FC2ブログ

ついでにルル通信について

2017.11.28.16:59

ルル通信に肯定的なメッセージが来ていることが分かったものの、私はまだ疑っているので、更に今後の心構えについて、石に訊いてみました。

「家族・友人」のカーネリアンは、開放的な心を持つよう告げています。
あたかも家族であるかのように、誰でも気楽に振る舞えるように、ルル通信という場を作りなさいということです。

「精神」「隠された資質」のローズクォーツは、変化を恐れず、将来のために変わることを促しています。
その際は私の資質を利用するようにと告げています。

「自己」のアクアマリンは、私が率先して行動するよう、でも焦らなくて良いと言っています。
私が書かなきゃ始めらないので当たり前ですが、発行することを目的にしなくても良いということです。
自分が楽しい気分になれたら発行すれば良い。

「協力」「奉仕」のアメジストは、適切なパートナーを選び、より大きな目的に応え、人のために尽くせと告げています。
やはりルル通信の中身を充実させることが求められているようです。

「協力」のトルマリンは、困ったら見識のある助言を求めるよう言っています。

まとめると、私のペースで楽しくやればいいけど、より大きな目的・人のためになることを書けと言ってます。
しかもマンネリ禁止。
困ったら読者に助けてもらえ、と。
ということは、ネタに詰まったら原稿を募集したらいいんですねw


ルル通信、出すたびにいつもこうやって自己鑑定しています。
その時によって方法はいろいろで、トランプとかネットのタロット一枚引きとか。
クリスタル占いのメッセージが一番しっくり来ます。
私は「こうあってほしい」「これは無いだろ」と思ってしまいやすいのでロッド鑑定は無理っぽい。

こんな体たらくでも自分を信じて生きていくより他無いんですが、自分が一番危なっかしい。

でも、腕利きのロッド鑑定士さんが何人もいるので、自己鑑定があまりに良すぎるとか変なことになったら鑑定依頼してみます。

今のところ「自分しだい。人に尽くせ」系のメッセージばかり来てるので、まだ大丈夫だろうと甘っちょろいことを考えています。

スポンサーサイト



クリスタル占いを買いました

2017.11.13.22:44

かねてより興味のあったクリスタル占いをアマゾンのマーケットプレイスで買いました。
中古は石に念が入ってると思われて敬遠されるのか、激安でした。
送料込みで500円。ラッキー!
石なんて、手元に来るまでにどれだけの人の手を経由してるか考えたら、念入りまくりだと思うのですよ。
アホらしく思えるので、細かいことは考えないことにしました。

でも、ちょっとだけ考えてみました。
経由した人と所有していた人は違うだろうとも思う。。
そこで、「あなたがたは今から私の石ですよ」と設定することにしました。
石ひとつひとつを手に取って歓迎の意を表明して話しかけ、日光浴と月光浴させて(一昼夜窓際に放置してただけ)、今日は朝から香をくぐらせ(隣で沈香の線香とかいろいろ焚いただけ)、いろんな人から貰った縁起物や石と一緒に置いておいたのであります。
新しい石は先に私に馴染んでいる石と一緒にしておいて、鉱物同士で話してもらうことにしたわけです。

まあ馴染んだかなと思ったので、早速石に訊いてみました。
質問は買う前から決まっていました。


【質問】今ルルの魂は私の近くにいますか?



【答え】まあYES(×一個)

×アメジスト=危険=今は試されている、焦らずじっくり考えよ
アクアマリン=奉仕&協力=飛躍するチャンス。協力関係はそのままに。将来役立つ
カーネリアン=奉仕=仲間に加わり、分かち合う
ローズクォーツ=活動=旅に出る、別な生き方に気付く
トルマリン=隠された資質=予期せぬことが抜群のタイミングで起きる。誰かが、何かが、人生に飛び込んでくる

石を読んでみると、ルルからのメッセージでした。

今の母ちゃんは、生身のぼくが居なくて寂しいと思っているです。でも、それは一時的な魂の勉強ですよ。(アメジスト)
凹んで魂の戦に負けず、ぼくとの繋がりを思い出してくださいです。(アクアマリン)
ぼくはみんな繋がってる魂の世界にいるです。ここで学んだことを、ルル通信で皆さんに伝えようとしてるです。(カーネリアン)
今ぼくは楽しくあちこち旅をしてるです。(ローズクォーツ)
そしていつか、予想もつかない抜群のタイミングで、ぼくは母ちゃんに会いに行くですよ!(トルマリン)


クリスタル占いは、質問した以上のことを教えてくれました。
ルルの魂は今も変わらず居るけど、いつかまた生身の体のルルに会えるときが来るようです。
次はどんな姿になるのかな(o^^o)
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク