FC2ブログ

ルルちゃんの置き土産

2018.04.30.23:20

先ほど書棚を整理していたら…
ルルと四つ葉狩りに行った時の押し葉を見つけました。
まだルルが元気だった一昨年のものです。
去年は病気で四つ葉狩りどころでは無かったので。



3年前に結婚した従姉妹がくれた
お祝い返しのカタログギフトの冊子に挟んでました。
おめでたいもので縁起が良いし
紙がしっかりしてて押し葉を保管するのに手頃だし
ここに挟んでおいたのですね。

多分、このときに取ってきた四つ葉です。






ルルは四つ葉狩りが上手でした。
ルルの鼻先に四つ葉が!


四つ葉を見つけると私が喜ぶので
ルルも喜んで四つ葉を探してくれました。


いついかなるときも
ルルは私とバブを喜ばせようとしていました。



今日、バブと私は去年のルルを思い出してしんみりしてました。
それを見たルルが
元気出してくださいです
地球人類は四つ葉のクローバーを見つけたら喜ぶです
これを見て喜んでくださいです

と言って四つ葉のクローバーを出して見せてくれたようです。

ルルちゃん、ありがとう!

スポンサーサイト

バブの出張について行く

2018.04.29.09:28

先日、百名城スタンプ集めには飽きたが城巡りはしたい
と書いたら、なおこさんからN市N城をオススメされて
(いいな)と思いました。
でも、滋賀から日帰りは不可能でして、
(わざわざ一人で行くには、ちょっと遠いな)
と思ったのでした。

すると、記事を書いた翌日にバブが言いました。

連休明けにU市に出張になったよ!
今度はあやにゃんも一緒に行こう(・∀・)


U市はN市の隣なので、バブがU市で仕事してる間
私は隣のN市でN城見物ができます。
もちろん私の旅費は自腹ですが、
バブの出張に便乗するとなると気楽です。

というわけで、連休はどこにも行かないけど
連休明けに出かけることになりました。

願望実現スピードが凄いです。
まさに新地球・五次元に居ますね。

これもラッキーガールなおこさんのおかげです。
ありがとう!

バブ、異動になる

2018.04.28.13:40

ここ数年、バブは小さなチームを率いて仕事しています。
まず月曜の午前を使って各自1週間の時間割を作ります。
そしてあとはその通りに実行することを厳守させます。
最初の頃は時間配分に慣れない若手もいましたが
慣れてくるとチーム全体の効率が上がって残業が減り
休日返上で仕事することも無くなりました。

ところが別の部署では「長時間労働こそ至高」
という老害が蔓延っているため、
バブチームのやり方は会社では異端です。

月曜の午前中はバブチームのみんなが仕事をせず
机に向かってボーっとしているだけのように見えるのです。
1週間先まで見越して頭を働かせているのですが
それは外から見ているだけでは分かりません。
それでもバブは気にせずやっています。

昨日バブチームが帰り支度をし始めた頃になって
「手伝って!」と泣きつかれたようですが、
バブのチームは全員仕事を終えたので無視して帰りました。

そんなバブチームは来月から異動になりました。
チーム全員ごっそりと別の勤務地へ。
今までは大阪本社でしたが、今度は大阪の山奥勤務です。
既に先週から先発隊が山奥の勤務地に赴いています。

新勤務地へは今までより30分早い電車に乗ります。
始発の次の電車でも遅刻ギリギリです。
でも、朝型の生活は苦痛ではないので大丈夫でしょう。

それよりも、先発隊の情報によると
山奥の勤務地ではボスザルが君臨しているのが厄介そう。
「体を動かしていることが至高」という
脳筋体育会系のノリなんですと。まさにサル山。
実際に野生の猿も出るそうですがw

月曜の午前中は一切仕事をしないバブチームにとっては
今まで以上に風当たりのキツい環境になることでしょう。

でも、悪いことばかりではありません。
・日没後は暗闇になり、絶対残業したくない環境
(→結果的に残業する人がかなり少ない)
(→仕事を残さない努力を自然にやれる)
・食事が物凄く健康的で美味しい

本社ではバブはネチネチ嫌味を言われて応戦してましたが
今度はどうなるかな?
また新たな戦いが始まりそうで楽しみです。

いきなり飽きるw

2018.04.27.17:26

百名城アプリを見つけて城スタンプを集めてみたくなり
日帰りで行けそうなところを探していたのですが…

そもそも私は誰かが決めた「百名城」とやらには
あまり興味が無いことが分かりました。
つまり、いきなりスタンプ集めに飽きた!
まだ彦根城一個しかスタンプ獲得してないのにw

城に興味が出ているのはまだ継続中です。
地図とネットから自分なりに情報収集してみたところ
私が好きな城の条件が少しずつ分かってきました。

・天守がある
現存・復元は問いませんが、木造なら(おっ♪)と思う。

・御殿がある
一昨年行った名古屋城の木造復元本丸御殿は
真新しい木の香りで凄く良かった。
新築の城に入城するのは殿様気分で楽しかった。

・建物は無くとも、石垣や礎石がある
石垣だけになってても、礎石だけになってても
(かつてここに城があったんだなあ…)
(この城はどういう意図でこうなってるのかな?)
(どう攻めると落ちるかな?)
などと想像して歩き回ることも楽しい。

・城下町がある
地元の人たちに愛されている城は楽しいし、
城下の民に活気があるのは嬉しい。

・堀とか庭園とか、周りに何かある
見た目がカッコいい城はもちろんのこと、
建物は無くとも、柳川城のお堀の川下りは楽しかった。

でも、やっぱり、今の気分は
建物の内部に入れる城がいいです。


いきなり百名城スタンプ集めには飽きたけど、
現存天守をこの目で見てみたいことに変わりないし
百名城以外でも行ってみたいお城が増えました。

お城を目指していなかったとしても
これからどこかに出かけるときは、
(近くにお城はあるかな?)
(ついでに行けるかな?)
という、今までの私に無かった条件が加わるので
楽しみが増えました。

こんな身近で単純なことで幸福を感じることができる
今の私の心の有り様を素直に喜んでいます。


とりあえず当面の登城目標は、
建物内部に入れるという条件です。
公共交通機関利用で日帰りできる範囲となると、
かなり絞られてきますね。
電車の乗り継ぎ等の攻略計画を立てるのも楽しいです。

実際にやってみるまでは、自分が何をしたいのか
イマイチはっきりと分かっていませんでしたね。

百名城スタンプ集めてみたいな(一昨日)

百名城スタンプ集めだけではつまらん(昨日)

建物に入るのは楽しいな(今ここ)



復元であれ建物があるということは
地元の人たちの尽力あってこそだと思っています。
それで観光客が来て城下が潤うならなお良いと思っています。

歴史的背景を含めてもっと深く城を味わうには
あまりにも知識と素養が無さ過ぎるのが残念ですが
今は案内の人もいるし、現場で調べることもできるし
動けるうちに色々見ておきたい気持ちです。

今やりたいことは今しか出来ない

2018.04.26.21:27

彦根城に登城した話をバブにしたら
老人趣味(嘲笑)
ですと。
城巡りなど老人がやることだ
と言いたいらしい。

ふむ……バブは体力に相当自信があるようだ。

私は城巡りするなら「今」がいい。
大抵の城はめちゃくちゃ登りにくい石段だらけだし
すんなりと天守に辿り着けない仕組みになっている。
天守内部は急な階段を上り下りしなければならない。

敵襲を想定して築城されてるんだから
登城するときは敵として城に挑むことになるわけで
天守に向かってあちこち迂回させられ散々歩かされる。
足腰の弱った老人には無理である。
中年の私でも少々キツい。
だからこそちょっとした達成感が味わえるのだが。

老人趣味と言われようがバカにされようが
私は今やりたいことは今しか出来ないと思っている。




ひこにゃん

2018.04.26.20:12

またしても義父から相談を受けた。
スタンプラリーのアプリを入れてウォーキングの励みにしたいらしい。
どうせ3日も経たぬうちに飽きるだろうとは思ったが
せっかくなので適当に見繕ってみたところ、
歩数計で東海道五十三次を巡るアプリを気に入った模様。
まあ、頑張れ。

義父のウォーキングサポートアプリ探しをしている中で
日本百名城のスタンプを集めるアプリを発見した。
登録されてる城に行くとスタンプを獲得できるというもの。

しょーもないことこの上ないのは百も承知だが
一瞬スタンプを集めてみたいと思ってしまった。
魔が差したというか出来心というか。

我が家から一番近い百名城の城は京都の二条城だけど
私は滋賀県在住なので、ここはやはり彦根城でしょう。
国宝の現存天守も有るし。

というわけで久しぶりにフラリと出かけてみた。
彦根城に着いたら、ちょうどひこにゃんが出てきた!


ひこにゃん、可愛いよ!
なんかとてもラッキーな気分(o^^o)
天守にも登ってきたし、スタンプも獲得できた。



でもひこにゃん撮ったら満足してしまって
天守や庭園の写真撮るの忘れた。
まあいいや。
物凄く久しぶりに彦根城に登城したけど
やっぱり楽しかった(o^^o)

予算の都合がつく範囲内で
とりあえず飽きるまで城巡りをしてみたいなあ。
滋賀県から日帰りで行ける城を探して
地図見てると楽しくなってきた。

今日は思いがけずひこにゃんに会えたし
思ってるだけでは何も始まらないということがよく分かった。


迷惑メールフォルダに

2018.04.23.23:36

約1か月前に頂いていたメールが
勝手に迷惑メールフォルダに入ってまして
そのことに「今」気がつきました。( ;´・ω・`)

Kさん、1か月も放置してごめんなさい。
ご依頼の件は、明日から取り掛かります。


普段は確認せず迷惑メールは消していたのですが
今日はどういう風の吹き回しか
迷惑メールフォルダの中を確認してみたのです。
それでKさんからのメールを発見しました。

他にも同じことが起きているかもしれず……

私からの返事が無い場合は
迷惑メール扱いになっていることに気付かず
消してしまっている可能性があります。
本当に申し訳ありません。



ウチに犬がいた

2018.04.22.08:35

何度もしつこくて申し訳ないのですが
まだペットロスです。
でもこの頃、バブの呟きが変化しました。

ルルちゃんが居ない・ルルに会いたい

ルルは可愛い犬だった・ウチに犬がいた

やはりまだ泣いてしまいますが
過去形で言えるようになったのは
前に進んだと言えます。

去年のゴールデンウィークは
ルルと最後に遊びに行った思い出があります。

すぱのば号に乗って近所のお祭りへ行きました。
メダカの水槽に入れるタニシを採りに行きました。

特にタニシ採りのときは、貧血でフラフラなのに
ルルは田んぼのあぜ道を何度も往復したがって
私とバブの心配をよそに
ニコニコ笑いながらトコトコ歩いていました。


用水路でタニシを一緒に探してくれたり。




その時のタニシはメダカ水槽で増えて
今も元気に藻を食べてくれています。

ルルを看病していた時と同じ季節が再びやって来て
ありありと思い出してしまっています。
でもこれも私たちに必要な過程なのだろうから
ルルが居た証拠みたいなものだから
きちんと味わっておきます。





ふんどしパンツ貰った

2018.04.19.10:45

友人から手作りのふんどしパンツを貰いました。
ピンクの花柄です!


布屋さんでこの生地を見つけて
「あやにゃんだ」と思ったそうで。
私のために作って送ってくれたのです。
もちろん友人とお揃いw

可愛いです!
裏地はダブルガーゼかな、凝った造りです。

四角いふんどしパンツと違うのは
股下が分厚くシワシワにならないところ。
ズボンを履いても表に響きません。

本当にありがとう!!


実は、ふんどしパンツを貰うのは2回目です。
これとは別の友人に貰いました。
やはりピンクでしたw

四角いふんどしパンツと、パンツ型のふんどしパンツ、
それぞれ履き心地は違いますが、どちらも快適です。

同波長の法則というか、類は友を呼ぶというか
「いいな」と思うものが似ている者同士が集まるんですね。

ふんどしパンツ愛用者の友人たちとは
日本の端と端ぐらい離れているのですが
何処に住んでいても合う人とは縁ができるし
まさしく新地球、五次元の世界に居ると実感しています。

ありがたや、ありがたや。




バブ家の奴隷

2018.04.17.11:08

バブ実家に泊まってた日のこと。
やはり少し寒い夜でした。

義父は夜お風呂に浸かりたい派なんですが、
誰一人として動こうとしない。
だって、義母とバブはグータラな王魂だと思うし
私は面倒くさがりの賢者魂だし。

義母は「明日は姉と温泉旅行♪」と準備で大忙し。
義母は多分前世フランス人なので
(温泉で入ればいいや)と思っているのでしょう。

バブ「寒いから明日の朝でいいや」
私「一晩ぐらい入らなくても死なないからいいや」

義父以外は全員前世フランス人でしょうなあ。

義父は誰も自分のためにお風呂を用意してくれないので
(だって風呂場も脱衣所もすごく寒いし)
義父は脱衣所にストーブを運び、脱衣所と浴室を暖め、
暖まった頃を見計らって浴槽を掃除してお湯を貯めました。

それで義父はサッサと入れば良いのに
「おーい、風呂ができたぞい」
とわざわざ報告してくる。
おそらく褒められ感謝されたいのでしょう。

幼児期の王と思われる義母は思いつきだけで行動するので
「じゃあやっぱり入る!明日朝早く出かけるから!」
と、サッサと入ってしまいました。
それを見て義父は義母に直接言わず、ひどいと私に愚痴る。

私もバブも「ふーん」「あ、そう」と目も合わせず
生返事しただけで褒めたり労ったりしなかった。
それで義父は拗ねていじけて動こうとしないので
義母の次は私がゆっくり風呂に浸かりました。

息子の嫁の世話になるという幻想を抱かせないため、
義父が今後も身の回りのことを自立して出来るよう、
私は敢えて好みに耽っているのです。
奴隷魂と思われる人をこき使っているわけではない…

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク