FC2ブログ

インディアンの前世~【ヘミシンク】賢い羊の死

2016.07.20.19:50

名前ばかりいくつも知りたがる私にインディアンの老人はしかめっ面をした。
すると老人の鷹が私の眉間目掛けて飛んで来た!

わあーーっ!!

思わず目を閉じると、静かになった。
あれ?鷹は?
恐る恐る目を開けると、鷹は老人の側の止まり木か木箱の上に居る。
いつの間にか空には青い満月が高く昇っている。
オオカミの遠吠えが微かに聞こえてくる。


老人は微笑んで私の両手を取った。
何故か私は泣きそうになる。

すると、川らしき水辺が見えてきた。何故か(ミシシッピ川?)と思う。
夜明けかな、靄が立ち込めている。

さっきまで目の前に居た老人と鷹とバッファローが居ない。焚き火もなくなっている。

振り向くと、朝靄の木立の中に、左肩に鷹を止まらせた老人が立っている。
いつの間にか私が川辺に移動していたようだ。

再び顔を前に向けると、石がゴロゴロした河原に立っている。
前方にお下げ髪の少女が見える。

この画像をもっと薄ぼんやりさせた雰囲気が近い。

(画像参照元はこちら

しばらく立っていると、靄の中から何か大きなものが現れた。
船だろうか。よく分からない。
何故か(フランス人が乗っている)と思った。
アメリカインディアンを見ているはずなのに変だなと思ったが、そのままぼんやり眺めていた。

すると、何か破裂するような音がして、私の胸に焼けるような刺激が突き刺さった。
銃撃されたようだ。
私は近くにいる少女の姿を見ながらゆっくりとその場に倒れた。
すぐに少女も倒れた。
目の前にいくつもの足が現れ、私は蹴られて仰向けにされた。
青い目の白人が私を踏みつけて、今度は至近距離で頭を撃ち抜かれた。
白人は赤と青と白の服か何かを身につけているように思ったが、よく見えなかった。

私はそこで死んだ。

あの少女に、私は思いを寄せていたのかもしれない。
結局、言えないまま死んでしまったようだが。
彼女を守れなかったこと、自分の気持ちを伝えなかったことが心残りな気がしてきた。


再び目を開けると、また元の焚き火の側に居た。
穏やかな満月の夜だ。
ホワイトセージを焚いている匂いがする…ような気がする。

今のは私ですか?

老人は答える代わりにこう言った。

復讐は何も生み出さない、「怒れる熊」よ。
「怒れる熊」。それも私ですか?

老人は黙って頷いた。
私は撃ち殺された少女のことを考えてみた。
彼女とは話したことが無かったような気がする。
あまり話さない私を気遣うようにそれとなく近くにいて、水を汲んだり洗濯をしたり、何となく私の視界に入ってくる少女だった。
何という名前だろう。
「朝の光」とか「輝く黄色の花」みたいなものが思い浮かんだ。

しかしこれ以上考えようとすると(記録を書き直している今もだが)、喉と胸が詰まったような体感がしてくる。
今はこれ以上見えないようになっているらしい。
見たら平静を保っていられないほど辛い記憶なのかもしれない。

老人は言った。

もう行きなさい。

また来なさい。


ありがとうございます。

老人はにっこり微笑んだ。

(ヘミシンク終わり。)

約30分のヘミシンクでした。
イメージがはっきりせず、記録を取るのに手間取りましたが、かろうじてこれだけ書き留めました。


次はこれをロッドで検証してみたいと思います。
先入観を排除するため、自分で盲検鑑定をしてみます。

ミシシッピ川にフランス人が来たというのが本当なのか全く分かりませんが、何故かフランス人だと思ってしまいました。
わけがわかりません。
アメリカには全く興味が持てなくて、今まで考えもしませんでした。

考えるきっかけを下さったifさん、ありがとうございます。


これを書いている今、綺麗な満月が昇ってきました。
今日は満月ですね。
スポンサーサイト



インディアンの前世~【ヘミシンク】コインの精霊

2016.07.20.09:17

ガイドに支援要請をしてヘミシンクでコインを見てみる。

2016年7月19日 18:35 CD:メディテーション

ヘッドホンを装着、ルルのイチゴハウスの隣に置いた座椅子にもたれ、膝の上にノートを広げ、右手に3色ボールペンを持ち、左手にインディアンコインを握ってスタート。
目を開いている状態では何も始まらなかったので、目を閉じてみた。

すると、暗闇に小さな焚き火が見えてきた。


その傍らにコインに刻印されている男性が座っているのが何となく見えてきた。
近付いて行くと、男性は老人で、彼の後ろには小山のようなバッファローが静かに座っている。
バッファローと老人の瞳に焚き火が映っていて、まるで目が光っているように見える。
バッファローは牛よりもかなり大きくて少し驚いたけれど、すぐに慣れた。


老人のすぐ近くには大きな鷹が居た。
鷹は老人に懐いている。


私はこの老人と動物たちをコインの精霊だと思った。

来て下さってありがとうございます。
コインが私の手元に来たことに対して感謝した。
老人は微笑んでいる。

私はあやにゃんと言います。
知っているよ。

ifさんにもらった「あなただけの絵」の「風」を思い出した。
おみくじは「中世」と「アメリカ」だった。
老人は私の頭の中が見えているようにこう言った。

すべては今につながり、すべてに意味がある。
私はかつてインディアンでしたか。
何度も。
私は男でしたか、女でしたか。
いずれも。「水辺の葦」よ。
「水辺の葦」。それは私の名前ですか。

老人はにっこり笑った。
すると、長い髪をお下げにした少女の姿がぼんやりと思い浮かんだ。中学時代の私に似ている気がする。
名前は生まれたときに付けられたものを一生使うわけではなく、途中で変わったりしたようだ。

今のは私ですか。
そうだ、「風と話す者」よ。

「風と話す者」というのも、私のようだ。「風と話す水辺の葦」が、さっきぼんやりと見えた少女の名前なのだろうか。
あまり人と話さず、風と話しているかのように空想に耽る夢見がちな少女だったようだ。
どうも、ぼんやり妄想に耽るアホだったのは、前から変わっていないらしい。

私はもっと人と話すことを学ぶべきなんですね。

老人は何も言わず、ただ微笑んでいる。

「オオカミと話す者」よ。

突然ここで3色ボールペンがパチンと戻ってしまい、記録を再開すべくボールペンを適当にノックしたら「オオカミと話す者」以降赤インクで書くことになってしまった。
しかしこういう偶然も必然なので、ここで別の前世に切り替わったことにして、このまま続きを書くことにした。

「オオカミと話す者」だった私も、人とあまり積極的に交わらず、自然や動物と仲が良かったらしいイメージが湧いてきた。

他にもありますか?

欲張って名前ばかりいくつも聞いてみたくなった。
すると、老人はしかめっ面になった。そして老人は鷹と顔を見合わせた。何か相談でもしているかのように。

何だろうと思ってぼんやり見ていたら、突然鷹がこっちに向かってきた。私の眉間目がけて真っ直ぐに。
ビー玉みたいな眼がまっすぐに私を見ていた。獲物認定された!


わあーーっ!!

(続く)



余談ですが、この記事をupした直後、plaisirさんから前の記事にコメントを貰いました。
それによると、彼女のインディアン名には「オオカミ」が入っているとのことです。
私が本当に「オオカミと話す者」だったということを、このシンクロが裏付けています。

こんな感じでやってます。

2015.12.23.07:28

私のヘミシンクは9割以上がインナーチャイルド探索です。
自分探しばかりやってる痛い人ですが、
やると必ず心が軽くなるので同じことを繰り返してます。

自分で気が付いていない心のブロックを見せて。

などとガイドやハイアーセルフにお願いしています。
ガイドって、ハイアーセルフって誰?
という状態ですが、伝わってると信じてやります。
このあたり、かなりアバウトですが、
どうせ自分の内部だけの話だし、
誰かに迷惑掛けるわけでもなく自己完結するので
細かいことはあまり気にせずやります。

私は記憶力に自信が無いのでCDを聞きながら記録します。
こんな感じになります。


まずは日付と時間、使用したCD。
このヘミシンクの目的。

3色ボールペンを使っています。
は肉体的反応。肉体がある世界での出来事。
時間も記録しておきます。
エンジェルナンバーとか、何かのシンクロかもしれないので
一見無意味に思える数字でもとりあえず書いておきます。
ルルの動きとか、涙が出たとか、お腹が鳴ったとか
そういう細かいことも書いておきます。

はCDを聞きながら思い浮かぶ光景や思ったこと、
ふと心に浮かんだこと、思い出したことなど、
心に起きたことを書いています。
つまりこれがメインの記録です。

黒は頭で考えたこと、調べたりした動かし難い事実など
頭で作業したことを書いています。

が、これらを厳密にキチッと分けているわけではありません。
(これは青で書くべきか、黒で書くべきか?)
などと細かいことに神経質になり過ぎると
思い浮かんだものがボヤけてしまうので、
細かいことは気にせず記録優先でガシガシ書きます。

インナーチャイルド探索なので、
幼少期の嫌~な思い出とか、忘れたいことがバンバン出てきて、
(幼稚園でお漏らしして恥ずかしかったとか、色々)
それらを直視するのが困難な場合は、
登場人物が現在の身近な人に置き換わったりしてます。
象徴的な何か別のものに置き換わっていたりもして、
意味が分からないモノが見えていることもあります。

大半は意味が分かりません。

黒いエプロンの保母さんが瞑目して座っていて
その周りで帽子を被った園児たちが
無言で地面にお絵描きをしている。


とか、全く意味が分かりません。
そういう断片的な、
静止画みたいな光景が思い浮かんだりもします。
それらも全て取りこぼしの無いように丁寧に記録します。
忘れてしまったら仕方ないので、深追いはしません。
でも、興味を引かれるものについては、
踏み込んでみたりもします。

近づいて行くとか、「もっと分かりやすい感じでお願いします」とか
誰かに向かって言ったりしてます。

夢解きと同じように、
出てくる人はみんな自分だぐらいに思っています。
違っていても、後で見直したら何となく分かる場合もあるし、
とりあえず自分の一部とか記憶だと思っておいて、
登場した人を一方的に嫌悪しないよう気をつけてますw

やった後で内容を振り返ることが最も大切です。
「こんなん見えた~」で終わってしまったらもったいない。
夢事典などは使わず、夢解きみたいにやってます。
吐き気を催すぐらい嫌悪感を覚えるものを見ることが多いですが、
多分それは私の心の闇なのだろうと思っています。

後で振り返ると、
私の中にあるものなのだからそんなに嫌悪しなくてもいいか。
とか思えてくるから不思議です。


個別にヘミシンクどーやってるのか質問があったので、
今の私なりのやってることを書きました。
が。私よりもマサトさんに質問なさると確実だと思いますよ♪

百聞は一見に如かず

2015.11.28.08:33

昨日の記事「母から逃げる夢 インナーチャイルド救済」から
ヘミシンクの可能性について考えてみました。


・ヘミシンクも夢も同じ

・すべては「今、ここ」にある


マサトさんがおっしゃったこれらのことを
ずっと考えていたけれど、体感して初めて分かりました。
確かにその通りだとしか言いようがありません。


ヘミシンクを始めて間もない頃、
私は自分自身のインナーチャイルド救済を試みていました。
それらは大した成果があったように思えなかったのですが、
それでも一度はインナーチャイルドに接近したかもしれません。

そのヘミシンクで、確かに私とガイドは
私の潜在意識の海にブイを置いたのでしょう。
具体的に「海でブイを設置した」というヴィジョンは見てませんが
インナーチャイルド側へ「近くに来た」という印象を与えたのです。

私の心の中(魂の世界)で、
11歳の頃から隠れ潜んでいたインナーチャイルドは、
初心者ヘミシンカーである私とガイドを
「30代の夫婦」として知覚したのでしょう。

そして昨日は夢で、同じポイントに向かうことが出来ました。

私自身としては、ヘミシンクは過去にやってます。
夢は昨日見ています。
時間に、かなりの開きがあります。

ところがインナーチャイルド側にしてみれば、
ヘミシンカーである私と、夢で父の姿を借りた私を
同時に、別人として知覚していたようなのです。
その一部始終を淡々と観察しているだけの
視点だけの私も存在していました。

インナーチャイルドを含めて登場人物はすべて私ですが、
それぞれ別の時間から来ている私です。

11歳の、インナーチャイルドが誕生した瞬間に
違う時間帯から私とガイドが集結したと思います。

過去も現在も同時に有りました。
つまり、すべては「今、ここ」にありました。


インナーチャイルド救済と同じ要領で、
前世のトラウマを癒すことも可能だろうと思います。
しかも、やった回数だけ、
救済に向かう仲間を増やすのと同じ効果が期待できます。
直接的な分かりやすい救済ではなくても、
目印を置いてくることは可能です。

しかも、それはすべて同時に起きます。
何度も同じポイントにアクセスすることになると、
肉体感覚では「何度も行ってる」わけですが、
魂の世界では「同時に何人も来る」ということです。

少なくとも、昨日の夢によるインナーチャイルド救済は
結果的にそうなりました。

だから、諦めずに何度もやれば良いと思いました。
一度や二度での成功を期待しすぎる必要もありません。
いつかは、必ず成功することが分かりました。


今ここで肉体を持っている私には
時間の経過が情け容赦無く感じられますが、
魂の世界にはそんなものありませんでした。

体積体験で得た知識や知恵は
強力な武器となってくれました。
それと、自分自身が生きる喜びを
体積体験から感じることも大切だと思いました。
生きる喜びは、折れた心や傷ついた心を癒す力となりました。

目覚めている間は、生きる喜びを感じる活動をして、
自分自身を高めて行くこと。

これが魂の統合につながって行くのだと、
改めて認識しました。

ヘミシンクはそれを能動的に出来るのですね。
マサトさんの言葉が、ようやく実感出来ました。
百聞は一見に如かずです。

これは、興味深いことになりました。
今後の課題は、
・「我」を減らしていく
・見たまんまの記録を詳細に取る
・知識を得る(知らないものを記録するのは難しい)

久しぶりのヘミシンク「オリエンテーション」

2015.11.10.09:50

2015年11月10日 07:33~
「オリエンテーション」

【目的】ガイドに会う

丸太舟? カヌーのようなものに乗っている。
静かなもやのかかった湖面か穏やかな川を
スーッとゆっくり進んでいる。
ルルがきちんとお座りしている後ろ姿が見える。
舟の舳先の方に、きちんと座っている。

現実世界で、ルルが膝に飛び付いてきて中断。
椅子から床に降りて、座椅子に座り直す。
ルルは落ち着いた様子で、私の傍らに寝そべった。

そのままヴィジョン再開。
カヌーのような舟がもう少し大きくなり、
エジプトのファルーカのようなヨットになった。


ヴィジョン変わる

老舗の日本料理店か寿司屋のような暖簾が見える。
「閼伽井棚」という漢字が見えたような気がするが、
「カケイダナはもうダメだ」と誰かが話している声がする。
声の主は見えない。
どうやらその店の名前が「カケイダナ」というようだ。
老舗の暖簾に胡座をかいて努力を怠り、
落ちぶれたのだ。
味の分かる本物の客は離れ、
知名度に群がる阿呆が高い金を払う。
払った金額の高さを競い合っている客と
知名度を鼻に掛ける店は
魂の品格が地に堕ちていることに全く気付いていない。
しかしそれもお終いだ。


ナレーションが入り、CDが終わった。
ありがとうございました。
===================

前半、舟の場面から始まったが、
これからの旅は自分次第であるというメッセージだと思った。
きちんとお座りしているルルがガイドなのだろう。
彼はブレない犬なのだ。

後半の「カケイダナ」だが、こんな言葉が本当にあるのだろうか。

「筧・懸樋」なら知っているが。

徒然草に
木の葉にうづもるる筧の雫ならでは 
つゆとおとなふものなし

という一文がある。

第十一段の一節なのだが、
人里離れた風情のある庵の住人の
因業な一面を垣間見て(想像して)
ちょっとガッカリした、という話である。

私は「筧」という言葉はこの話以外では聞いたことが無い。
しかもこれ自体、中学の教科書に載ってた話で、
それ以来ずっと忘れていたのだ。

閼伽棚は、お寺などの屋外にある
お供えをする棚のことだよね。
宗教もじきに終わるということかもしれない。
喜ばしいことだ。


「カケイダナ」が気になったので検索してみたら、
表干家某流で使う茶道具らしいことがわかった。

いくつかのブログに行き当たり、チラッと読んでみたのだが、
「珍しいお道具を使用する我がお流こそが最高」という意識と
お着物やお道具の自慢と珍しいことをしている特別感、
選民意識の塊みたいな所に出くわしてしまった。

我こそは上級市民で上流階級で上品で高級で・・・
プレアデス世界の頂点を極めたい人たちの集まりだったw
そして自分がお師匠様にいかに目をかけられているかを
仲間内で自慢しあい、牽制しあっているのだった。

カケイダナは「火刑だな」。
「火刑棚」かもしれないな。

プレアデス世界はもう火刑だな。

それと「師を無闇に崇め奉らぬように」との注意かもしれない。


ヴィジョンはたったこれだけですが、
読み取るものが多すぎます~~
やっぱりヘミシンクは奥が深くて面白いな。
プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク