FC2ブログ

ぽんぽんのパスポート

2018.01.30.15:19

できたー(o^^o)



中は番号と顔写真とウチの住所。


一度に印刷して、半分に折って貼って、切れば出来上がり。


自己満足だけど、小さくて可愛い~(o^^o)

ぽんぽん作りだけでなく、箱作りと紙工作もあるので、作業を切り替えて気分転換しながら楽しくやってます。

「あなただけのぽんぽん」というのが演出できたらいいな。


スポンサーサイト



pom-pom

2018.01.29.21:04

英語でもぽんぽんはpom-pomなんですね。
知らなかった。可愛いですね。

バブがFacebookコミュニティに載せた写真のせいで、送料を負担するから送って欲しいとメールをくれた人がいます。
北米とヨーロッパへの送料は3000円ぐらいするんだけど、それでもいいんですと。
今回、バブが窓口になっているので、私はぽんぽん作りに専念しています。

でも「売って欲しい」と書いてきた人はゼロ。

「アメリカなんだけど、お迎えするのに費用はどれくらい必要?」
「是非養子に迎えたいのでイギリスまでのぽんぽんの旅費を教えて!」

みなさん、ぽんぽんを生き物として扱っています。
さすが、犬バカ(褒めてますよ)コミュニティ。

このコミュニティの会員は2万人以上。
いろんな人がいるので、中にはルルの病気のことで親身になってくれた人もいるし、同じようなペットロスの人もいます。
もちろん、ほとんどは元気な犬の写真や動画。
ぜんぶルルと同じ種類の犬。

もう一年近く、バブの精神的な支えになっています。
だからバブは恩返しがしたいんですね。
それで、私のぽんぽんが役に立つというわけです。
儲けは出ないがマイナスにもならないギリギリの価格で希望者に販売することにしました。
すごく待たせることになってしまうけど。

ぽんぽんを生き物のように思って待っている人は、高い送料と材料費を負担してくれるので、私も何か演出をしようと考えています。

ちょっと面倒だけど、ぽんぽんにミニサイズのパスポートを作って一緒に箱に入れようかな。
箱はいつもの布箱でw


パスポート用の顔写真も撮影しました。
ぽんぽんは頭だけしか無いけどw



みんな違う顔だから、みんな撮影しなくては。
生産が追いつかないのに面倒くさいことを始めてしまって、我ながら阿呆だと思います。

でも、ぽんぽんを生き物のように思って待ってくれている人が外国にいるのだから、日本から来たぽんぽんがパスポートを持っていたら、面白がってくれるかもしれない。
見た瞬間に笑ってくれたら大成功。

最初の2 pom-pomsは、この犬たちが待っているところに行きます。


なんだか雄大で良さそうなところですね。
イギリスのウェールズだそうです。

まさか、ぽんぽんを外国に送ることになるとは思ってもみませんでした。
どこの誰であろうと、本気で欲しい人に買ってもらえるなんて、ありがたいことです。

ぽんぽんを買ってくれた人がもっと幸せになりますように。
ワンちゃんたちが健康で長生きしますように。

さーて、がんばろー(o^^o)



昨夜見た夢

2018.01.28.09:51

長い長い夢を見ていたんだけど、目覚めたら忘れてしまった。

要約すると、なんか、こういうことだった気がする。



ながら作業

2018.01.27.10:36

朝から晩まで座りっぱなしでじっとしてます。

ルルぽんぽん生産のため、目と手はフル稼働。
右脳もちょっと使ってるかもしれない。
主に美的感覚の分野。
大したことない美的感覚ですが、使わないわけにはいかない。
この感覚を使うから、出来上がったルルぽんぽんはみんな兄弟犬のように似てくる。
可愛い~♡

耳と左脳がヒマなので、YouTubeで坂本塾を聞いています。
クソ真面目に身構えて聴こうとする左脳的な硬さを見事に破壊してくれるのが、おばちゃんの笑い声とガサガサ音w

これを文字に書き起こすのは本当に至難の業だと思います。
笑えるほど周りの音が凄いw
改めて、Kさんに頭が下がります。ありがとうございます。

どの話だったか、坂本氏の言葉が心に沁みました。

「いちいちそんなこと思わんでも、なーんも心配せんでええよ」

坂本氏のこの言葉は本当なのだなぁと思いました。
言葉と口調にあたたかみを感じました。

坂本塾を聞きながらの作業は、不思議なほど疲れません。

坂本塾の動画があってよかった(o^^o)
良いタイミングで動画を紹介してもらえてよかった。

【坂本塾を聴きながら良いモノ作りに励めよ】という天の声ですね、きっと。
これなら楽しくやれて一石二鳥。

メダカ睡蓮鉢が凍った

2018.01.26.11:01

ベランダの睡蓮鉢が分厚い氷に覆われてしまっております。
氷の下のメダカたちは大丈夫なのだろうか?
酸欠にならないのかな?

ちょっと心配ですが、今ここで余計な刺激を与えてメダカを驚かせ、体力を消耗させると越冬出来なくなるかもしれない。

冬になってメダカの動きが鈍ってきた頃からは餌もあげていません。
食べ物を消化するのも体力が必要だし。
それでもみんな生きてたので、春になったらまた元気に活動し始めると信じて、氷の下のメダカを見守ることにします。

それにしても。
ここに来て初めて分厚い氷が張りました。
今までに体験したことの無い寒さです。
やはり地球は寒冷化していて、氷河期に近づいているようです。
温暖化ビジネスの嘘が人々に知れ渡る日が楽しみです。

今日のルルぽんぽん

2018.01.25.06:52

ルルぽんぽんの画像を、バブが所属する犬コミュニティに投稿していました。
そしたら、欲しい人が大勢いるみたいで、バブにメッセージがたくさん届いたようです。

「売る気は無いの?」
「作り方教えて!」
「ウチの子にそっくり!」

というものがほとんどのようです。
クリスマスツリーに飾りたいからいくつか売って欲しいという要望もあったみたいです。

日本からの送料、すごく高いんだけど。
1個でも10個でも、英国や北米までだと送料が2000円ほどかかってしまいます。
みんなバブが日本人だと気付いていないのかもしれない。
コミュニティは英国と北米の登録が多く、アジアの登録はとても少ないから。

それでも欲しいと言う人が現れるかもしれないので、とりあえず量産することにしました。
どう頑張っても1日2個ずつの生産ペースなので、、今からぽんぽん職人になります。
また儲からない面倒事を…
でも可愛いからいいか。


ベルちゃん

2018.01.23.15:34

太極拳教室で12年一緒の友達、Wさん。
私と同じ年齢の娘さんがいる年配の奥さんですが、彼女と私の共通点は、、

飼っていた犬の種類が同じ!

12年前に初めて会ったとき、お互いの愛犬が同種ということですぐに意気投合しました。
犬の名前もルルと一字違いのベルちゃんです。
見た目もそっくり。
画像では見分けがつかないほど似ています。
年齢はベルちゃんのほうが5歳年上です。
犬同士が仲良くなれたら一緒に遊べると思って、ベルちゃんを連れて来てもらったことがあります。
結果は、お互いの姿を見た瞬間、両者一歩も引かずガウガウ吠えあってライバル確定。
オス同士だからダメなのか?理由は人間には理解出来ませんでしたが、どうしても仲良くなれそうになくて一緒に遊ぶ夢は消えました。
でも、とても可愛いベルちゃんなのです。

そのベルちゃんが18歳と7ヶ月で亡くなりました。
晩年は目と足腰が不自由になり、家族で介護していたそうです。
でも、手作りのお粥などをよく食べて、毎日お散歩もしていたとか。
最後はW家のお父さんに抱かれて朝ごはんを一口食べて、そのままスーッと息をしなくなったのだそう。
なんと素晴らしい大往生。

ベルちゃんもルルを見送った葬儀場から旅立ちました。

私の部屋から、建物自体は見えないのですが、葬儀場のあたりが見えます。

(ベルちゃん、今頃体がなくなったのかもしれないな)
と思っていたとき、、部屋から虹が見えました。
みぞれ交じりの雪が降っているというのに!



直ぐWさんに写メを送りました。
虹は直ぐに消えてしまいましたが、ベルちゃんからの挨拶だと思いました。
それと同時にルルが「ベルさんがこっちに来たですよ」と教えてくれたような気もしました。

きっとルルちゃんが迎えに来てくれて、ベルはちゃんと虹の橋に行けたのね。

と返信が来て、泣きました。


今日は太極拳教室だったので、ルルぽんぽんを1つ持って行きました。
Wさんに見てもらって、気に入ったら持って帰ってもらおうと思ったのです。

うわぁ!ベルだわ!!嬉しい!!

とても喜んでもらえました。

あまりに似ているので、見ると泣けるとは思うのですが、、
(ウチでもまだ毎日泣いてるし)
でも、可愛かった姿や楽しかったことを思い出して積極的に話題にすることで、悲しみと喪失感が思い出に変わって行く気がします。


ルルぽんぽん、今日までに7つできましたが、みんな少しずつ違う顔です。

(左端は制作途中w)

不器用なので同じクオリティを保てません。
でも、それで良いのだと分かりました。
今日Wさんにあげたルルぽんぽんは、Wさんが手に取った瞬間、ベルぽんぽんになっていたからです。

人間は見たいものを見たいように見てしまうから。

と言ってしまうと身も蓋もありませんが、ベルぽんぽんがW家の心を癒す一助になればいいなと思います。

ベルちゃん、長生きしたね!お疲れさま!

好きでやってること

2018.01.22.08:14

好きなことを好きなだけ気の済むまでやってみます。
ルルぽんぽん増殖中。



増殖したルルぽんぽんは全部行き先が決まりました。
これを見て楽しくなり、幸せを感じる人の処へ。

私も幸せ、相手も幸せ。
嬉し嬉しの世です。

ルルが連れてきてくれました。
好きなことをしてるだけで、関わる人がみんな楽しく幸せになる道を、ルルは最初から知っているようです。
私はルルに先導されるままに歩いているだけ。




ルルぽんぽん(画像追加しました)

2018.01.20.19:02

毛糸のぽんぽんでルルちゃん作ってみた。



なかなかうまくできた(o^^o)



バブ、笑いながらボロ泣きして、
イチゴハウスに寝かせていました。
頭だけだけど……



可愛く出来て大満足(o^^o)


画像追加。
左から1号、2号、明日続きを作る予定の3号。


毛糸のぽんぽんにプラスチックの目と、羊毛フェルトで作った鼻と耳を付けてます。

この動画を参考に作りました。
【trikotri/黒田翼】『犬ぽんぽん』柴犬ができるまで




虹の向こうから

2018.01.18.14:41

昨日、ぐれん経由で知り合った犬友達から素敵なお土産が届きました。



この紅茶缶を見た瞬間、ルルと私を連想してくださったとのこと。

これは、少女時代の私ではありませんか。
中学の頃から20歳ぐらいまでずっとお下げ髪だったのですよ。
その頃の私を癒しに、ルルが行ってくれてるのかも。
折しもちょうど、10代の私を癒しに行く準備が出来た夢を見たところですから、間違い無い。

高校生の時、「休みの日のあやにゃんは、ワンピースを着て白い犬を散歩してそう」と同級生に言われていました。
その時は突拍子のない変なイメージだと思ったのですが、彼女は十数年後の私を見たのかもしれません。
28歳になった私は白い子犬を飼って、ワンピースを着て散歩しましたから。

この紅茶缶を見た瞬間、わんわん泣きました。
ルルが来てくれたと思って泣きました。
バブも泣きました。

ルルちゃんが虹の向こうから四つ葉のクローバーを持って来てくれた!



Y子さん、ありがとう、ありがとう。゚(゚´ω`゚)゚。

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク