連れて来たいと言う。
(引き抜きの話)
バブは「上司なんか連れて来たら絶交する!」
と言って追い返しました。

バブからタダで情報貰っておいて図々しい!
バブちゃんに営業なんか出来るわけないでしょ!
とプンスカ怒ってました。

でも、仕事の上で頼りにされていることを
バブは私にちょっと自慢したかったのか
満更でもなさそうな顔でした。

バブが若い営業マンに商品価値を教えたのは
バブとしては好意的な態度の一つでもあります。

だけど、軽い好意でも度重なると、
好意を受けた方は権利だと思い始めてしまう。
好意が当たり前になってしまうと、
好意が得られなくなったとき逆ギレされます。

だからバブはやたらなことで他人に親切をしません。
タダ働きはしないし、支援要請されるまで放置。

例外があって、一年目の新人には親切にします。
この営業マンは新人だったので親切にしたところ
味を占めて通ってくるようになったみたいです。

無関係なバブに自社の商品価値を教わってるようでは
営業としてはアカンやろうなー
と、バブは絶交秒読みしています。

私に自慢して少し良い気分になったので、
それでバブは満足したようです。


なあなあにしないバブの態度は
何でも押し切られがちだった私には無いものでした。
奴隷子として教育されてきたのもあって
タダ働きが最上最善だと思い込まされてました。

キリスト教系の中小企業に就職したときも
世の為人の為、奉仕と博愛の精神こそ至高
という変な使命感を焚き付けられていたので
仕事の内容からすると低賃金にも程がある
というレベルだったことも知りませんでした。

貰っている給料以上の働きをするのが立派なこと
という洗脳にやられてたので、
私の能力を越えた仕事量で心身に不調を来しました。

奉仕と博愛でタダ働き同然のことをする
なんていうのは、人をダメにして家庭を壊すし
人の寄り集まりである社会もダメにするんだなと
バブのおかげで分かりました。


バブの会社の社長は自他共に認める
お金大好きなお金持ちです。
とにかくお金に関してシビアなんだそうです。
ドケチともいう。
だから給料は低い。

でも、口先で「利他の心」など立派そうなことを言って
社員を働かせる経営者よりは信用できる気がします。

利他の心が有るのは良いことだと思います。
悪いとは思いません。
でも、何でもかんでも利他の心や奉仕と博愛で
なあなあに済ますのは極悪非道です。

ただ優しいだけなのは罪だなあと、
最近ようやく分かってきました。
優しいことは良いことだという洗脳を
物心つく前から繰り返し受けてきてました。
その洗脳が指す優しさのレベルが大変低いことも
ようやく分かりました。

洗脳があることを知り、
洗脳されていることも知り、
洗脳を解きたいと思い、
ようやく、洗脳が解け始めてきた感じです。

バブは最初から洗脳されてなかったようで
こういうことを知る前にバブと結婚してるのに
うまくできてるなーと、改めて神仕組みを感じます。

営業マンの話だったのに、
また自分語りしちまった。

スポンサーサイト

端切れで

2018.07.28.11:37

もう随分になるけど
京都お話会で箱作りをした端切れを使って
こういうのを作って使っています。

コースターです。
六角形の布を繋いでいます。
バブと私はテーブルに物がコツンと当たる音が嫌で
テーブルクロスとコースターを使うんです。
脚が金属のテーブルだから響くんですわ。
木のテーブルなら何も敷かないところですが
いいなと思う木のテーブルが軒並み高かったので
割り切って安物を買ったわけです。

ティーポット用の敷物も作りました。

右側のは15年近く使って、紅茶のシミもついて
洗濯してるうちにすっかり色褪せました。
元私の服だったものも混ざってるので
布単位で見ると、相当な年数経ってる部位もあります。
ここまで使い倒したら悔いはないです(o^^o)

左のは、おそらく数年で全体の色が馴染んできます。
赤が落ち着く頃合いになると、いいでしょうね。

工芸茶

2018.07.28.10:50

ある筋から工芸茶を貰いました。
早速バブと淹れました。
(飲ませろとうるさいので)



一煎目は捨て、二煎目からいただきます。
花がふんわり開き、華やかな香りが漂いました。
茉莉花茶ですかね。

花茶は放置するとエグ味が出る(と思う)ので
一煎ずつしか入らない茶器を使いました。
お湯を注ぎ足し、注ぎ足し。

花開いたところを観察してみると
大変凝った作りになっていることが分かります。


下から葉が放射状に広がり、土台となっていて
ぐるりと白い花が外向きに咲いています。
白い花の上に丸く茶葉が束ねられ、
頂点に赤い花が咲く仕掛けです。
赤い花だけが水面上に出ている様は
まるで熱帯の睡蓮のような神秘的な華やかさで、
この蒸し暑さが工芸茶を楽しむ演出のように思えて
大変気分の良い朝となりました。

こういう派手な演出と繊細な加工技術が同居するのは
中国の伝統工芸の特長だと思います。

素晴らしいものをいただきました。
ありがとうございます!

巨大苺を試食する夢

2018.07.26.10:39

久しぶりに夢を見ました。

白いビルの屋上で、白い人と会っています。
その人は大きな瑞々しい苺を切ってくれました。
メロンほどもあるとても大きな苺です。
でも、四角い。
表面はパイナップルみたいにデコボコです。
でも、苺です。

試作品ができたからと一口大に切ってくれました。
いくら切っても取ってもなくならない、無限苺です。
清潔な空間で水耕栽培しています。
春のような、寒くもなく暑くもない穏やかな環境です。

その真っ赤な苺を口の中に入れると、
鮮烈な苺の香りが漂いました。
固すぎず柔らかすぎない果肉を噛むと
濃厚でありながら爽やかな甘さの果汁が口の中で弾けます。
美味しい、素晴らしい苺です。
しかも、永久になくならない。
理想の苺が出来ました。

これをあちこちで作りたいと言う白い人と話し合っています。
成功するといいですね、と私が応援していると
バブが起きてきた音で目が覚めました。


すぐバブに今見た夢の話をしたら
それはルルちゃんだとバブが言います。

ルルは犬だから、いつも丸ごとの苺ではなくて
一口大に切った苺を食べていました。
ルルは苺のことを、とても大きな果物だと思っていたのかもしれません。
メロンほどもある巨大な苺。

生前のルルが見ていたのは苺のパックです。
メロンほどの大きさに見えていたのかもしれません。
あれが苺のひとかたまりだと思っていたのかな?
だとしたら、今朝見た夢は
ルルが思い描いている苺に違いありません。

そういえば、イチゴハウスもちょっと四角い…


ルルは宇宙で苺作りに成功したのかな。
美味しい苺だったよ!ありがとう!

ざる中華

2018.07.23.18:00

秋田名物「ざる中華」もらったので初めて食べてみた!
麺が緑色だったことにまず驚いた。
わかめが麺に練りこんであるらしい。
美味しそう~

冷やし中華の麺に和風の麺つゆが付いてます。
胡瓜と刻み海苔をトッピングして食べてみました。
するとバブは
これ、なんか違う( ;´・ω・`)
バブちゃん普通のお蕎麦がいい…

と、困惑した顔…

麺はツルツルで腰があり、バブ好みのはずなんだけど。
(バブはフニャフニャの麺が嫌い)

そこで、今度はトッピングを変えてみました。
・玉ねぎスライスとセロリの蜂蜜レモン漬け
・刻み海苔
・トマト
そこに付属のタレをかけます。
酸味を足し、冷やし中華の盛り付けにしました。

これはサッパリしてて美味しい(・∀・)!

今度はバブも気に入ったようです。

ざる中華、腹持ちがいいですね!
普通の冷やし中華の麺よりコシがあるし
バブ的に完璧な味バランスになりました。

玉ねぎスライスとセロリの蜂蜜レモン漬けは
我が家の常備菜であります。
蜂蜜レモンの漬け汁も飲めます。
エアコンの風で乾燥した喉にも効きます。

それにしても、日本には様々な食文化がありますね。
暑さを忘れさせてくれる「ざる中華」気に入りました。
ありがとう!

バブ、後輩からプレゼントを貰う

2018.07.21.12:35

昨夜遅くに帰宅したバブ、
後輩に貰ったというハンカチを持ってました。

送り主は20代半ばの若手社員です。
バブの仕事ぶりを見た彼は
(バブさんの下で仕事して、バブさんみたいになりたい)
と(血迷ったことを)思ったそうです。

彼は何度も自分の上司に異動願いを出して
バブの下で働きたい希望を出していました。
ところが、それがバブに嫉妬している上司だったので
彼は上司から嫌がらせをされてしまいました。
彼の願いは聞き入れられず
のびのび仕事して活躍する機会すら与えられず
彼は見切りをつけて辞めることに決めたのでした。

バブは慕われているとは知らず、彼のことを
(なんか情報流してくれる便利な子)
と思っていて、プレゼントを貰って驚いてました。

彼曰く
バブはピンクと緑色の人なのだが
ピンクの男物のハンカチが売ってなかったし
あったとしても買うのが恥ずかしいから
緑色のハンカチにした
ということでした。

バブは手掌多汗症なので、いつもハンカチを握ってます。
書類とかべろべろのヨレヨレになるからです。
しかし、誰もバブが手掌多汗症とは知りません。
ハンカチを持っているが顔に汗一つかかないので
なんだかとても清潔に見えているそうだ。

彼はバブの身につけているものを見ては
お洒落だと褒めてくれていたそうです。
特にバブの靴を褒める機会が多かったので、
バブは彼にバブ愛用の靴磨きセットのシリーズで
一段階上の上位モデルを贈ることにしました。
バブの靴は決して高級品ではないのですが
足のサイズが小さいので、細くてお洒落に見えるだけ。

バブの良いところだけを見て慕ってくれていた
せっかくの数少ない味方が居なくなるのは残念ですが
お洒落な彼はアパレルメーカーに決まっているそうで
今度こそのびのび仕事できるといいなと思います。

バブにも金運up効果が…?

2018.07.20.07:58

バブ、先程出勤して直ぐメールを寄越してきました。

マレーシア出張してたヤツから個人的にお土産もろた
何か魂胆があるかもしれん
借りを作りたくないからお礼用意しておいて

10ドルほどのちょっと高級なお菓子の写メも送られてきました。

送り主はバブと敵対している部長の部下で
バブより10歳ほど年下です。

バブのヤツめ……日頃の行いが悪いから
妙な勘ぐりをしなきゃいけない羽目になってます。

でも、美味しそうなので私は嬉しいです。
プレゼント交換にするけど、
これもプレゼント型金運upでいいよね(o^^o)

なんでも「ラッキー♪ ありがとう!」と
すんなり受け取れるようになったのが
金運upの方法がもたらしてくれた恩恵だと思います。


更に、おめでたいことが……

バブが東京出張のとき、皇居で迷ってたフィリピン人一家を案内したことがありました。
その時の長女さん、アメリカのハーバード大学に編入が決まったんだって。
どっひゃー!
よかった、よかった♪
フィリピンも大変な国だけど、優秀な若者が育って
国を良くしていったらいいなと思う。
その若者たちが(日本人と仲良くしたい)と思ってくれてたら更にいいな。

この件は金運upとは無関係だけど、
朝からめでたい話でした。



金運up成功

2018.07.19.10:14

先日の新月に、コインの金運upをやりましたら
プレゼント型の金運up効果が続々と出ました。

素麺・蕎麦・うどんセット

自家製メロン・とうもろこし

イギリス土産のお菓子

数カ所から届きました(・∀・)!

とうもろこしは皮ごとラップに包んでレンチンすると
皮の香りが残ってとても美味しいです。

ありがたや、ありがたや。

御堂筋くん(追記あり)

2018.07.18.07:52

会社では敵が多いバブ。
バブを嫌っている人が多いということです。

本人は
バブちゃん人気者♪
バブはみんなに愛されるドナ♪

と言ってますが……

※ドナとは、アメリカのドラマ「スーツ」に登場する有能な美人秘書。



実際のところは……

20~30代の若手社員たちは陰でバブのことを

「弱虫ペダル」の御堂筋くん

と言ってるそうだ。

「弱虫ペダル」の御堂筋くん


高校自転車競技部のスポーツ物マンガの敵キャラです。
スポーツ物に不似合いな、陰湿且つしつこい性格で
勝利だけに固執する様はまさに外道。
あからさまな言動で他人を挑発・愚弄し、
友情・仲間意識・助け合いなど一切必要とせず、
礼儀や愛想を持たない鬼畜です。
そのくせ負けたら豆腐メンタルw

その性格と高い能力、細い体躯が似ているので
「御堂筋くん」と言われているようです。

大笑いしました。
その若手社員たちはバブをよく観察してますね。


あやにゃん絶対笑うと思った…(ㆀ˘・з・˘)
バブちゃんホンマはドナやのに…



(追記)
バブの顔、御堂筋くん似ではなく
アクエンアテン(アメンホテプ4世)似です。


エジプト考古学博物館で、居合わせた人たちから
「似てるw」「同じ顔w」と笑われ、
私が見ても他人とは思えないほど似てます。

ちなみに、バブの両親や親戚は全員丸顔。
バブも乳児期は普通の顔バランスだったようですが
幼児期から徐々に顔だけ細長くなったとか。


中世史の資料

2018.07.14.09:06

lykeionの解答を考えているとき見つけたサイトが面白いので勝手に紹介します。

「中世史の保管庫」
https://ameblo.jp/sumire93


ルルが居るリリパットレーンがサインとなって
イングランド東部の修道女が出てきたので
中世の修道女について調べてたら見つけたサイトです。








プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク