FC2ブログ

2015年、ありがとう、さようなら。

2015.12.31.22:45

きょんにゃんの記事を見て、思わず笑ってしまった!

この占いによると、私の2015年は、

人生で最も 自信喪失



あ、当たってるやん!!

いやぁ、参りました。
いろいろと、マジで。

でも今振り返ってみると、こうして笑っていられる。
ありがたいなあ。。。

素晴らしく面白い体験ができた一年でした。
ありがとう!

スポンサーサイト



明日の着物

2015.12.31.22:01

お正月気分は全くありませんが
バブが神社にお礼参りに行くと言うので、
私も着物を着て行くことにします。

ifさんが見立てて下さった華やかな半襟を付けました。
素敵~ ifさんセンスいい!
ありがとうございます。


おめでたい感じだ~(*^^*)

帯は、前にもこの着物に合わせた袋帯。
帯揚げと帯締めは紅い絹で派手に。
バッグもおめでたい松!


羽織も花柄。可愛い~(*^^*)


ああ、着物大好き。楽しいな。
着物ちゃん、ありがとう!

インナーチャイルド探索に於ける、夢とヘミシンクの違い

2015.12.31.10:15

ふと思いついたので、覚え書き。


夢=インナーチャイルド目線。
インナーチャイルド自身が用意したフィールドの探索。
私はいきなり丸腰で放り込まれる。

ヘミシンク=私が準備をして、私目線で探索。
無意識のうちに武装している。


インナーチャイルド(トラウマ)を癒すためには
インナーチャイルドを自覚する必要があります。

いつ何処でどんな状況で発生したのか。

自分を守るために自分の内部は迷宮化しています。
それを一つずつカイタイしていきます。

現時点では、私はおそらく、
一度もヘミシンクでインナーチャイルド救済してません。
探索は何度も試みています。
でも、インナーチャイルドが自分から出てきたのは
夢を見たときだけでした。

しかし、何度もヘミシンクによる探索をしていなければ
インナーチャイルドは出てこなかったでしょう。
それぐらい警戒していたのです。
よほど酷い目に遭って、その理由が分からずに
言葉や絵で表現出来ず、隠れているより他無かったのです。

引っ張り出してくるなど、更に追い打ちをかけるだけで
更に迷宮が複雑怪奇になってしまいます。


見たものを自分で理詰めで分析(カイタイ)して、
隠れて見ているインナーチャイルドに語りかけるように、
大人目線の解説付きで追体験(サイコウセイ)するのが
今の私に出来ることだと分かりました。


他人にしてもらうヒーリングやセラピーで
インナーチャイルドを癒すなどまず無理ですね。
光の天使が現れて優しく包んでくれる?
「新しい依存先にご招待~」としか思えない。


怖くてたまりませんが、自分を取り戻すには
本気で自分一人でやるしかありません。

誰でも、本気になれば自分で出来ます。

私も、まだまだ本気出して行きますよー


大人目線で追体験

2015.12.31.07:09

2ちゃんの毒親スレを見ています。
母に怒られたり笑われたりして萎縮する小さな私を
しっかりと抱きしめながら見ています。

大人目線で追体験してみて、
自分が一方的に悪者にされていたこと、
搾取子、奴隷子にされていたことを理解して、
胸と喉のあたりが詰まったような感覚が
少しずつ薄れて行きます。

胸が潰れるような仕打ちを受けて胸のチャクラが詰まり、
言いたいことを言えず、言わせてもらえず、
喉のチャクラが詰まっていたのですねえ。

少しずつ溶かしていくしかありませんが、
たまに愛玩された記憶があるので、
インナーチャイルドは母に甘い幻想を抱いています。

母がたまに私を愛玩することは
単なるアクセサリー的な扱いだったのに、
たまの優しさが嬉しくてたまらなくて、
とてつもないご褒美のようで、
アワのタチだから割り切れないんですね。

だから理詰めで考えながら追体験することを
インナーチャイルドが納得するまで
根気良く続けてみます。


以前は毒親スレなんか見たら冷静さを保てませんでした。
我ながら、かなりの進歩。
手応えを実感しています。

これもカイタイとサイコウセイかな?

買い物行ってきた!

2015.12.30.18:33

100円ショップで豪快に千円分買い物したった!

可愛い絵柄のガムテープ、水玉模様の折り紙、マスキングテープ。
ああ、楽しかった。

でも、肝心のトランプ買い忘れた!
トランプ買いに行ったのにー

こういう「物忘れ」が増えたような気がする。。

オマケ画像。
頭隠して尻隠さず、お尻をストーブであぶる犬。
散歩の後はストーブが気持ちいいですね。

トランプで検証する方法

2015.12.29.18:19

自分で見た夢やヘミシンクの内容を記録して、
それを自分なりに解釈してみる。
ここまでは目下練習中です。

今日はその先が気になってきました。


これが正しいのか違ってるのか?

自分の解釈に自信がありません。

・思考力が無いため浅はかで見当違いな解釈をしているのでは?

・良からぬモノに幻影を見せられているかも?


ifさんにアドバイスを頂きました!

PANDORAでも記事になってましたが、
面倒がって、やってませんでした。
(怠け者の大馬鹿野郎)
それでも慈悲深く教えて下さいました!


自分で夢を解釈した結果が正しいか違うのかが分れば方法は何でもいい

トランプが良いと思う。

三枚引く。

赤=YES
黒=NO
と設定する。


赤が黒より多ければYESになる。
三枚全部赤ならYES!!



みんなもやってみよう。( ´ ▽ ` )ノ

私は、まずトランプを買ってこよう。。

先祖をお参りに行くが断られる夢

2015.12.29.09:17

全体的に薄暗い。
暑くもなく寒くもない。
春の夕方だろうか。
私は20歳ぐらい。
母親ほどの年齢の女性(母ではない)と二人で
神社かお寺に向かっている。
観光地の真ん中にある。

地図を見ている。川沿いに赤い鳥居マークが3つ。


三つ縦に並んだ赤い鳥居マークの、
現在私たちが居るのが一番下の鳥居。
でも、先祖にお供えを持って行くのは真ん中。
私は手ぶらだが、一緒に居る女性は手に包みを持っている。
菓子折かな?
落ち着いた黄色の風呂敷に包んである。

そう遠くないので歩いているとすぐ目的地に到着。
うっとりするような霞のたなびく川が見えていて、
幻想的な雰囲気で桜が咲いているようだ。
観光客が多く、皆ぼうっと桜を眺めたりして
私たちには気付かない。

落ち着いた朱色の柱に緑の屋根瓦の神社のような
寺院のような、どちらともつかない建築だった。
建物の階段を上がって中に入ろうとすると、
受付の女性に声をかけられた。

「拝観料を支払って頂きませんと」
「いえ、お供えを持ってきただけなんです」
「ご先祖にお参りをしたいので」

「中にお入り頂くには拝観料が必要です」
「前来たときは普通に入れましたけど」
「私がお預かりすることも出来ますよ」

受付の女性と私の連れの女性が話している最中にも
観光客はどんどん入って行く。
観光客は騒がしいし、お金を払って入るのもバカらしくて
私たちは受付の女性にお供え物を預け、建物を後にした。

帰り際に受け付けの女性はパンフレットを2部くれた。
A4判を三つ折りにしてあるカラー刷りの、
どこにでもよくあるタイプのものだ。
連れの女性は、要らないと言って私に2部くれた。
私も要らないと思った。

帰りは階段がなくなっていて下りられない。
近くにあった緑色の傘立てのようなものを足掛かりにして
何とか工夫して無事に建物から下りた。


地図の川ですが。
おそらく上が上流で、二本の川が合流するのだという感じ。

夢の中のキーワードから連想することを書いてみる。

ぼんやりした季節感と時間帯
私の認識がぼんやりしている。

穏やかな川が合流
①昨日人から聞いた夢の話がそのまま出てきた。
②バブの友人一家とお正月に下鴨神社で会う約束をしている。
(下鴨神社は二本の川に挟まれた三角地帯にある)

下流から上流に向かう。
①これも昨日人から聞いた夢の話と同じ。
②私が下鴨神社に行く時に通るルート。

観光客
見た目の派手さ煌びやかさ物珍しさに浮かれた
我よしの陶酔次元の人たち。

宗教施設
プレアデス社会。

母親ほどの年齢の女性
今の私のような気がする。
私が20歳の時、母親は38歳で、今の私(39)と変わらないので。

お供え物
先祖を大切に思う気持ち?
最近インナーチャイルド探索に関連して
自分のルーツを思うことがあり、
その続きで先祖のことなど思っていた。

観光地化された神社や寺院
昨今の金儲け主義の葬式仏教等の宗教の体たらく。
陶酔次元の観光客から金(エネルギー)を
搾取することしか頭に無いのだろう。
しかし観光客も進んで金を払い喜んでいる。

お供え物を預ける
宗教儀式や施設に頼らず自分でやるという意思。
昔は宗教もきちんと機能していたが、
今は必要なくなったということかも。

パンフレットはもう要らない
観光客は形に残る物質を集めて有り難がるが
私たちはもう興味が無い。
宗教の教義を受け入れる気も全く無い。

階段がなくなっている
宗教、プレアデス社会から抜け出すのは難しい。

緑色
自然、植物、葉緑素→光合成、平和的イメージ。
穏やかで自然な、他者と対立も闘争もしない植物的態度。
光を浴びて自らの力でエネルギーを作り出す。
受け身で何もしていないように見えるが独立した生命体。
一見地味で目立たない、オリオン存在。

工夫して建物を出る
知恵と体力、自分の持てる力を結集して
宗教施設(プレアデス社会)から脱出!
宗教施設側から見ると、下りて行くのは負け犬そのものw
(金さえあれば一つでも高く登りたいのに)

こんな感じかな。。。
今朝は悪夢でなく、スッキリした気分でした。

nico*さんのカード

2015.12.28.16:56

nico*さんのところでカードを引いてみた。

Island ~島~

これは文字通り、あなたが今、どこかの島にいるか、近々そうなるかもしれないというカードです。
また、島に行くような計画を立てているのかもしれません。
島のような隔絶されているような場所のこと。
一人ぼっちだったり、孤立感を感じたりすること。
日々の生活の喧騒から離れ、人里はなれた場所に行って、しばらくの間、離れ小島のような存在になりたいと願うこと。
すべての妨害をクリアにすること。



おお・・・当たっている。

最近の夢が自分探しというテーマなので
一人で探索するしか無いと覚悟を決めていたところ。
他の誰にも代わってもらえるわけがない、
自分で理詰めでトコトンやらなきゃ進めない。

でも、ちょくちょく皆さんからヒントもらってるけど!

最近夢が怖いから寝るのイヤになりそうだったんだけど
これもカイタイとサイコウセイの過程なのだとしたら
ヤル気が湧いてきましたよ=
がんばれ自分。

でりあさんの絵

2015.12.28.14:52

ルルと会話して描いて下さったでりあさんの絵。

背景の色がね、レモンイエローにピンクのコンビ、差し色に薄い緑。
素敵ですね!


これはルルの好みではないという話だったのですが、
部屋を観察してみたら、この色は必然です。

ルル用のマットが黄色。
犬用と言うには大型のラグマットです。
いつもルルが寝ている私の布団カバーがピンク。
枕代わりのクッションが薄い緑。

ルルが日頃慣れ親しんでいる色です。
色の配分も、部屋に占める面積の大きい順です。

でりあさん、凄い!

夢解き「迷宮の夢」

2015.12.28.06:26

悪夢っぽい「迷宮の夢」を自分なりに解いてみる。

1998年のカナダ映画「キューブ」を思わせる。
殺人的トラップは、内部には無かったが。

立方体(キューブ)で構成されトラップが張り巡らされた謎の迷宮に、突如放り込まれた男女6人の脱出劇を描く。「ワンセット物で登場する役者は7人」という低予算作品。終始張り詰めた緊張感の中で物語が進んでゆく。
(wikipediaより)

私が居た迷宮は、私自身の内部。
出会った、現在の私より若い私は、私のインナーチャイルド。
この設定、ものすごく分かりやすいw

アリスの扮装をした18歳頃の私だが、
高校生の頃、注釈付きの「不思議の国のアリス」を読んでいる。
物語が書かれた当時の時代背景や作者について
知識を得ながら物語も読める合理的な本で、
当時の私は気に入って3回ぐらい図書館で借りている。

また、18歳頃には元高校教師の大学院生から手紙を貰うなど
(当時は携帯が普及してなかった)
ロリコン教師に目を付けられていた時期でもあった。
「アリス」作者のルイス・キャロルもロリコンだし
自分とアリスを重ね合わせているところがある。

ウツ病をはっきり自覚したのも同じ頃であり、
ジサツ未遂をするなど、いろいろ病んでいたので
この年頃のインナーチャイルドが居てもおかしくない。

まず彼女と出会い、仲間になった。
これはインナーチャイルドを統合したと思う。

最初に統合したインナーチャイルドがおそらく最高齢で、
最後に生まれたインナーチャイルドだろう。

年齢を遡るようにインナーチャイルドを統合している。

仲間になったインナーチャイルドは3人。
3回のインナーチャイルド統合を果たしている。
もちろんこれは「自覚できている統合」である。

最後に出会った「赤頭巾」は、
母親の言いつけをよく守る従順な子供の私。
おそらく両親が離婚した頃の私だろう。
しかしその頃には「弱者を装った悪意」を既に持っていた。

これは、自分で信じたくない事実である。
だから夢の中で赤頭巾を一方的に問い詰めるという
対決の姿勢を取ってしまった。

適切な行動ではなかったと、目覚めてから思ったが、
「弱者を装った悪意」の存在を認めたこと、
それが形成された時期がわかったことは、
とりあえず一つ前進である。

「赤頭巾」を発見する前に
迷宮の外に出られそうな窓を見つけたが、
外には殺人的トラップが仕掛けられており、
見張りらしき魔法使いと魔女の姿を発見し、
脱出を諦めている。

しかし、これもよく考えると適切とは言い難い。
魔法使いらしき老人と、魔女らしき女を
見た目だけで判断してしまった。
まだ私自身は見た目、モノゴトの表面だけを見て
安易に判断・短絡する
ということだ。
自覚出来たので、今後の改善が期待される。

赤頭巾が連れていた粘土細工の犬が何なのか分からないが、
当時の私は母親の言いなりになることでしか
生きて行けないと思い込んでいたし実際そうだったため、
相当なストレスを抱えていたと思う。

犬は忠実な生き物なのだが、
それが攻撃されるのを黙って眺める赤頭巾は、
母親の言いなりになっている自分と犬を重ね合わせ、
犬が攻撃されることで、彼女が感じていた
自己嫌悪を表現しようとしていたと思う。

両親が離婚したのは6歳の頃だが、
その前の5歳の頃に、私は顔面神経麻痺を患っている。
2カ月ほど入院しているのだが、原因不明であった。
文字通り顔の神経が麻痺する病気で、
顔の半分だけが全く麻痺してしまい、
表情も何も作れなくなったのだ。
左右どちらが麻痺していたのか忘れてしまったが、
自分でもかなり不気味な顔だった。
半分はいつも無表情なのだから。

心が二つに分裂していたことが身体に出ていたのだ。
まだ自己嫌悪や心が分裂するなどの概念すら分からない子供で
身体に症状が表れていたのだろう。

また、子供時代は母親と潜在意識が繋がっているため、
母親が既に離婚を考えたり、心と裏腹な言動をしていたのが
私の身体を通して外部に表れていたのかもしれない。

原因は一つでは無さそうだが、
当時の私は顔面神経麻痺を発症し、
その頃にはかなり深い心の傷と分裂と自己嫌悪を
無自覚に抱えていたと考えられる。
また、病気になることで母親の関心を得ようとしたのだろう。
母親への不信感とそれを認めたくない気持ちも
おそらくあったに違いない。

赤頭巾の統合には失敗したが、
発見出来ただけでも前進としよう。


またしてもインナーチャイルド統合がテーマの夢だったが
ヘミシンクでインナーチャイルド統合ばかりやってるから
夢で続きをしても不思議ではない。

ヘミシンクでは心理的にヤバくなると
ルルが強制的に中断しに来るのだが、
今回の夢も、ルルが強制的に起こしに来た。

赤頭巾をメタメタに攻撃しそうなほど
対決の姿勢を取っていたから、
「それは違うですよ」と教えてくれたのだろう。
賢い犬だ。

ヘミシンクで続きをやってみたいですが、
バブの冬休みが終わるまでは無理だ。。。



プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク