FC2ブログ

桃の枝で遊んでみた

2019.03.16.05:01

単なる思いつきで、かなりふざけているのですが……

最近チャイコフスキーとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を好んで聞き比べていると書きました。

興が乗ってくると桃の枝で指揮者ごっこをやるんです。

メンデルスゾーンなんか、最終章は曲が盛り上がってハッピーな感じにクライマックスを迎えながら終演なんです。
桃の指揮棒を振り回してノリノリです。
楽しいし、めっちゃスッキリします♪

多分、部屋の魔物も逃げて行くんとちがうかな。
楽しく空間浄化もできて一石二鳥。なーんてね。

スポンサーサイト

クロスステッチ

2019.03.14.06:58

昨日ドイツから荷物が届きました。

バブのヤツめ、また何か買ったな。

バブが帰宅して開封しているのを見ていると……



クロスステッチの刺繍キットでした。
ドイツ製なのかと思ったら、ロシアの刺繍キットメーカーのものでした。

なるほど。
言われてみると、陰影の付け方がロマン主義的。

飼い主を見上げているであろう犬の視線と目の輝き、尻尾の立ち具合から、この犬は好物のおやつかお気に入りのおもちゃに注目しています。
今にも飛び上がりそうになるのを我慢してヨダレを垂らさんばかりの勢いで飼い主と好物を交互に見つめて目が潤んでいます。
後脚は縮んでいるが完全にお座りしているわけではなく、尻尾も緊張していることから「ヨシ!」と言われるや否や飛び上がってやるぞとスタンバイしていることが伺えます。
毛は長めに整えられており、飼い主の手入れが完璧に行き届いて大切にされていることが分かります。
ランダムに流れた毛先は、この犬が健康で活発であることを物語っています。

犬のひたむきさと飼い主への信頼が静かな躍動感と共に見事に表現された、微笑ましくも格調高い逸品。

バブちゃん作れへんけど、あやにゃんやったら作れると思って買ったよ!(・∀・)ニヤニヤ

この赤い首輪の部分を青で作ったらルルちゃんになると思わへん?


昨夜から刺繍キットを見える所に飾り、目に入る度に
わあ!可愛い!!
と叫んでいるバブであります。

この刺繍キット、数年前から目を付けていたそうです。
結構高いが価格の変動も激しく、バブは価格の推移をずっと観察していたらしい。
そして先日、過去最低価格になっていたところをポチっと。

王魂は適材適所を心得た仕事をさせるのがうまいですね。
それはそうとして、偏執狂的な執念深さ。
当初のモチベーションが何年も持続するなんて、飽き性な私から見ると頭おかしいです。

それから「ロマン主義的」って書いたけど、ロマン主義が何なのか分かってません。
ロシアっぽいと思って適当に思いつきで書きました。
(ペテン師の賢者魂より)


頭の中

2018.01.01.17:39

「人を表す色のイメージ」が話題になっていることから連想したことを、思いつくままにダラダラ書きます。


頭の中がどうなってるか?
というのは、人によってかなり違うのだということが改めて分かりました。

私は、ふわっとした感覚と映像や画像多めになっています。
夢を見ているかのような曖昧な動画や静止画の断片が散らかっています。
それらに、たまに音もついています。
頭の中にショートフィルムや写真がとっ散らかってるごちゃごちゃの映画館みたいな感じ。

思っていることを言語化するとなると、ありありとした映像で再生が始まるので、つい説明が長くなります。


きょんにゃんさんをイメージする色を説明するのだって、色見本だけポンと出せば良いものを、ついアレコレ説明したくなって長くなりました。
色に関連していろいろくっついて来るものが多過ぎる。

私が物事を整序できないのは、コレが原因の1つですね。

それから、表現したいものを一発で「コレ!」と説明するためには、やはり知識が必要です。
しかしながら、私には知識と素養が圧倒的に不足しています。

色々な方面の素養があれば、頭の中の画像に近い適格な具体例を挙げることも簡単になるかもしれません。
魂の役割が表現の軸なのに、知識と素養が足りないせいでうまく表現出来ません。

なお、私の頭の中が映画館になっていることと、私が賢者魂であることは、全く無関係だと思われます。


私が何か考えごとをしているときは映画の中に入っているのと同じなので、音楽を聴きながら頭を使うことが出来ません。
音楽を聴きながら勉強するとか集中するなど不可能です。
その音楽の背景を想像してしまうからです。
だから、いつも音楽がある環境だと必要以上に疲れてしまいます。

ルル通信を書くときに音楽が鳴っていると、何も書けません。

他人と会話するときに音楽があると、音楽か会話のどちらかが必ず抜け落ちます。
特に歌が入っていると、人の声に気を取られてしまって会話に身が入りません。
うっかり壺を買わされたりするかもしれないので、歌が流れている環境ではお金を使わないよう気をつけますw

バブはいつも音楽がある環境を好むので、私とは全く異なる脳内環境で生きているのだろうなと思っています。
音楽があっても精神活動や頭脳活動に影響を受けないらしいです。
私からすれば、不思議です。


しかし例外もありまして。。
私が一人で何かの手作業をするときは、音楽があっても平気です。

音楽を聴かないように無意識のうちに聴覚をシャットダウンしているようで、聴覚に使う分のエネルギーを他に回している感じがします。

長丁場になる作業のときは、飽きない程度に馴染みの無い音楽をかけていたりします。
本気で集中したときは、何も聴こえていません。
鼻歌が出ても、、、それは単なる反射なので、ちゃんと聴いてないんですよ。

こんな状態の私に話しかけると、、
私は生返事しておきながら記憶に残っていないため、、あとで揉めます。
音楽がある環境でも、似たようなことが起こります。
どちらかにしか集中出来ないのです。

しかし、音楽好きな人は多いですね。
頭の中でいろいろ混ざりすぎて疲れないんでしょうか。
いくつも同時に処理できるのでしょうか。

私の頭はスペックの低いパソコンみたいで、音楽を処理しながら他のことが出来ないので大変です。





きょんにゃんさんの色のイメージ

2017.12.31.20:15

さっきコメントでリクエストがあったのできょんにゃんさんの色を見本帳から探してみました。

言葉で表現すると、透明感のある淡いグリーンです。
これより淡い色のガラスを想像すると、近い。
アイスグリーン


あと、淡い黄色。この色のガラスみたいなの。
ライムライト


ちょっとピンクも。
フラミンゴピンク


上記の色を淡くしてガラスになってるみたいなのが、きょんにゃんさんの色イメージです。
個人的な感覚なので、分かりづらいかもしれないけど。。


こういう色味で…
(ベネチアングラスのブレスレット?)


(ベネチアンビーズのアクセサリー)


こんな色ガラスっぽい感じで…
(ベネチアングラスのピアス)


ついでに形が付くとこうで…
(ベネチアングラスの水差し)


或いはこんな姿で…


あれ、「色」からどんどん離れてきた。。

私は、いつもふわっとした「感じ」で生きているので、こうして画像の力も借りないと、頭の中のイメージを他人に伝えることが難しいです。

勉強になりました。
質問してくれてありがとうございました(о´∀`о)

色のイメージ

2017.12.31.11:36

ぐれんで話題になっている「色のイメージ」ですが、私も独自にそういうイメージを持っています。
その人の好みや似合うかどうかには全く関係が無いので、まるで役に立たない私の勝手な思い込みでもあります。

身近なところでは、我が夫のバブ。
彼は緑色と黄色が大好きで、財布や名刺入れなどの小物は緑ばかりです。

ところが私が思うバブのイメージカラーは濃いピンク色なのです。
これが最も近いかな。
躑躅色(つつじいろ)


こんな具合で、私がバブの仕事服を選んでいるのでピンクのネクタイやピンクのシャツが増え、バブもピンクを好んで着ることが増えました。
最初は「ピンクなんて!」と、本人も周りも思っていたようですが、、、

バブがピンクの服を着るようになってしばらく経った頃から、少しずつ会社で仕事を任されることが増えました。
おかげで残業と出張が増えて忙しくなりましたが、バブが采配を振るって計画を進めることが出来る機会も増えてきたので、精神的ストレスは減っています。

今では、バブが采配を振るいたいとか発言権を大きくしたい日はピンクを身に付けて行ってます。
すごくデキる人に見られるそうで、なんかうまく行くらしい。
それで妬まれることも増えてますが、バブは媚びてなあなあにしないので、敵味方がはっきり分かって便利らしい。


20年来の友人のイメージは、昔から紫です。
ただし、本人が好きなのは、黄色と緑。
(あれ、今気付いたけどバブと同じだ…)
この色が一番近い。ロイヤルパープル


この人は昔、
「狩りに行ってくる」
と言って出かけた先でイケメンの旦那さんを捕獲した女です。
捕獲された旦那さんのイメージは緑。
forestgreen


この緑こそ、彼女の好きな色なのです。
(好きな色の人を選んだのだな)と思いました。

バブもこの色が好きなので、バブも旦那さんのことを気に入ってます。
この旦那さん、偶然にもバブと同じ誕生日で1つ年下ということが分かり、何か縁を感じるというのもあるかもしれません。


仲良くしてる従姉妹のイメージは、ふわっとした黄色。
でも、この色は彼女にはあまり似合わないw
クリームイエロー


色は一色だけではなく、人によっては何色も思い浮かびます。
特に理由は無いがなんとなく思っていたことです。


バブにイメージの色を使ってみたら仕事がうまく行くようになったので(敵も増えたが味方も増えたけど)、何かあるのかもしれません。
しかし、何も無いかもしれない。

私は日々の暮らしが面白ければいいし、彩り豊かなほうが好きなので、こんなことを無責任に思っているのが楽しいです。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク