FC2ブログ

きょんにゃんさんの色のイメージ

2017.12.31.20:15

さっきコメントでリクエストがあったのできょんにゃんさんの色を見本帳から探してみました。

言葉で表現すると、透明感のある淡いグリーンです。
これより淡い色のガラスを想像すると、近い。
アイスグリーン


あと、淡い黄色。この色のガラスみたいなの。
ライムライト


ちょっとピンクも。
フラミンゴピンク


上記の色を淡くしてガラスになってるみたいなのが、きょんにゃんさんの色イメージです。
個人的な感覚なので、分かりづらいかもしれないけど。。


こういう色味で…
(ベネチアングラスのブレスレット?)


(ベネチアンビーズのアクセサリー)


こんな色ガラスっぽい感じで…
(ベネチアングラスのピアス)


ついでに形が付くとこうで…
(ベネチアングラスの水差し)


或いはこんな姿で…


あれ、「色」からどんどん離れてきた。。

私は、いつもふわっとした「感じ」で生きているので、こうして画像の力も借りないと、頭の中のイメージを他人に伝えることが難しいです。

勉強になりました。
質問してくれてありがとうございました(о´∀`о)

スポンサーサイト



色のイメージ

2017.12.31.11:36

ぐれんで話題になっている「色のイメージ」ですが、私も独自にそういうイメージを持っています。
その人の好みや似合うかどうかには全く関係が無いので、まるで役に立たない私の勝手な思い込みでもあります。

身近なところでは、我が夫のバブ。
彼は緑色と黄色が大好きで、財布や名刺入れなどの小物は緑ばかりです。

ところが私が思うバブのイメージカラーは濃いピンク色なのです。
これが最も近いかな。
躑躅色(つつじいろ)


こんな具合で、私がバブの仕事服を選んでいるのでピンクのネクタイやピンクのシャツが増え、バブもピンクを好んで着ることが増えました。
最初は「ピンクなんて!」と、本人も周りも思っていたようですが、、、

バブがピンクの服を着るようになってしばらく経った頃から、少しずつ会社で仕事を任されることが増えました。
おかげで残業と出張が増えて忙しくなりましたが、バブが采配を振るって計画を進めることが出来る機会も増えてきたので、精神的ストレスは減っています。

今では、バブが采配を振るいたいとか発言権を大きくしたい日はピンクを身に付けて行ってます。
すごくデキる人に見られるそうで、なんかうまく行くらしい。
それで妬まれることも増えてますが、バブは媚びてなあなあにしないので、敵味方がはっきり分かって便利らしい。


20年来の友人のイメージは、昔から紫です。
ただし、本人が好きなのは、黄色と緑。
(あれ、今気付いたけどバブと同じだ…)
この色が一番近い。ロイヤルパープル


この人は昔、
「狩りに行ってくる」
と言って出かけた先でイケメンの旦那さんを捕獲した女です。
捕獲された旦那さんのイメージは緑。
forestgreen


この緑こそ、彼女の好きな色なのです。
(好きな色の人を選んだのだな)と思いました。

バブもこの色が好きなので、バブも旦那さんのことを気に入ってます。
この旦那さん、偶然にもバブと同じ誕生日で1つ年下ということが分かり、何か縁を感じるというのもあるかもしれません。


仲良くしてる従姉妹のイメージは、ふわっとした黄色。
でも、この色は彼女にはあまり似合わないw
クリームイエロー


色は一色だけではなく、人によっては何色も思い浮かびます。
特に理由は無いがなんとなく思っていたことです。


バブにイメージの色を使ってみたら仕事がうまく行くようになったので(敵も増えたが味方も増えたけど)、何かあるのかもしれません。
しかし、何も無いかもしれない。

私は日々の暮らしが面白ければいいし、彩り豊かなほうが好きなので、こんなことを無責任に思っているのが楽しいです。

縁起物コーナー

2017.12.29.20:24

私の縁起物コーナーにトランプ大統領のお札が加わりました!
プチ祭壇のような感じw


ifさんに頂いた石のガネーシャ像を中心に、種々雑多なものがw

ガネーシャは商売と学問の神様。
大富豪のトランプ氏が加わったことで、現実的にお金に全く困らない気がしてきました。
ありがとうございます!


様々なものがありますねえ!(о´∀`о)

リエさんお手製の花のブローチ、バラの花、ラベンダーのポプリ。
りかさんに頂いた竈門神社の夫婦土鈴は転げ落ちると可哀想なので、ど真ん中に置いて他のアイテムに守ってもらってます。
可愛い♪

満月と新月の日に盛り塩を交換してるので、その時にアイテムを入れ替えて模様替えしたり。
今回はシンブルとチェス駒を並べてみました。

これらはすべて私のために選ばれ、私のために贈られてきた縁起物ばかりなので(一部自分で買ったモノもあるが)ここは私だけのパワースポットなのであります。

企画モノのお礼に頂いたお手紙や小物も、この祭壇の下の引き出しにしまってあります。
たまに出して見たりします。
たいへんありがたいです。


いくら引きこもりと言えど、私一人で生きているわけではありません。
しかし私は調子に乗りやすい未熟者ゆえ、つい偉そうなことを思ってしまいます。

だからこそ、人様の力添えを実感する場をこうして目に見える形にして設けておくことで、自らを戒め、日々感謝する心を忘れないようにしようとしています。

ほんとは、小物を並べて愛でるのが楽しいだけですけど。。
でも、愛でながら(ありがとう、ありがとう)と思っているので、やはりただ愛でているだけでもないかもしれません。

何よりも、見るたびに気分が良いので!
(わあ、こんなエエモンもらった!)
(私ってラッキーだなあ)
(こんなのを送ってもらえてありがたいなあ!)

素直に喜んでしっかり受け取り、いつも感謝しています。
ありがとう(о´∀`о)

フェルトのピザ(画像追加しました)

2017.12.28.19:11

お正月に友人一家が一泊しに来るということなのだが、ウチには幼児向けのおもちゃが無い。
子供向けのメニューもよく分からないので、みんなが大好きだというピザを作って食べようと思う。
だからついでにおもちゃのピザも作っておくことにした。

てか、本物のピザと同じおもちゃを作って子供たちを驚かせたくなったw

まだ途中だけど、生地とピーマンだけはできた。
ピーマン、我ながら良い出来ぢゃ(о´∀`о)


あとは、トマト、ベーコン、マッシュルーム。
彩りにゆで卵かな?
本当はコーンがいいけど、粒々を作るのは面倒だしw

久しぶりにフェルト触った。
ままごとセット作るのって、楽しいわー(о´∀`о)
子連れで来てくれることにならなきゃ、こんなことしなかったし、嬉しいな。


と思って用意してたら、友人がインフルエンザになったと連絡が!
勤務先で感染してしまったようで、帰省自体が中止と相成りました。
ありゃりゃーー

仕方がない、とっとと完成させて送るか!
その友人からは地ワインが届く予定。
プレゼント交換だな。

皆さんもインフルエンザにお気をつけくださいね。


出来たー


ポリ袋に入れてA4クリアファイルに挟んでレターパックに入れました。
食べられない宅配ピザ完成。
ああ、面白かった(о´∀`о)




小学1年のお別れ会

2017.12.26.09:04

小学1年の冬休み直前、両親が離婚した。
当時は離婚という言葉の意味も分かっていなかったが、刀鍛冶の家から私と弟と母だけが出ることになり、引っ越すのだということだけは分かった。

ほんの短い間しか通ってなかった学校ではあったが、クラスでお別れ会をしてもらった気がする。
そのとき、クラスのみんなが私に何かプレゼントをくれたような気がするのだが、持って帰ってから、母にすべて捨てられた。

こんなゴミばっかり!って。

小学1年生からのプレゼントなので、折り紙だとかキャラクターものの絵が描いてあるポケットティッシュだとか、他愛の無いものばかりだったような気がするのだが、それでも私はみんなの気持ちが嬉しかったんだよね。
あと、ちょっとだけカッコいいなと思ってたY君からはリボンがかかっている小さな箱を貰って、
「指輪が入ってるから!帰ってから開けて!」
と渡されて、クラスのみんなにY君が冷やかされてたんだよね。
結構楽しみにしてたんだけどな、箱の中身は見てないや。
母の目から見ると、ゴミの集まりでしかなかったのだろうから仕方がない。
それでも当時はかなり傷ついた。

刀鍛冶の家は山奥の一軒家で、学校へ行くためには山を15分ほど下り、そこから更にバスで40分ほどかかった。
だからお別れ会の日は、同居してる叔父(父親の弟)と母が車で学校まで迎えに来てくれていて、みんなからのプレゼントは紙袋に入れて母が持ってたと、思う。。

叔父はクラスのみんなのためにノートと鉛筆を配るように用意してくれていて、私はそれを配った覚えがある。

ところで、Y君が言ってた指輪というのは、たぶん、こういうおもちゃの指輪なんだろうと想像しています。
昭和のおもちゃの指輪ね。縁日とかで並んでるヤツ。
私、こういうものが大好きだったんです。


ほかにも、おしゃれセットとか。
このシルバーのおもちゃの時計持ってた。懐かしいw


今は邪魔だから指輪はしないし、化粧もしないけどね。
6歳までにやり尽くしたから、もう気が済んでいるのだろう。

母親からは雑に扱われていた私ですが、ほかの人たちからは、その分を補うように大切にしてもらってた気がする。
だから今も生きていられるんだと思う。。

クリスマスの日が引っ越しだったな。
広大で人が多い刀鍛冶の家で自由奔放に過ごしていたけど、突然小さなアパートで息を潜めて静かに過ごすように言われて戸惑ったなぁ。

だからクリスマスにはあまり良い思い出が無く、今も興味が無いのかもしれない。
しかし、あのときの元同級生が励ましてくれた恩義だけは今も覚えていて、あのとき絶望しなかったのは、周りのみんなのおかげ。
でも直接お礼を言うとか出来ないので、クリスマスには何か恩返しがしたい気持ちが溢れてくる。

当時の思いが今も私を動かし続けているのだろう。
私もしつこいな。。。
しかしまあ、害が無ければいいかな。。。

実母がますますヤヴァい

2017.12.25.14:03

先日母方の従姉妹からメールが来ました。

「伯母ちゃん(私の実母)って、医大出てたっけ??」

んなわけない。
高校生のときに私を産んでそのまま中退してるし。
勉強し直して医大に入り直したとかも無い。
だいたいあの人には地道に勉強するとか、地味なことを人知れず継続するなどの基本的な堪え性が無い。

何故従姉妹がこんなメールを送ってきたのかというと、、

今年の秋、従姉妹に赤ちゃんが生まれた。
そこで仕切りたがり屋の母(従姉妹から見て伯母)がはっちゃけた。
見栄っ張りで外面を取り繕う習性のある母は、祝いの席を設けるべき!と主張。
焚きつけられた叔母は、祝いの席を設けた。

私の母は昔から誰に対しても「自分の方が上」というアピールをしたくてたまらない。
家族に対してもそうで、自分が一番で中心に居なければ気が済まない。

従姉妹のご主人が医療系有資格者で、そのご両親(従姉妹の舅姑)も同じ医療系有資格者ということが分かった。
医師ではない。
そこで母は従姉妹の舅姑さんに学歴詐称までして自己アピールとマウンティングを開始。

従姉妹の親(母の妹)は、昔から母に逆らえない。
「アタシはあなたのためを思ってやってるの!」
が口癖なのは変わっていない。
今では完全に取り込まれて母の言いなりになっているから、明らかな嘘でも黙っている。

従姉妹の舅姑さんは、(この伯母さんは触ったらアカン人や…)とすぐに察してくれて、適当に話を合わせて詳しく突っ込まずに大人の対応で乗り切ってくれたとのこと。

母が一旦敵認定すると、執拗に絡むのです。

正しい道に導いてアゲル!
アタシが見極めてアゲル!
アタシが、アタシが、このアタシが、あなたのためにやってアゲル!

弱い善人はこれにコロッと騙されるので、母にはいつも手下がいます。
母の魂の役割は「聖職者」と思われます。
本人なりの善意を、徒党を組んでゴリ押ししてくるところが迷惑極まりない。
一人ではやらない。必ず仲間を作る。


母、年と共にどんどんヤヴァくなってます。
明らかに嘘なのに、本人は本気で言っているそうだ。
嘘だと思っていないらしい。
まだギリギリ50代という年齢もあるが、妙にテンションが高く、すごく元気みたいです。
それであっちこっちでこういう傍迷惑なことをやらかしてるようです。

今回の件で従姉妹は、私と弟が連絡を断ち、行方をくらましてる理由が身にしみて分かったそうです。
それまでは、
(伯母ちゃんも悪い人じゃないのに、なんでかな?)
と思っていたらしい。
いざ自分に直接降りかかってくると、厄災以外の何物でもないことが分かったそうだ。

分かってくれてよかった。
従姉妹には「早よ逃げろ」と返事しました。

従姉妹には姉がいますが、姉のほうは子供の頃から完全に母に取り込まれて、母のミニチュアみたいな、見栄っ張りで外面を取り繕うおかしな女になっちまってるようです。
母は従姉妹の母親と姉を手下にしてしまい、「母の言うことなら何でも正しい」ぐらいまで洗脳してしまっているみたい。

従姉妹には母親と姉が残念なことになってしまって気の毒ですが、洗脳を受け入れて母の手下になっているということは、母と同波長・似波長なので仕方がありません。

母はマヂキチの領域に入ってるようなので、従姉妹も無事に逃げ切ってくれたらいいな。

焼きまんじゅう

2017.12.23.12:33

年末になると、全国から美味しいものや珍しいものが集まってきます(о´∀`о)
今の我が家はヘタな喫茶店よりも紅茶・コーヒー・日本茶が数多く揃っているのではないか?
ありがたいことであります。

さて、今日は見たことも食べたことも無いものに挑戦してみました。

グンマーのソウルフード「焼きまんじゅう」という紹介で送られてきたものであります!
饅頭を蒸して味噌ダレを付けて焼いて食べるんだって。
へえ!!

こういうセットになってます。ほほう。。


どれどれ、蒸してみましょう。
アンコ入りの饅頭と違います。とても軽いです。


ものの3分ほどで蒸しあがりました。
ふっくら膨れています!


これに付属の味噌ダレを付けて網で焼く…
網が無いので魚焼きグリルで焼きます。


せっかくなので串に刺してみました。
おおお……! 香ばしい味噌の香り。


別の方が送ってくださった日本茶と共に頂きました。

パンのような、肉まんの皮のような、ふわふわで軽い食感。
想像していたのと全然違った。(モチモチしてるのかと思っていた)
これは、初めてだ。。。う、美味い。。!!
甘じょっぱい味噌ダレとお焦げは、何とも言えない安心感のある味わい。
バブと私であっという間に完食。
美味しかったーーー(о´∀`о)
たくさん送ってくださったので、明日も明後日も頂きます。
我が家はクリスマスまんじゅうだ。ヽ(・∀・)

日本には美味しいものがたくさんあるんだなあ。
ありがとうございます!

ルルは浄化装置

2017.12.21.16:39

マンション全体の排水管掃除がありました。
毎年この時期です。
風呂場、洗面所、洗濯機の排水管、台所の4箇所を高圧洗浄します。

それに先立って、排水口の網やフタなどの外せる部分はすべて外して洗っておきます。
水回りを一度に大掃除出来る良い機会なので、大変ありがたい。
今年も滞りなく終了しました。

ところが、今年は洗面所の排水管だけ汚れが付いていました。
多目に水かお湯を流すようにしてくれ、とのこと。

ルルが居たときは、散歩の後で洗面所にお湯を溜めて、ルルの足を洗っていました。
ほぼ毎日、散歩のたびにまとまった量のお湯を流していたので、排水管には自然と汚れが付きにくくなっていたのです。
それがパッタリと無くなったので、汚れが付いてきていたということです。

ルルが居ただけで、見えない部分の汚れまでもが洗い流されていた。。
ルルは生きてる浄化装置だったのだ!

これは物質的な汚れだけでなく、心の汚れなんかも当てはまりそうです。
ルルがただそこに居ただけで、普通に飼い犬として生活していただけで、計り知れない良い影響を、周りに与え続けてくれていたのです。

。・゜・(ノД`)・゜・。

しかし、泣いてるだけではルルに申し訳ない。
何か楽しいことを考えよう。。

ルルが生きてる浄化装置だったとして。。

でも、ルルの足はけっこうクサかった…
耳もけっこうクサかった…
私はルルの足の臭いが好きだったが…
バブは本気でクサがってた…
ルルが空気清浄機の前を歩くと空気清浄機が作動したし…



ルルの足の臭いを嗅ぎたいなあ(о´∀`о)
思いっきりクンカクンカしたいなあ。

空気清浄機が反応する悪臭を放っていたとしても、私にとっては心洗われる癒しの香りだったのだから。

トントン拍子(追記あり)

2017.12.20.15:11

数日前に電話で粗大ゴミの回収を予約していました。
通販で買った本棚の、板が曲がってしまいまして。。。
折れたというか、まあ、崩壊した。
扉付きだったし、バブの書棚だから開けてなくて気がつかなかった。。

(イメージ画像)


これに近い壊れ方をしまして。ダメだこりゃ。

12月20日の16時~18時の間に来てもらえることになりました。
昨夜も電話がかかってきて、予約時間の確認をされました。

そして今日。

(夕方までのんびりしてたらいいや)

と、考えていたのですが、頭とは裏腹に体が動きました。
サッサと片付けてしまいたくなったのです。
まだ朝の6時半なのに。。
運び出しやすいように玄関先まで移動させたくなった。
どうしても、今やりたくなった。
やりたい気分を無視したら、ヤル気が消えてしまいそうな気もしたし。

本棚を退かした場所を掃除して、ついでに模様替えもしました。
2時間ぐらいやってたかな。
曲がった本棚を玄関まで移動させたところで電話がかかってきました。

夕方の回収だと話していたが、近くに来ているので今から寄ってもいいか?という話でした。

二つ返事で了承して、あっという間に回収してもらえました。

下手な浅知恵で段取りするよりも、素直にやりたいことを優先して早々と片付けておいて良かった。
トントン拍子に片付いた。
あと、本棚の奥からルルの乳歯を缶に入れておいたものが出てきたw

ルルが私を動かしてくれたのかもしれないな。
賢いルルちゃん、ありがとう!(о´∀`о)

追記
出てきたルルの乳歯を見たら、抜けた日付も書いてあって、
最後の乳歯が抜けた日付が13年前の今日だった。

やっぱりルルが呼んでたんだねぇ(о´∀`о)





書生スタイル

2017.12.19.11:37

ちょっと前にyachiyoさんから頂いた二部式のきもの。
ちょいと羽織るのに便利なので愛用しています。
ほんのりいい匂いがするし。
着物のたんすの匂いというか、おばあちゃんの匂いというか。
なんとも言えず癒されます。(ありがとう!)

元は普通の着物だったものを作務衣のように紐で結んで着るようにリメイクしてあります。
お手製です。
見るたびに、リメイク魂を刺激されます。

この頃は中にスタンドカラーの長袖シャツを着ています。
スタンドカラーの理由は、着物の襟を少しでも汚さないため。
下はジャージだったりしますw


この格好してると、自分が男にしか見えません。
もう10年以上会ってないけど、弟に瓜二つ。
私は短髪で眼鏡なので、イメージ的に書生さん?
(イメージ画像 :大正ロマン風書生キャラ)


私は随分年季の入った書生ですがw

大正ロマンが好きです。
袴の女学生スタイルも、書生スタイルも。
あの時代に楽しかった思い出や憧れがあるのでしょう。
ただひたすら、明るい未来を信じて邁進していたような気がします。
この怠け者の私が何に邁進していたのか分かりませんが…
大正ロマン風味のスタイルでいると、気分が上がります。

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク