FC2ブログ

義母とカタログ

2019.07.28.07:40

祈りの言葉(長い方)を一回だけ唱えてからOFさんの高級食パンの記事を見ました。
それで(義母さんは食パン好きだったな)と思い出しました。
バブ実家に行く前にちょっと寄り道して高級食パンを買って持って行きました。
すると義母さん「わあ、これ欲しかったの!」と大喜び。
「お礼にこれあげる」と、引き出物のカタログを貰いました。
そのカタログには高級コシヒカリが載っていたので、バブと私はお米をもらうことにしましたとさ。
やったー!


これの構造……

ううう……

嬉し嬉しの神に祈りの言葉が通じてすべて嬉し嬉しになるよう整えてくれた。

では陶酔次元だからダメだ……


嬉し嬉しの神がいた。
共に嬉しがる仲間を増やしたいと考えた神は、人間に祈りの言葉を教えた。
素直に祈りの言葉を唱えた人間が嬉し嬉しの仲間になった。
神は喜び、言葉を唱えた人間の願望が実現し、嬉し嬉しの世が少し広がった。
その人間は共に嬉しがる仲間を増やそうと考えて他の人間に祈りの言葉を教えた。
祈りの言葉を知ったifさんが冊子で祈りの言葉を紹介し、祈りの言葉を唱える人間が増えた。
神は喜び、みんなの願望を叶えまくった。
嬉し嬉しの世がまた少し広がった。


うーーん、これもやや陶酔かも。


祈りの言葉を音読すると、その人自身が潜在意識にアクセスしやすい状態になる。
それは周辺の人にも若干の影響をもたらす。
脳波は電波であり、人間は振動している生き物だから、言葉を唱えた人の肉体の境界を越えて伝播する。
潜在意識下で共鳴した周辺の人に届く。
祈りの言葉を唱えた人物の願望を実現させる行動を無意識のうちに無理なく自然に取る。


ううーーん、、なんか違う。


目に見えないだけで、単なるビリヤードみたいな連鎖的な反応のように思えるんですが、言葉で説明するのが難しいです。

祈りの言葉を唱えた人はビリヤードのプレイヤーのようなイメージです。
ただ、どの球にどの角度で当ててやろうとか狙ってないだけ。

……これも見当違いかもしれない。
ぼちぼち考えます。

スポンサーサイト



祈りの言葉(短い方)効果絶大

2019.07.22.05:36

冊子ORION三/シーズン 9/43で紹介されていた祈りの言葉を唱えてみました。
短いほうです。

そしたら義母から高島ちぢみの服を貰いました。
滋賀県高島市で古くから作られている綿布で、凹凸のある涼しい素材です。

つい先週、バブに「滋賀の産業らしいし、涼しそうな高島ちぢみの服なら欲しいなあ」と話していたところでした。
私は暑がりの汗かきなので、涼しい服が欲しくなったのです。

でも、栗のことで忙しかったので話したことをすっかり忘れてまして、バブに指摘されて願望実現に気が付きました。

義母さんは私が高島ちぢみに興味を持っていたことは全く知らずにプレゼントしてくれました。
多分、栗坊を預かっている間に芸を仕込んでおいたお礼でしょう。

あまりにも早く、私が言った通りになったので、祈りの言葉の効果かもしれないなと思いました。

高島ちぢみ、涼しいです。
義母さん、ありがとう!

義実家の旅行

2019.05.03.07:34

バブ実家から戻りました。
戻ったその日の夜、義母から電話がかかってきました。
栗坊をウチで預かって欲しいという依頼です。

ふと思いついたのですが、これはルルが栗の旅行を手配したような気がします。

もっと散歩したい。
でも、ジイとバアは何処にも連れて行ってくれない。
バブとあやにゃんが来た日はたくさん散歩できる。
もっと散歩したい。



では、ぼくの家に来るといいです。
ぼくのオススメ散歩コースがあるです。
ジイとバアにはお出かけしてもらうです。



義母「来月行くつもりで旅行会社に電話してみたら、今月末に偶々キャンセルが出たとかで、早く行きたいから何も考えずにそれで予約したの。そしたら、ジイも同じ日に老人会の旅行!」

義父は老人会の旅行、義母は伯母さんと旅行、そして栗坊は我が家に修学旅行w
全く同じ日に、家族それぞれ別の場所への旅行が決まりました。
乗り物や旅行の手配が得意な光のルル、義母さんの突然の思いつきにも対応できるところを見せてくれました。

ぼくは生身の頃からお出かけ大好きですからね、光の犬になった今は、お出かけの手配ぐらい朝飯前ですよ。
みんなそれぞれ丁度良い旅行になるです。


ルルちゃん、すごいね!

ということは、栗坊が来る前に片付けと掃除をしなくては。
前にいつ掃除機をかけたか、記憶に無い……

母ちゃん、たまには掃除ぐらいして下さいです。
ルルに掃除させられるんだな…( ;´・ω・`)

正直な気持ち

2019.03.30.07:38

太極拳教室の仲間に、お土産のお菓子を渡しました。
いつも何かしら貰ってるので、お礼の意味もありました。
そしたら犬友達でもある奥さんが

あらやだ、太るじゃないの~~(笑

と言い、他の人も何となく同意しました。
お菓子は受け取ってくださったのですが、太ることを気にしている人にお菓子をお土産にするなんて、配慮が足りなかったなと反省しました。

私の気持ちを汲んで受け取ってくれたけど、次はこんな気を遣わせないよう、私もお土産なんて余計な気を遣わないことにしようと考えたのでした。

全然、嫌味とか感じなかったので、正直な気持ちをすんなり言ってくれたんだなと思っています。
15年も付き合いがあるし、お互い警戒していないのが分かるので。

こういう身近で些細な、深く考えたことが無かったことでも身軽になってきました。
これも新地球かも。

すぐに答えがやってくる

2019.01.15.06:44

先日バブがこんなことを言いました。
手の小さい人用の小さいピアノって、無いねえ?
なんで?作ればいいのに。

持ち運び出来ない楽器だからじゃね?
ふうん?

それから3日ほど経った今朝……
時報代わりに見ていた報道番組にピアノ調律師が登場。
ピアニストの要望に合わせて微調整する様子が映りました。

一流のピアニストは手が小さいとか言い訳しないんだねえ。

どうやらバブは納得した模様。更に……

知りたいと思ってたら、ルルちゃんが映像用意してくれた!

バブは上機嫌で出勤しました。
ルルちゃん、ありがとう(o^^o)

プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク