FC2ブログ

これをやったらどうなるか

2017.03.31.20:09

考えが浅いというか、考え無しというか、
またやらかしてしまったのであります。

これをやったらどうなるか
これがどんな影響を及ぼすか

分からないということは「我よし」を発揮してるということで、
一朝一夕には思考力・判断力が上がらないことを痛感しています。

何が? って、もうね、あらゆることがね。。


スポンサーサイト



嬉し嬉し

2017.03.31.17:54

着物を着たいと言う近所の高校生に、私が着ても似合わなかった着物をあげました。
ヤフオクで落札してみたものの、やっぱり似合わなかった~!という失敗を処理してもらいましたw

あと、太ったせいで、柄の位置が微妙になってしまった帯も。
胴回りを良い感じにするとお太鼓柄が出せず、お太鼓柄を優先すると、胴回りの柄がうまく出なくなってた。
痩せてたときはちゃんと締められたんですがねえ…(´-ω-`)

あげようと思った着物とうまくコーディネートできる帯だったので、まっ、いいか!
ついでに、ヤフオクでまとめ売りしてた、ピンク色の帯揚げと帯締めのセット、新品だったし、私には可愛過ぎて似合わないので、それもあげられました。
抱き合わせ販売してた別の帯揚げが欲しかっただけなので、あげたものは一度も使ったことがなかったのです。

寄せ集めだけどトータルコーディネートしてあげられました。
今から練習したら、お花見には着物姿で行けそうです。
やはり若いお嬢さんの着物姿は素敵です!(*´∇`*)
とても可愛く着こなしてくれて、着物たちも喜んでます。

それから、以前ifさんにいただいた「キモノ姫」のムック本もあげました。
ものすごく喜んでくれましたよ!
ifさん、ありがとう!

私は衣装ケースに空きができたし、友人は喜んでたし、お互いに嬉し嬉しとなりました。
友人のお母さんからは私はとバブが好みそうなお菓子を貰ったw

誰も困らず、やりたいことをしてみんなが喜んで、まさに嬉し嬉しの五次元世界だなあ。

ショータ君

2017.03.31.08:30

ウチのマンションに、小児マヒのショータ君がいます。
いつもお母さんが彼の車椅子を押してまして。
お母さんは45歳で、明るい人です。
マンションができた当初からの顔見知りなので、13年前から知ってます。

昨日久しぶりにマンション入り口で会いました。

よお、ショータ!久しぶり!
あーい!

ショータ君は、私が知る限りずっとこの姿です。
手足は細く、関節は変形してますが、割といつもご機嫌さんです。

ショータよ……キミさぁ…
(ニコニコ)
全然変わんないねえ!
あーい!(だろ?)
まさか、ショータは永遠に年取らないのか!?
イェー!(かもな!)
ちょいと、そのお肌を触らせておくれよ。いいかい?
フフーン♪(いいよ)
ギャーー!なんじゃこのトゥルントゥルンのお肌!
あーい!(いいだろ)
うらやましーー!
フフーン♪(だろ?)

そこでお母さんが40過ぎてからの体の変調(肥る・肌の乾燥・白髪・髪のボリュームダウン・疲れやすさ)について面白おかしく訴えるんですわ。
それにショータ君はダァーとかウキャキャとかあーいと絶妙なタイミングで合いの手を入れて突っ込む。
漫才みたいで面白いです。

ところでさ、ショータは何歳になったんだっけ?
私が知る限り、ショータはずっとこの見た目だけど?

ア!(オカン、教えてやってよ)
ショータ君の代わりにお母さんが答えます。
もうすぐ22歳よ。
ええっ!22!若者やんか!
フフーン♪(照れるぜ)

13年前に知り合ったとき、「この子は20歳まで生きられないかもしれないと言われてる」とお母さんが言ってたのですが、、
なんか、ショータ君は永遠に歳を取らないような気がしてきました。
日頃のご両親のケアが素晴らしいのはもちろんですが、ショータ君とお母さん(多分お父さんも)の、ひょうきんでネアカな性格が若さの秘訣かなと感じました。

日々明るく真剣に生きている人たちは、見た目も明るいです。
軽快な話し方とか、明るい色の服とかではなくて、周りの空気ごと明るく見えます。
明度が少し高いとでも言うか。
それは白内障よ、と白内障の手術をした人に言われましたが、よく分かりません。
最近私の目に老化らしい変化が起きてるので、見え方が以前と少し違ってきてます。
人によって明度が微妙に違うことがあり、不思議です。

これについては要観察なので、ここにメモしておきます。

ぼくが選んだ黒水晶

2017.03.30.05:19

ルルですよ。
昨夜ルル通信71号を発行したですよ。

ところで、ぼくの病気がわかる直前に、ぼくがヤフオクで母ちゃんに黒水晶ペンダントを選んであげたです。
候補の中で一番高いやつだったと母ちゃんは言ってたですが、ぼくが毎日している点滴一本よりも安いですよ!

こんなのです。カッコいいでしょう!





りかさんに鑑定していただいたですよ。


波動は高く、お二人との相性はめっちゃよいです。

邪気に対しての効果が大きいです。具体的には

ネガティブな感情がつくった負のエネルギーを出さない。他人からの悪意・恨み・妬みなどを跳ね返す。霊からの干渉を防ぐ。場からうける低次のエネルギーを跳ね返す。カルマを作ることを防ぐ、などです。


(中略)

このペンダントがバブさんも含めてお二人を守ることを察知してルルさんが選びました。ルルさんは大きく体調を崩してから、これからの時間がおまけであることが分かっており、自分の身体が消えた後、お二人を実質的に守るモノとしてこれを選びました。今までお二人の生長を見守り支えてきた自負があり、これから先は心配ないと感じています。お二人が低次なモノに負けない強さと思考力・判断力を得たこと、if さんや友人の存在、これまで家に集まってきた縁起物などが力になっていくと考えています。

ルルさんは長年連れ添った執事のようなジェントルマンですね。



ジェントルマン…!

さすが、りかさん、よく分かっていらっしゃるです。
ぼくジェントルマンです!

母ちゃんがボケボケですからね、ぼくおちおち死んでられないです。
だから黒水晶を見つけて、これだと思ったですよ。
ほら、ぼくいつも籤を踏んでますからね、野生の勘が働くですよ。


そうだ、ついでにぼくのことを少し書くです。
ぼく昨日動物病院で、プリンもバニラアイスも少しぐらいなら食べても良いと言われたですよ。
母ちゃんが冷蔵庫に「極プリン」と「ジャージー牛乳ソフトクリーム」を隠し持っているのを知ってるですからね、今日は食べてみようと思うですよ。



ではまたね!



ドクター・フー

2017.03.29.21:33

バブがエゲレスのドラマ「ドクター・フー」を見ています。

これ、面白いです。
随所に真実の仄めかしらしきものが散りばめられています。

タイムマシンの存在
ヨーロッパの王族にはシェイプシフターが多い
太古からレプティリアンが存在している
高度な文明を持つ地底人
目を合わせると意識を乗っ取る異星人
ヴェネツィアの貴族は水生宇宙人

真実にたどり着くのは、この世の常識の圏外にいる、一見バカ基地外に見える者。

こういうバカバカしい番組内で、まさか真実を語っているとは誰も思わないだろうとタカを括っているのでしょう。
エゲレスのびーびーしーは、よほど視聴者を小馬鹿にしてますねw

そう思いながら見てると、実に楽しいです。
そう思わずにみても、十分面白いけどね。

ウジャト(ホルスの目)を送られた方へ

2017.03.29.08:21

以前から何かのオマケや残念賞などで送っていたウジャト(ホルスの目)。



バブが大量購入したのを貰って送っていたわけですが、どなたに送ったのか全く覚えていませんw
今更という気もしますが、
悪いものだったらどーーしよーー!
と気になったので、りかさんに鑑定を依頼しました。
結果をお知らせしますね。


波動は高く、誰とでも相性はよいです。

強力なラッキーアイテムですが、ちょいと強引な所があり、半強制的に自己の内面を探ることになります。

つまり、自分に対して誤魔化しが利かなくなりますので、本心を自覚しないでいたら自覚するように促されます。素直に自分の気持ちを認められたら無難や小難で済みますが、中には大難となってしまうこともあります。ただ生長したいと考えている人たちなので、大難が起こる理由に気づかず大難を繰り返す人は少なそうです。

エンジェルナンバーの2のメッセージをもっています。『信じる心と勇気をもってください。あなたの祈りはまだ見えなくても、形になりつつあります。』

また、挫けそうな気持ちを奮い立たせてくれますので、凹んでも立ち直りが早くなります。

というのが基本であとは持ち主によって変化するようです。



というわけで、ウジャトを送られた皆さん、大丈夫ですよ!
これを選んだバブと似波長なのかと訊いてみると…

ホルスの目はたしかにバブさんと似波長です(笑

とのことですw
バブは誤魔化しが嫌いな、ちょっと融通の利かないところがありまして、気にいらない相手には全面戦争も辞さないオラつきぶりを発揮することもあります。
バブは自分と似たモノを選んだようですね。

ちなみに、ウジャトを送られた方は美人だと思います。
何故なら、バブは美人が好きだからです。

星の見え方

2017.03.29.07:47

ルルが大きく体調を崩してから、星の見え方が変わりました。
以前は八芒星の間に無数の光芒が見えていたのですが、今は下半分の光芒が長く伸び、光背付き十字架のように見えます。

見え方が変わっているのは目の状況のせいで一時的なものかもしれないと思い、冊子の申し込みを遅らせて観察していました。
しかし、光背付き十字架タイプで変わらなそうなので、昨夜冊子を申し込みました。

稀に光芒がぼやけて見えるときもあり、その時は天使が翼を広げているように思います。
どなたかがそう書いておられましたね。
たぶん、似たような感じに見えているのかなと思います。

ルルが体調を大きく崩してから私の意識が変わったので、星の見え方も変化したのでしょう。
星は自分を写す鏡のようで面白いです。




カロリーSlism

2017.03.28.07:53

栄養素の計算に便利。
人間のダイエット用サイトですが、ルルの食餌を計算するのに使ってます。
もしかすると、スマホ用のサイトかもしれない。(未確認)

カロリーSlism

これで算出した画面を獣医師に見せています。
手作り食はあまりオススメしない立場の獣医師だったのですが、ルルが頑としてドッグフードメーカーの療法食を食べず、手作り食にしてから目に見えて覇気が出てきたので、もうルルには療法食を勧められなくなりました。

昨日のルルの1日の食餌はこれ。


成分も計算してくれてありがたい!


貧血のルルに鉄分を補給しなくては…とか分かって便利。

ルルが気に入ったプリン
食欲不振のとき、唯一舐めてくれた。
食欲が戻ったらやめよう…


今のルル。
朝食後の日向ぼっこをしています。


毎日点滴に通ってますが、滅多に笑わない獣医師が笑顔になるほど、ルルは元気になってます。
と言っても、体の中は相変わらずボロボロ(腎不全→尿毒症・強度の貧血)なので、無理は禁物。
見た目に騙されてはいけない。

でも、瞳に強い光が戻っているんですよ。
ルルは日向ぼっこを満喫し、ごはんを楽しみにするようになってきました。
心配して下さっているみなさん、ありがとうございます。





ただ謝らせて優位性を示したいだけ

2017.03.27.07:59

私のせいでとばっちりを受けてしまった子供会の会計さんが、昨夜メールで色々書いてきまして。
動揺して気持ちが混乱して、ただ聞いて欲しいんだろうなと思いました。
子供に悪影響が出ると気の毒なので、母親の気持ちを慰撫するために聞いてました。
メールで。

どうやら、昨年度役員のママたちは今年度役員をただ謝らせて優位性を示したいだけのようです。

まるでサル山のマウンティングのようだな。
と思ったら、本当に「マウンティング女子」なる言葉が存在しているんですね。

言葉を作ると存在に力を与えることになると思うので、不味いとは思うけど、マスゴミのやることだからこんなモンなのでしょう。
未来ある子供を育てる女性たちを低次元な争いの世界に堕とし、日本の子供たちの心を狂わせる作戦なのかもしれない。

どうも女性が集まると、「相手より自分のほうが上」とアピールしたがる人が出てくるようです。
私、高校時代は女子クラス、短大も女子のみ、職場もほぼ女子しか居なかったのに、グループに所属せず単独行動してたからか、マウンティングされたなどの覚えがありません。
家で母親と付き合うのが大変で、学校の女子の相手どころではなかったし。

パンドラには事例がたくさん書いてあったので、女子グループは面倒だなと思ってましたが、実際に身近で聞いたのは初めてで。
いい年してまだそんなことしてるんだ…と少し呆れました。
小学生の時からずっと同じことを続けていて、それを不思議に思わない母親に育てられる子供たちが少し気の毒です。

なんらかの理由があってその親の元に生まれたと思うので、子供さんたちには是非とも頑張っていただきたいなと祈っています。

私の至らなさゆえ…

2017.03.26.18:54

昨日作成して配布した自治会総会の資料の、来年度予算案について、子供会の会計が烈しく突っ込まれたらしい。
突っ込んできたのは昨年度役員だった母親たちです。

来年の子供が減るから予算を減額するはずなのに、書類では減額出来てないと言う。

それは、昨日の資料作成後に「来年度は子供が減るから予算も減額します」と聞いたので、変更が間に合わなかっただけなんですよね。
だから総会のときに口頭で説明して、訂正箇所だけ別紙にコピーして配布すればいいやと思ってたんですがねえ。

どうも、昨年度役員にはこのユルい感じがお気に召さなかったのでしょう。

私たちは完璧にやったんだから、他の人もそうすべき。
私ならもっときちんとこうするのに、今年の役員は全然なってない。


という感じで突っ込まれたのかい?
と聞いてみたら、そうだと言う。

何が言いたいのかわからなかったし怖かった

とも言う。
てか、そういう半泣きのメールが来た。

気の毒に…(´-ω-`)
私の詰めの甘さのせいで、子供会の会計さんが突っ込まれてしまい、やり方や書類の書き方などをあげつらって吊し上げられてしまったようです。

何故、彼女らは書類を作成した私に直接言わないのか…
去年の役員交代の時、きちんと会って面識もあるし、部屋もメールも電話も知ってるはずなのに。


多分、私に直接言いにくいから、言いやすい子供会の会計さんに言ったんだろうなあ。

私がやったように他の人もすべき
私ならもっとうまくやる

という前年度役員らの意識は、「自分は正しく、善いことをしてきたし、努力してきた」という自負心や正義感から生じているのでしょうが、それを他人に強要するのは不味いですね。

突っ込まれた今年の役員は、何かのカルマを解消したのでしょうから、落ち込む必要は無いんですけど。
私に向けられるはずの、前年度役員らの怒りのような感情を引き受けさせてしまったのは、本当に気の毒でした。

しかし、一部の主婦は気が小さくて細かいんだなあ。。
突っ込んだ側も、突っ込まれて怯えてる側も。
子供会で付き合わざるを得ない人たちがいるのって、想像以上に面倒なんですね。

私の身代わりに突っ込まれた母親が凹まないよう、今後は全て私が引き受けるから心配しないようにと返事しておきました。

だって、全ては私の至らなさゆえのことだから。
思考力・判断力の乏しい私のせいで周りがとばっちりを受けてしまいました。
もう、ほんと、ごめんなさい。。

来週の総会で、前年度役員の母親たちがどんな吊し上げを私にしてくれるのか…魂のイベントみたいで、ちょっぴり楽しみだったりします。(ド変態の精神的M)

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク