FC2ブログ

サインを出したです。

2019.02.03.11:32

ルルですよ。
今日はパンケーキとイチゴをお供えしてもらったですよ。
ぼくの大好物です!

ぼくが香りとエネルギーを食べたあとは、父ちゃんと母ちゃんが半分ずつ食べるです。
ぼくのお下がりを食べるとご利益があるですよ。
本当かどうかはぼく分かりませんが、父ちゃんと母ちゃんは信じているです。


昨日、ぼくは母ちゃんにネットを通して
「パンケーキが食べたいです」
とメッセージを送ったです。
どうやってメッセージを送ったかというと、ニトリのフライパンの広告を表示して見せたです。

これは公式サイトのものですが、ぼくは小さな広告を出したですよ。
それを見て気付いてくれたです。

ズボラな母ちゃんですが、ぼくが催促したらすぐ作ってくれるです。
分かりやすいサインを出せてよかったなあと思うですよ。

ではまたね!

スポンサーサイト

ルルの足音

2019.01.28.08:10

昨日、バブはルルの足音を聞いたと言いました。
数回聞こえたらしい。

ルルちゃん、何か言いたいことがあるのかな?

冷蔵庫を開けたらイチゴが入ってました。
そうだ、一昨日買っておいたんだっけ。
すぐに洗ってお供えしました。

イチゴをおねだりした光のルルなのでした。


新しい頭が欲しいです

2019.01.01.11:35

ルルですよ。
あけましておめでとうです。
ぼく初詣に来たです。
光の犬になってからは行きたいところにいつでも行けるから面白いですよ。
今年もよろしくです!

2年ぶりの下鴨神社ですよ。


今朝は空いてたです。


焚き火の前で樽酒を飲んだです。


良いお天気だったですね。


河合神社は美人の神社ですよ。


絵馬が面白いです。


御所を通り抜けたら紅梅が咲いてたです。


桜も咲いてたです。


みかんも成ってるです!


護王神社ですよ。


狛犬ではなく、狛猪さんの神社です。
今年は亥年だから大人気で大勢の人が詰めかけていたですよ!

ではまたね!


帰り道、地下鉄を降りたところでルルのブローチが無くなっていることに気がつきました。
どこかで落としてしまったようです。
ブローチのクリップは壊れてなかったのに不思議です。

ルルブローチが無くなってバブは泣きましたが、私は、清潔好きのルルは新しい頭が欲しかったのではないかなと思いました。
健康だった頃のルルは、週に一度はお風呂場に自分で入って行って
「洗ってくださいです」
とアピールしていたからです。

↓ ルルの入浴


去年、ぽんぽんブローチとあちこちに行きました。
落としたりもして、汚れました。
でも、ぽんぽんは洗うことが出来ません。
ルルは自分の似姿が薄汚れて毛玉だらけになっていくのが嫌だったのかもしれません。
ルルは清潔好きのジェントルマンだから。

今日わざわざ消えてしまったということは、本当はルル、新しい頭で新年を迎えたかったのかもしれませんね。
今年は仕方がありませんが、これからのお正月は新しい頭で初詣に行くことにしましょう。

ルルちゃん、ズボラな母ちゃんでごめんね。
今からルルの今年の頭を作ることにしましょう。


奉仕の心

2018.12.23.12:35

ルルですよ。
ぼくたちペット動物には奉仕の心があるです。
飼い主と特別な絆を作って、飼い主に終生尽くすです。

ペット動物が一度飼い主と認識すると、その情報を上書き修正するのがとても難しいです。
だから終生同じ飼い主に飼われることが望ましいです。


父ちゃんのジッジが栗坊を衝動買いしたですが、今では唯一無二の栗坊になって大切にされてるです。
コタツの真ん中はバッバの特等席だったですが、今では栗坊が我が物顔です。

栗坊は老夫婦の癒しと和み担当です。
老夫婦にとっては初の室内犬ですから、老夫婦は栗坊のための環境整備をしているつもりで家の修理や家具の整理をしているです。
でも実際は栗坊が老人の身じまいを援助しているですよ。

父ちゃんの妹の家の茶太郎も、ペットショップで売れ残っているのを偶々見つけて、可哀想に思われて衝動買いされてやって来たです。
最初は人間に怯えて荒ぶっていたそうですが、今では落ち着いて人間と目を合わせることが出来るようになったです。

茶太郎は父ちゃんの妹一家の優しい慈悲の心を育てているです。
茶太郎が来る前の一家は、優等生礼賛のちょっと上から目線なところがあったですからね、あまり優等生ではない茶太郎が一家をかき回して、一家の精神を鍛えているです。
難しい役割ですが、茶太郎は頑張っているですね。

地球人類の魂が向上するために、ぼくたち動物は全力で奉仕しているです。
その辺を歩いている動物を見かけたら、応援してくださいです。
ぼくたちは飼い主に褒められることが一番嬉しいです。
飼い主と一緒に何かするのが大好きですよ。

ではまたね!



生身のからだ

2018.12.19.14:00

ルルですよ。
ぼく生身ではもう居ないですよ。
でもいつもいるですよ。

だけど、生身の身体があるほうが
地球で生きてる実感があるですね。

だから、生身の身体があるうちに
生身だからやれることや
やってみたいことを
どんどん体験してみるといいですよ。

そこで葛藤があったとしても
それも体験ですよ。
心の体験、頭の体験、身体の体験、
すべて魂的には同じようなものですよ。

葛藤を避けようとするあまり
やらない理由を並べるとか
葛藤を押し切ってやらかすとか
どっちも体験です。

生身のほうが
その件でより真剣になれるです。
ぼくはそこが大切だと考えるです。


ぼく犬ですから、
痛みに対しては我慢強かったです。
寒さにも強いほうだったです。
でも暖かいのが好きだったですよ。
ぼく犬だから散歩が短いのは承服しかねるです。

滋賀県南部の雪は湿って重いです。
歩き回ると毛に雪玉が絡み付いて凍ったです。

それでも雪は楽しかったですよ。
懲りずに歩いたです。


雪の散歩から帰ったら洗面所で足湯をして
母ちゃんが足を炙っているところに割り込むです。


プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク