FC2ブログ

蕎麦屋の夢

2019.03.03.09:27

義両親とポン太さんと甥が飛行機に乗って旅行に出かけるのを空港まで見送りに行く夢を見ました。

空港に到着して、お蕎麦屋さんで軽く食事しようということになりました。
ところが、お蕎麦屋さんは営業開始前。
あと10分ほど待てば良いのですが、義母が途中で見つけた店で買い物をしたくなったと言い、私にポン太さんを預けてどこかに行ってしまいました。

甥は義母について行き、義父は蕎麦屋の前の椅子に腰かけて待っています。
私はポン太さんの赤いリードを持って立っていました。

すると、義父の隣に見知らぬ白髪の爺が座りました。
義父と同年代の70代半ばのように見えます。
そいつは馴れ馴れしく私にタメ口で話しかけてきました。
義父は相変わらず空気です。

私はいちいち相手をするのが面倒くさいので「はあ」とか「へえ」とか、気の無い返事しかしませんでしたが、この爺いはポン太さんのリードを持っている私を、同じ飛行機に乗って出かけるツアーの添乗員だと勝手に勘違いしている模様。

するとそこに蕎麦の屋台と共に甥が現れました。


そうでした、忘れてました、義両親とポン太さんのツアーは添乗員無しの格安ツアーだったのでした。
だから食事はセルフサービスなのでした。

義両親と甥は自分のお蕎麦を盛り付け始めています。
私はただの見送りなので、ポン太さんと待っています。
さすがにポン太さんは犬なので、蕎麦はちょっと。

すると、私を添乗員だと思い込んでいる爺いが私に言いました。

「おい、客が待っているんだからさっさと用意しろ。添乗員のくせに気が利かないな!」

私はブチ切れましたが、ポン太さんに大きな声を聞かせたくないなと思いました。
ポン太さんは繊細な柴犬なのです。
そこで私は爺いの側にツカツカと歩いて行き、耳元で声を低くして言いました。

「おい、ボケ老人。世話を焼いて欲しかったら金出して添乗員付きの高級ツアーに行けや。私は客の家族や。勝手に勘違いしといて初対面の他人に命令すんな。誰がケチでセコい爺いの世話なんか焼くんじゃ。自分のメシの用意ぐらい自分でせえ。何様のつもりやねん、クソボケ老人。」

爺いは言い返されるとは思っていなかったようでショックを受けたらしく、呆気に取られてフガフガと言語不明瞭なことを口走り始めました。
怒りのあまり、脳の血管ブチ切れたんでしょうか。

(そのままタヒね。)
と腹立たしく思ったところで目が覚めました。


夢の中でさえも言葉遣いと想念が悪い私……orz


昨日、こんな記事を見つけたんです。

ワンちゃんと同じ飛行機の客室に乗って行ける沖縄旅行。
https://www.traicy.com/20190228-JLwanwan

それで早速夢に見たというわけ。

ポン太さんは故犬ですが、私はまだ栗坊のイメージよりもポン太さんのイメージを強く持っているのだと思います。

ポン太さんとの付き合いは16年だったし、最期は「ポン太さん」という犬格を認識していました。
栗坊は、まだ「その他大勢の子犬」なんです。
「栗坊」という独立した犬格を、私が認識出来ていません。

おそらくその差で、栗坊ではなくポン太さんが出てきたのでしょう。

あと、空港はあの世とこの世の狭間のような場所の象徴として、ポン太さんが(いつも見ているよ)と伝えたくて登場したのかも。

義父が空気なのは普段通り。

義母は好き放題やってるのも普段通り。

甥が蕎麦の屋台と共に現れたのは、最近甥のことを考えていたのと、甥は自分で自分の食事の世話ぐらい出来るだろうと私が安心しているせいかも。

馴れ馴れしい爺いは私が最も嫌いなタイプの人間の象徴。
他人に高圧的なくせに依存しているため、実際には一人では何も出来ない人で、自分の食事の用意すら出来ない。
ただ高圧的に奥さんとか息子の嫁に命令するだけ。

その辺の爺いに対する腹立たしさを夢でぶちまけた感じでしょうか。
目覚めたときはすっきりしてました。


蕎麦ですが、いつか江戸の蕎麦を食べてみたいなと思っていました。
滋賀では古くから伊吹山で蕎麦を栽培して幕府に献上していたらしく、美味しいお蕎麦屋さんもあります。
でも、関西と江戸では違うと言うじゃありませんか。
その違いを体験してみたいのです。

美味しいと感じるかどうかは別です。
私の好みではないかもしれないけれど、(これが江戸前の蕎麦なんだね)と分かりたいのです。


この夢では、言いたいことは言うし、やりたいことも遠慮なくやるつもりでいるという、私の現状を見せられました。
目覚めが爽快だったので、きっとうまくいきます。

スポンサーサイト

ルルの夢

2019.02.24.08:07

今朝、また同じルルを飼っている夢を見ました。
リアルタイムの現在の私が、大人になっている同じルルをまた飼っていることになっています。
一度死んでると認識しつつも、同じルルです。

ルルはお腹を見せて甘えています。
私はルルのお腹や頭を撫でながら、以前もそうしていたように
モフモフモフモフ、ルーリーちゃん♪
可愛い、賢い、ルーリーちゃん♪

とニタニタしながら話しかけています。


ルルは「ウーーン」と伸びをして姿勢を変え、じっと私の目を見ています。
そこで私はルルに話しかけます。

「ルルちゃん、明日、お風呂、入る?」

ルルはちょっと嫌そうな顔になりましたが、逃げ出したりせず、そのまま撫でさせてくれたのでした。
そして私も、(よく見たら汚れてないし、お風呂はまた今度でいいか)と思い直したのでした。


昨日風呂掃除をしていたら、浴槽についた傷が目につきました。
ルルが爪で引っ掻いた傷跡です。
掃除をしながら
この傷跡さえも可愛いなあ♪
と思っていました。


だからせっかく来てくれたルルに
「お風呂入る?」
なんて言ってしまったんだろうなあ……orz


ルルは単語を理解していました。
単語を丁寧に区切りながら話すと、一所懸命考えるんです。
ルルが考え始めると、ルルの頭がかなり熱くなりました。
実際に脳に血が集まってフル稼働していたんですね。

ルルには色々な特技がありましたが、安眠目覚まし機能は凄かったです。

「明日、5時に、起こしてね」
「明日、5時、起きる」


ルルの目が(わかった)と言うまでゆっくり繰り返します。
3回頼んでダメならしばらく時間を置いてから。
ルルが目を逸らさずに聞き、頷くような目をしたらセット完了です。
ルルの気分次第でセット出来ない日もありますw

セットできた日は、ルルはちゃんと5時前後に冷たく湿った鼻先で顔をつついて起こしてくれました。

しかも、添い寝してくれると、安眠作用が凄いのです。

バブはスマートウォッチを着けて寝て睡眠サイクルを記録していたのですが、ルルの添い寝の有る無しで、バブの睡眠の安定度と深さが違いました。
ルルの添い寝有りの日は急速に深い眠りに就き、睡眠時間が短くても疲労感が残りませんでした。

ルルが眠り始めると、近くにいる人間も眠くなりました。
大学生だった従姉妹が来たときは、ルルとよく寝落ちしていました。


そんな凄いルルですが、否定形を理解できませんでした。

ある夜、バブが
「明日は休みだから、起こさなくていいよ」
と言い聞かせていました。
ルルはじっと聞いていました。
でも、理解していませんでした。
私はそれを知りつつ、放置しました。

翌朝5時頃、バブの寝室から
「ひゃぁーーー!」
と聞こえてきまして、ルルが意気揚々とした足取りで私に報告しに来ました。
任務を遂行したですから、褒めてくださいです
と言うのです。
つまりご飯の催促です。

これを無視するとルルは任務を放棄し始めるので、その都度きちんと褒めてやりました。


「起こさなくていいって言ったのに、なんでー?」

その場合、「明日は7時に起こしてね」とでも頼めば良かったのです。

と言っても、ルルの空腹の限界は8時頃でした。
それまでにはご飯の催促で起こしに来ます。
休日の朝はいつもこんな調子でした。


ルルが宇宙に帰還してからというもの、休日の朝は起きられなくなりました。

でも、今朝は6時半にルルの夢で目が覚めました。
ルルは宇宙犬になっても、ちゃんと居てくれているんですね。
ルルちゃん、ありがとう!

思春期に過ごした町の夢

2019.02.16.08:53

Lykeionの課題準備でこれまでの人生を振り返っています。
その影響か、最近の夢は少し奇妙な感じです。

思春期から過ごし、就職した町がほぼ毎日出てきます。
母と共依存関係にあった時期に過ごしていた町です。

夢の中で私はその町である程度大人の姿になっています。
でも、身柄を拘束されそうになるとか、閉じ込められるとか、不自由な状況に陥ります。
しかし私はそれを深刻にならずに何とか切り抜け、最終的に脱出しています。

今朝はこんな夢を見ました。


【バスの夢】
弟(だと思ってる男子高校生)と一緒に路線バスに乗っている。
当時の自宅最寄りのバス停のいくつか手前で降りることにしていたので、弟が先に降りた。
ところが私は小銭の持ち合わせが無く、千円札を両替しようとした。
すると、二人の乗客に割り込まれて順番待ちをさせられてしまった。
それでも私は冷静に待っていた。
その間にバスのドアが閉められ、私は閉じ込められたような気分になり、少し不安になった。
弟は「んじゃ、俺先に行くから!」と行ってしまった。
私は「ここで降りますから!!」と宣言して、バスを発車させたら暴れてやろうと自分を奮い立たせた。

運転手は私にいろいろと話しかけてきて、私を降ろすまいとしているように思えた。
料金は800円台だったので、(高いな)と思いながらも「料金を確認して下さい!」と言いながら、両手に山盛りになるほどの小銭を運転手に渡した。
すると運転手は数えるのを面倒くさがって料金箱に小銭を入れ、自動計測させた。

すると4円多かった。
運転手はお釣りの代わりに(バスの料金箱はお釣りが出ない)地元銀行で使える金券だと言いながら、ただのチラシを切っただけの紙切れを10円分私に恩着せがましく手渡してドアを開けた。

私はバスから降りて、自分の足で歩き始めた。
すると近くに弟がいて、「何やっててん、トロいなw」と言い、お釣りだと言われた紙切れを見て「セコいな~」と呆れていた。

《解釈》
バスの運転手は、母親だと思う。
同じ路線をぐるぐる回っているだけなのだが、その間だけは乗客を支配している。
また、母は地元でしか大きな顔が出来ないことも表している。
子供時代に母が私と弟を支配していたことの表れだと思う。

弟と思われる高校生が先にバスを降りたのは、
弟は高校卒業してすぐに就職して一人暮らしを始めたことを表している。
私だけ閉じ込められ、かなり高い料金を払わされたのは、
就職後もしばらく搾取子として支配されていたことを表している。

運転手が手渡した小銭を数えるのを面倒くさがったのは、そのまま母の性格を表している。
彼女は人前で小銭をいちいち数えることを貧乏臭いと思って見下しているところがあった。
そのくせドケチで、その自己矛盾を全く自覚していない。

支払った料金が4円多かったため、バスを降ろさざるを得なくなったのは、
私を支援する存在があったことを示している。
それに対してただの紙切れで10円分のお釣りを渡してきたのは、
十分な援助をしたという母の心情を示している。
しかしチラシを切っただけの紙切れであり、実体のないハリボテだということは誰の目にも明らかであることを表している。

私がわざとたくさんの小銭を手渡して運転手を煙に巻いたことは、
実際に母から逃亡するとき、見栄っ張りな母の体面を保つよう煙に巻いて、表立って争わないよう行動すれば成功したことを表している。

運転手がお釣りの代わりに渡した紙切れは、
母が思っている十分な援助は、私にとっては何の価値もないものだということの表れ。


PANDORAに出会う前のことです。

搾取子の私を手放したくなかった母の意図が私の友人にバレたことで、結果的に私を救出する外部の支援を引き出すことになりました。

当時の私は病んで正常な判断力を失っていたし、母も私を手放すまいと感情的になっていました。
ウツ病で退職した私を、母は窓の無い部屋に監禁したんですね。
その間に私の靴を捨てて逃げられないようにもしていました。
母の再婚相手はこの件に関しては空気で、私が監禁されていても平然としていました。

当時の私はそれを異常だと感じないほどに病んでいました。

突然私と連絡が取れなくなったことで元同僚と友人が異変に気付き、連携して私を着の身着のままで脱出させてくれたことがあります。
ウツ病の薬を飲んでいたので、その頃の記憶はかなり曖昧なのですが、何となく覚えています。
それ以降、母と単独で会うことは避けています。

私は(もっとうまくやれれば良かった)と心の底で思っているのでしょう。
だから自力で脱出する夢を繰り返し見ているのだと思います。

元同僚と当時の友人はその後結婚して遠方に引っ越したので、自然と疎遠になりました。
そういう縁だったということでしょうが、今もたまに思い出して感謝しています。

昼寝で会食の夢

2019.01.23.14:47

眠くてたまらなくなり、昼寝したらこんな夢を見た。

ifさんの家(だと思っている)に30人ほど集まり、会食をすることになった。
和室に座卓をズラーッと並べ、座布団を置いていく。
(イメージ)


壁面はすべて本棚で、古い本から新しい本まで様々。
部屋は明るく開放感がある。
来る予定の半分ぐらいしか到着していなかったが、準備も出来たので来てる人だけで先に始めることになった。

私はifさんの真向かいに座っていたが、お箸が無かったので、隣にいた人が取りに行ってくれた。
ところが、持ってきてくれたものはお箸サイズのほうきとちりとりのセットだった。
(イメージ)


いくらなんでもこれでは食べられないので、私がお箸を探しに行くと、「ここに割り箸がたくさんあるから持って行くといいよ」と別のテーブルで話し込んでいるグループが分けてくれた。

割り箸を持って席に戻ると、自分たちの母親の話になっていた。
みんなの毒母の話を聞きながら割り箸を配ると、中に極端に短い割り箸が混ざっていた。
私は思わず「うわっ、短っw」と笑いながらそれを使い始めた。
そして、私の母はこんなことがあると明らかに不機嫌になって八つ当たりし、私のせいだと怒り続けたという話をすると、周りからも
「うちも」「何でも子供のせいにされた」と声が上がった。

それを聞いていたifさんは
「そんなんじゃ、生きてて楽しくないだろうにねえ」
と言い、誰かが
「いや、他人の粗探しが楽しみなんです」
「人をサゲて自分はちゃんとやってる、と言いたい」
と声が上がる。
私はそこで、母についてこう話した。

「私の母はおばあちゃん子で、物心つく前から何でも思い通りになってきたので、何かに直面しても自分で考えて解決する力が育ってない。
だから不都合や不便に対してイライラするし、思い通りにならないことに遭遇するとパニックになる。
もしかすると、本人は辛いのかもしれない。
でもプライドが高いので辛いことを怒りでしか表現できないし、癇癪を起こせば周りが何とかしてくれた幼児期の体験をそのまま繰り返しているだけなんだと思う。
本物の幼児だった頃から変わってない。
魂の年齢も幼児期だし、余計にそこから抜け出せないのかも。
だからって、今更助けてあげたりはしないけど、けっこう可哀想な人に思えてきたw」

そこに料理が運ばれてきた。
ifさんは私に見たことのない食べ物を勧めてくれた。

「そっち(関西)ではこういうの食べないでしょ? 美味しいから、ホラ、食べてごらんよ」

私の反応を面白がっているようにも見える。
周りには、その食べ物を知ってる人と知らない人と興味が無い人がいた。

何かよく分からないが、箸をつけた。
さあ食べよう!

……としたところで目が覚めてしまった。

なんだろう、気になる……( ;´・ω・`)


宴席の和室は、以前にも夢で見たことのある部屋だった。
明るい和室で、壁面が全て本棚。
私がifさんに対して抱いているイメージが部屋になると、こうなのかもしれない。

この宴席は昼のように思えた。

見たことのない食べ物は、私がまだ獲得していない境地の象徴。
その境地に達した人には美味しいものであるらしい。
まだ到達していない私には未知のもの。
食べる前に目覚めたのは、これから自力でその境地に到達しなければならないから。
食べようと箸をつけたのは、楽観的な見方をすると、その境地に手が届きそうなところまで来ているからかもしれない。

夢で母親について感情的にならず淡々と話していたので、かなり気持ちの上で解決したことが分かった。
魂の年齢という概念のおかげだし、それがミについてきているという確認のようにも取れた。

お箸サイズのほうきとちりとりを持って来てくれた人のことはよく分からないが、
「善かれ」と思って行動しても、それがズレているという意味だろう。
私はうっかりやらかしがちなので、よくよく考えて行動しなさいよ、と夢が教えてくれたと思う。


私が使っていた短い割り箸は、「感受性」のようなものかも。
ものを掴むには不便な箸は、感受性が低く物事をうまく掴み切れない私の波動を表しているかもしれない。

割り箸を分けてもらったのは、物事をとらえる道具を分けてもらったことだと思う。
冊子などで「魂の年齢」とか様々な情報、自分で考えるためのヒントや道具を分けてもらっていることに相当すると思う。

使いこなすのは自分次第、道具を洗練させるのもこれから。
まだまだ、なにもかもこれから、でも早めに行動しなさいよ、ってことかな。

新人研修を受ける夢

2019.01.14.08:12

ある人間の監視を目的とする仕事に配属され、新たに寮生活を始める夢をみました。

先輩は私に言いました。
今日からこの部屋の住人に気付かれないないように同居して、対象者を観察するのがお前の仕事だ。
あの、気付かれないように同居って、どうやるんですか?
それに、不法侵入じゃないですか。

お前なあ……(呆)
我々には人権なんか無いから当然不法侵入にもならんということぐらい分からんのか?
大抵の人間には我々の姿は見えないが、霊感の強い人間と子供にさえ気をつけてたら平気だろ。

え、何それ、私幽霊ってことですか?
ハア?そんなモン居るわけねーだろ。

先輩は「進撃の巨人」のリヴァイ兵長っぽい雰囲気。
質問したら睨まれた。怖い。

今日だけ特別に手本を見せてやる。
ついて来い。


壁抜けした先輩について行こうとしたら壁に激突してポルターガイストを起こしてしまった。

安いと思ったら、ここ事故物件?
オラァ!出て来いや!


対象者チョー怖い。
電話で霊感女召喚し始めるし。
なんでそんな知り合いがいるのよ。

一旦離脱しようと思って先輩に倣って飛んでみたら、勢いが付き過ぎて止まれない。

わーーー!どうやって飛ぶんですか?!
慣れろ!

上の階の子供が窓からこっちを指差して見てるし。

あー、上の住人、見えてるな。お前だけ。
えーー、なんで私だけ?
お前な、さっきから『私、私』ってうるせえんだよ。
そんだけ自己主張したら目立つに決まってるだろ。


ひいぃ!!

なんかめっちゃしごかれた。
ああ、疲れた。夢でよかった。
人間を監視する仕事の夢を見たのは、アメリカに潜入してるソ連スパイと、スパイを取り締まるFBI捜査官のドラマを見たせいでしょう。

それにしても、リヴァイ似の先輩が言ってたことは正しい。
私は我が強い ので。


プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク