FC2ブログ

ルル通信感想

2017.11.28.23:19

ルルですよ。
感想が来たです。


ルルさん&あやにゃんさん

こんにちは、マルカム1世です。
先日はルル通信ありがとうございました&編集お疲れさまでした。
今年もクリスマスプディング食べたさに応募しちゃいました。
たくさんの人の、いろいろな前世が読めて楽しかったです。
前世探索の方法も人それぞれで、読み応えがありました。
2番の方(多分一夢庵さんだと思います)は夢で前世を見ることが結構あるようですね。
私にはそういう経験がないので、マンガみたいでちょっと面白そうだと思ってしまいます。
同時に、リアルに体感すると思うので感情的がかなり揺さぶられそうですし、
ある程度、精神が大人で安定している人でないと難しいのかもし れないとも思いました。

今回の前世探索に使用した易タロット、面白いでしょう(^-^)
高校生の頃にタロットが欲しくなり、何となく買ったは良いが普通のタロットじゃないし(笑
いまいち使い方が分からず、絵がリアルで怖い上に意味が分からないし、
ほとんど使わないまま20数年間、本棚で眠っていたんです。
しかし今回、せっかくあるんだからと練習を兼ねて使ってみたら
意外と色々な質問に答えてくれる便利なカードだと分 かり、
これからも練習頑張ってみようと思いました。

今回、マルカム1世という前世を発見できてよかったです。
本人になりきって一人称での文章やメッセージを書いたせいか
応募した次の日の朝、会社に行くための支度をしていたらマルカムに言われました。
「なんでいっつもそうやって息を殺して身を潜めるみたいにしているの?」と。
驚いて、でも納得できて、
その状態が当たり前になっていることに自分ではずっと気づいてなかったのだと分かりました。
(もしかしたらそういう前世があるのかもしれません)
ルルさんがコメントで「マルカム1世が今の自分を応援しに来てくれた」と書いてくれましたが
確かにそうかもしれませんね。

それと、今回ようやく自分が食 いしん坊だということが分かり………、
本当になんで今まで気が付かなかったのだろうと笑ってしまいます(^^;ゞ
ルルさんと同じくらいの食いしん坊だなんて、光栄で嬉しいですよ!
今年もクリスマスプディング楽しみにしています。
ありがとうございます!!



不思議なタロットカードだなぁと思ってぼく気になったです。
20年以上後に使うために用意しておいたなんて、マルカム1世さんは高校生の頃から先見の明があったですね。

マルカム1世さんが教えてくれたお料理、とても美味しそうです!(冊子に載ってるです)
野菜と魚介たっぷりのスープ、食べてみたいです。
ブイヤベースの原型みたいですね。
ぼくも生きている頃、野菜と鮭の水炊きが好きだったです。
ぼく犬だから味付け無しですが、野菜と魚の旨味だけで十分美味しかったです。

今年もクリスマスプディングできてるですよ。
寝かせてる間にミンスパイも(母ちゃんが)作るですからね、お楽しみに!

スポンサーサイト

ルル通信77置き場

2017.11.28.17:55

面白いのでイギリス前世特集置いておきます。
PDFになってます。

冊子1

冊子2

興味のある方はダウンロードしてみてください。


みんなが書いてくれた前世記事、私のはさておき、
これから読んでくれる人のためになると思います。

今日は同じマンションで読んでくれてる人たちと
太極拳教室で読んでくれてる人たちに会ったんですよ。
みんなネット知らないとか詳しくないとか、40代~60代の普通の主婦。
でも、その人たちが言うんです。
投稿しようと頑張ってみたけど間に合わなかったと。
でも楽しく読んでると。

お世辞じゃなかったです。
驚きが混ざった、楽しそうな目をされてたから。
新しいことに戸惑いつつも楽しんでる顔でした。

26人もの人が参加してくれたおかげで、今まで受け身だった人や遠慮してた人がほんの少し動き始めたんです。
皆さんの力が人の心を動かしたんですね。

改めて、原稿をお寄せ下さった皆さん、ありがとうございます。

ついでにルル通信について

2017.11.28.16:59

ルル通信に肯定的なメッセージが来ていることが分かったものの、私はまだ疑っているので、更に今後の心構えについて、石に訊いてみました。

「家族・友人」のカーネリアンは、開放的な心を持つよう告げています。
あたかも家族であるかのように、誰でも気楽に振る舞えるように、ルル通信という場を作りなさいということです。

「精神」「隠された資質」のローズクォーツは、変化を恐れず、将来のために変わることを促しています。
その際は私の資質を利用するようにと告げています。

「自己」のアクアマリンは、私が率先して行動するよう、でも焦らなくて良いと言っています。
私が書かなきゃ始めらないので当たり前ですが、発行することを目的にしなくても良いということです。
自分が楽しい気分になれたら発行すれば良い。

「協力」「奉仕」のアメジストは、適切なパートナーを選び、より大きな目的に応え、人のために尽くせと告げています。
やはりルル通信の中身を充実させることが求められているようです。

「協力」のトルマリンは、困ったら見識のある助言を求めるよう言っています。

まとめると、私のペースで楽しくやればいいけど、より大きな目的・人のためになることを書けと言ってます。
しかもマンネリ禁止。
困ったら読者に助けてもらえ、と。
ということは、ネタに詰まったら原稿を募集したらいいんですねw


ルル通信、出すたびにいつもこうやって自己鑑定しています。
その時によって方法はいろいろで、トランプとかネットのタロット一枚引きとか。
クリスタル占いのメッセージが一番しっくり来ます。
私は「こうあってほしい」「これは無いだろ」と思ってしまいやすいのでロッド鑑定は無理っぽい。

こんな体たらくでも自分を信じて生きていくより他無いんですが、自分が一番危なっかしい。

でも、腕利きのロッド鑑定士さんが何人もいるので、自己鑑定があまりに良すぎるとか変なことになったら鑑定依頼してみます。

今のところ「自分しだい。人に尽くせ」系のメッセージばかり来てるので、まだ大丈夫だろうと甘っちょろいことを考えています。

ガイドからのメッセージ夢

2017.11.28.15:59

ルル通信77号「イギリス前世特集」を配信した日の夜、夢を見ました。

私は高校生ぐらいです。
新しい学校に入学した私は、二十数名ほどの少人数制のクラスになりました。
担任の先生は赴任してきたばかりの30歳ほどの男性で、ツイードのジャケットを着ています。
お昼は学食で、私が一人で座っていると、同じクラスの女の子二人と担任がやってきて相席になりました。
そこで担任が学校のことについて教えてくれました。

・自分はいわゆる教師ではなく、派遣されてきた。
・自分が全ての科目を受け持つが、授業の内容も任されているので、最低でも週に2回は運動の時間を取りたい。
・教室にある壁掛け電話は、見た目は他のクラスにあるものと同じだが、中身は違う。衛星電話で、どんな時もコミュニケーションが取れる。あれが無いと困る、って思えるぐらい頼もしい存在。
・自分のクラスは他のクラスの半分くらいの人数だが、それは学習モニタークラスになってるから。全て報告しなくちゃいけないからちょっと大変。でも初めての仕事だし、頑張らなくちゃねw

へえ、これからよろしくね、新しい学校楽しみだね、授業の内容みんなで考えようよw
というようなお喋りをした。


・夢を見たタイミングがルル通信を配信した直後
・新しいクラスの人数がイギリス前世応募者数と一致
・担任がイギリスを思わせるツイードのジャケットを着用

以上の3点より、何らかのメッセージ夢だと思いました。
単純に考えると、ガイドからのメッセージで、担任はガイドだと思います。

しかし、私はリアリティのある夢は警戒しているので、イギリス前世に応募した人たちだけを特別視しないように、という警告だと解釈しました。
景品を作ったりしてるので、どうしても応募してくれた人たちのことばかり考えてしまうのは仕方ないにしても、他の読者を置いてけぼりにしてはいけないと考えています。
「面白かった」という感想を貰っても有頂天になったり得意がったりせず、福を祓って過ごそうとしています。(出来てるかは盲点につき不明)


夢をクリスタル占いで見てみました。

Qこの夢はガイドからのお知らせか?低級霊の関与によるものか?

カーネリアン(中央)
アクアマリン(協力)
トルマリン(精神)
アメジスト・ローズクォーツ(家族・友人)

否定的な意味は無いようです。つまり低級霊ではない

中央のカーネリアンは私が中心にいることを示している。
精神のトルマリンは、この夢が私の手に負えないものだと告げている。
力強いもの、運命的なもの、そういう定めにあったもの。
家族・友人のアメジストは、味方がいることを示す。
この場合はガイド。
進展が予想され、私が望むとおりに周囲の人にも幸せが訪れ、波長の合う人が現れます。
家族・友人のローズクォーツのキーワードは「いたわり」。
優しい思いやりの性格を示してください。
同情の気持ちを持つことで人生をより豊かにすることができる人にとって、この占いの結果は大変良いものです。

疑ってごめんなさい。
ガイドからの祝福メッセージだったようです。

参加してくれた人にも幸せが訪れるそうですよ。

付け足し。
ガイドは最低週に2回は運動しろ、と言ってますねw
今月に入ってから運動不足なので(朝の散歩は寒くてやめちまったよ!)バッチリお見通しでんがな。
エライすんません。。


CD感想

2017.11.27.11:22

遅れ馳せながら、今日やっとifさんに頂いたCD聴きました。
いいですね。
頭がスッキリというか、シャキッとする気がします。
好みです。


以前頂いたものと比べてどうか…ですが、
私の場合は比べようがなくなってしまいました。。

というのは、以前のライアーのCDを受け取ったときは、ちょうどルルの末期の腎不全がわかったところで、「これからルルと最期の日々を過ごすのだ」という状況で初めて聴きました。

最初はあまり好みではなかったように思うのですが「基準音432hzの音楽は良い」ということもあり、毎日ルルと聴いていました。
少しでもルルの体と魂の助けになれば…という一心でした。
ルルの体は日に日に弱っていきましたが、いつまでも可愛いルルでした。

そんな日々がライアーの音楽と共にあったので、その時のテーマ音楽みたいになっているのです。
だから、聴くたびにルルが寝ている姿がありありと脳裏によみがえり、ルルが私にもたれている温もりが感じられるような気がするのです。
私にとっては特別な音楽になってしまっているので、他と比べようが無いということです。

今も聴くとボロ泣きです。
最晩年のルルは、どう思って聴いていたのかな…



クリスマスプディング調理中

2017.11.27.09:48

今年もクリスマスプディングを仕込んでいます。
ランデル兄のは特大サイズなので、6時間湯煎蒸しにします。
100円ショップで売ってる調理用ボウルをそのまま使うw

原稿をお寄せ下さった皆さんには、業務用プリンカップを使います。
耐熱プラスチック。レンジ対応。湯煎もできます。
試しにイギリス製の市販のクリスマスプディングを買ってみたら、よく似た耐熱プラスチック容器が使われていました。

蒸し上がったら、これからおよそ1ヶ月、クリスマスプディングを寒いところで寝かせます。
昔のイギリスでは寒い軒下に吊るしていたらしい。(干し柿みたいだ)

今年は数が多いので心配しましたが、数ヶ月前に洋酒に漬けておいたドライフルーツ類も足りてますよ♪
よかったー ε-(´∀`; )

センサー付きガスコンロは、長時間火を点けっぱなしにしてると勝手に切れるし、温度が下がるまで再点火出来ないのが不便ですね。
まあこれも冬の風物詩ということでw

アルコール分が揮発してるせいか、匂いで酔っ払いそうでありますが、火のそばを離れるわけに行かないので、朝から台所に張り付いております。
ああ、楽しい(*^^*)





ルル通信77号

2017.11.25.13:07

ルルですよ。
さきほど「ルル通信77」という件名で
王墓して下さった皆さんにイギリス人の前世特集号を配信したです。
届いていない方はメールかコメント下さいです。
ではまたね!


2017.11.23.16:20

今、デスクに据え置きにしてるノートパソコンで「イギリス人の前世」特集号のルル通信を編集しているところなのですが、

ふと顔を上げてみたら、窓の外に虹が!
慌ててベランダに出てパシャッと。



肩凝ったし、ずっと座りっぱなしで体ダルいし、
今日はもうやめようかな?
と思ってたんですが、、

ルルが虹を出して応援してくれたような気がする。
ありがとう、ルルちゃん!(о´∀`о)

イギリス人の前世 進捗状況

2017.11.21.10:28

明日締め切りですが、これはルル通信の企画であります。

ルル通信というのは、6年前にルルが書き始めた小冊子。
リアル友達が対象なので、プライベートな画像も入ってます。
(だからネットで公開するわけにいかない)
最初は細々とやってたんですが、ブログを始めてからは両方見てくれる人が増えました。

今ではルル通信の読者およそ40名のうち半分がブログ経由で知り合った人になりました。
しかし、読者のメインはネットもこのブログも知らない人たちです。
前世とか少し興味あるけど、探す方法までは分からない人たち。

この企画は、前世探索の先輩がたくさんいることを知らせる目的もあります。
「苦手だけど書いてみた」という人がいて助かっています。
みんな凄すぎると、慣れてない人が引いてしまうから。

興味の方向が同じ人がルル通信を見てくれていると思うのです。
今は前世探索。
それを諦めなくて済むように、同じ方向に向かってる人たちをリアルに感じることが出来ればいいなと思っています。

やるかやらないかは本人次第だし、発表しなくても、自分なりに考えるヒントになればいいやと思います。

いろんな例が集まって楽しいです。

今日は「処刑された人」と「処刑した人」が見つかりました。

こういう面白いことが起きると、やめられませんねぇ。
お菓子をエサに楽しんでいる私であります。



箱作りと魂の喜び

2017.11.18.23:38

クリスマスに向けて箱を作っています。
去年よりも少しだけ、段取り良く作れているような気がします。
半年貯めておいたアマゾンとお菓子の空き箱を、じゃんじゃん分解して再構築してます。
ゴミの山が化粧箱になっていくのは楽しいです。
京都お話会でやったアレです。
イギリス前世に応募してくださる方に、漏れなくお送りできるよう頑張ります。
箱は「パリの柄」も多いんですけどねw
細かいことは気にせず、楽しくやってます。
イギリスもフランスも私にとってはざっくりと「ヨーロッパ」なので。


で、作業しながらふと思ったんです。
Lykeionの感想に「苦行だ」と書いたけど、私はその状況を愉しんでいるな…と。

頭は苦しかったけど、心は楽しかったから。

なんでもスラスラ解けると、そりゃあ楽しいだろうけど、すんなりと簡単にクリアできるゲームでは詰まらない。
ちょっと負け惜しみぽいかもしれないが、自分の限界のちょっと上に挑むのが面白い。
いや、Lykeionはちょっとどころじゃないけど。
難しいパズルに挑戦してるようで、自分を鍛えていく喜びを感じているのです。

無謀な挑戦であったとしても、無意味なことではないはず。

目に見える成果が分かるようになるのは死んでからかもしれないけど、出来れば、死ぬ前に少しは成長した自分に会えると嬉しい。


京都お話会で作った本型の箱は、最後の最後に、ようやく本型になるんです。
それまではワケの分からない不完全なパーツでしかない。
最後に組み合わせた瞬間、一冊の本型になるのです。
その瞬間にならないと、これが本型だと分からない。
パーツを見て想像はつきますが、実感を伴うのは最後の瞬間。
地味だけど、でも劇的な変化です。

それと似たようなことを、一生をかけてやってるのかなと思ったんです。

今の私はワケの分からないパーツの寄せ集めがバラバラにある状態。
それを少しずつ組み立てて、形にしようとしていてるんです、多分。
まあ形になりかけてる部分と、まだまだ意味不明な部分があって、それらの寄せ集めでしかない。
死ぬとき一つに組み合わさって、初めて全貌が明らかになるのかな。。

今の人生だけではなく、他の人生も含めた全貌が見えるのは死んだ後、魂の本体があるあの世から見えるのかな。。

とかね。
取り留めのないことを思っていました。


箱作りの過程は地道な作業の積み重ねでして、こういう考え事に最適な時間でもあります。

Netflixで映画やアニメを流して見ながら、
時々ルルを思い出して泣いたりしながら、
今の私は様々な体験をして、土台を一つ一つ積み重ねている途中なのだと思いました。
そして、それが魂の喜びであると感じています。

クリスマス菓子の箱には、私の「魂の喜び」も入っていますw
黒水晶「ルルのお鼻」を身に付けて作業してますから、変なのは入ってないと思いますよ。


nicoさんのところでカードを引いたら、まさにドンピシャの内容で驚きました。

Learning From Delight ~喜びからの学び~

あなたは今、喜びや楽しさの中で生きているということを学んでいます。
あなたは、古く、ハードで、苦痛を伴うやり方からではなく、むしろ楽しんで、感謝の気持ちを持ちつつ、人生の教訓を学んでいくという方向に転換しましたね。
あなたは学びの方法を苦しみから学ぶというやり方から、楽しみながら学ぶ方向へと切り替えているところです。
価値観が完全に変わるまでのしばらくの間は、この両方の様相から学んでいくことになるでしょう。


プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク