FC2ブログ

えべっさんの飴

2019.01.20.13:33

和歌山から「のし飴」が来ました。
通称「えべっさんの飴」です。
「えべっさん」というのは、恵比寿さまのことです。
和歌山では十日戎の時だけ販売される縁起物の飴があるそうで、「えべっさんの飴」というんですね。
紅白のシマシマの先がクルっと丸まっています。
「のし」に形が似てるから「のし飴」ですかね?
滋賀ではこういう習慣は無く、初めて見ました。


見た目がキャンディーケーンにソックリです。
キャンディーケーンはクリスマスの縁起物なんだとランデル兄が言ってました。
(アマゾソの画像)

キャンディーケーンの起源はよく分かっていないそうですが、wikiにこうありました。

キャンディケインはもともとは15世紀初期にフランスの僧侶が初めて作ったが、当時は白の単色で先も曲がっていなかった。

杖形になったのは1670年にドイツのケルン大聖堂の聖歌隊隊長が羊飼いの杖の形にして子供たちに配ったことからという説や、ユール(クリスマスのもととなった祭りの1つ)の木を食べ物で飾るために曲げられたという説などがある。


えべっさんの飴の起源はいつなんだろう?
日本の飴をwikiってみました。
すると、こうありました。

文献上は、神武天皇が大和の国を平定した際に、「大和高尾」の地で「水無飴」を作ったという記載が、『日本書紀』の「神武紀」にある。

われ今まさに八十平瓮をもちて、水無しにして飴を造らむ
この「飴」は「たがね」と読む。『日本書紀』は神話であり、「神武天皇の時代」とされる紀元前7世紀については不明であるが、同書が編纂された720年(養老4年)には、既に飴が存在していたことになる。

平安時代の延喜式には「京都に飴屋ができた」とあり、鎌倉時代には「飴売り行商」も誕生した。江戸時代になると様々な姿で、おもしろおかしく飴を売り歩くようになった。


現在の奈良県で、紀元前7世紀には飴があった……
日本、すごい。
最初はお菓子ではなく、薬みたいな扱いだったろうな。

和歌山のえべっさんの飴の起源は分かりませんが、大和国で出来た飴が西洋に伝わって行ったと考えるのが自然な気がするし、大和国の飴がそのまま和歌山に残っているのも自然なことのように思えます。

縁起物の飴をいただきながら、日本に生まれたことに感謝しています。
日本弥栄!

スポンサーサイト

消えたオリバーの頭

2019.01.19.10:58

ランデル弟のミニ・オリバーが…
行方不明になってしまいました。

この画像を見ると、ブローチの台座を残して
ぽんぽん部分だけが脱落しています。

高校生の娘さんが毎日学校に持って行ってたので、通学中に電車の中とか人混みでぶつかって取れてしまったのかな……と推測しています。
愛着を持ってくれていたらしく、前と同じ顔がいいとか。

オリバーのミニブローチはオマケで試しに作ってみたものをあげたような気がします。
写真に残してないからどんなだったか忘れました。
だから全く同じ顔に作れないとは思います。
でも、同じ毛糸が残ってました!良かったー


バブは「予備で二つ作ったら?」と言いましたが
それではダメなんですよ。
オリバーは唯一無二の犬だから、二つは要らないんです。

娘さんがガッカリして悲しそうなんですと。
お正月にルルブローチを失くした私には
その悲しみが泣けるほど理解出来ます。

娘さんの気持ちを分かるために失くした
というのもあるかもしれません。
ルルブローチが消えた理由は、一つや二つではなさそうです。
無駄な体験など無いんだなと思います。


できたー(´∀`)



今朝のバブは

2019.01.18.08:32

いつもより5分早く起きてきて、いそいそと出勤して行きました。

バブちゃん、無茶振りされても余裕で対応してるように見せてるだけ。
人に見せんように陰でめっちゃ努力してる。
バブちゃん記憶力無いし、記憶保持力も無いし、
一度に一つのことしか出来ひん。
いくつも並行してるように見せるために、
短時間で順番に切り替えてやってるだけ。
いくつも同時進行なんてバブには無理!
バブは頭の容量少ないけど、
その代わり処理速度が速い。
だから休んだ次の日は早く行って準備する。


うむ、それぐらい分かっておる……

バブは車の運転中に音楽に聴き入るとか
会話に集中して脳力を消費してしまうと
交差点や信号を見落とします。
目で見たものを処理してないんです。
見えていても認識出来なくなります。

バブは過去に数回軽い事故を起こしてますが
すべて私が居ないときの単独・自爆事故です。
自転車で側溝に落ちて怪我したときも
私が旅行で留守にしていた時でした。

これと同じことが仕事でも起きるんですと。

バブちゃん、無茶振りされても努力してやってる。
努力してると見せないようにやってる。
そしたら「いつも軽くやってくれる」と思われる。
そのうち「出来ないことは無い」とまで思われる。
そしたら、バブがどうしても出来ない案件が出てきても「バブちゃん、それはやりません。出来ないんじゃなくて、やりたくないんだもん!」って言えるから。

バブちゃんは「出来ません」って言いたくないんだモンね!


これが今の会社でしか通用しないことも分かってやってます。

副社長には全てお見通しで、時々
「お前、最近調子に乗ってるなあ~」
と凄まれるみたいです。
お目付役が居てよかったです。

パワハラ案件

2019.01.17.10:40

昨夜遅くにバブが帰宅して言いました。

パワハラ案件で明日は休みになった。

とうとう訴えられたのかと思っていたら……

バブちゃんが心に傷を負ったから
特別休暇をもらった♪


バブを気に入らない人(年長者で上役)が、
バブの仕事に必要な情報を囲い込み、
バブが仕事を進められないように工作していたことが発覚したんですと。
一年半も前からやられていたらしい。
彼を妨害工作員と呼びます。


11時

親会社「一年半前に頼んでたアレどうなってんの?
今日の15時までに出して!」

副社長「担当者誰や!!早よ出せ!!」
バブ「その依頼自体知りません」
副社長「ファーーー?!」
妨害工作員「(ニヤニヤ)」
副社長「バブ、15時までにやれ!俺が守ってやるからとにかくやれ!」
バブ「はい……」
妨害工作員「(ニヤニヤ)」

14時45分

バブ「できました」
妨害工作員「(ファーーー?!)」
副社長「よくやった!出してくる!」

副社長が出かけた後

妨害工作員「ファーー?!なんで出来たんや!」
バブ「バブちゃん優秀だもーん」
妨害工作員「そんなこと出来るわけがない!ふじこふじこ!」

妨害工作員、ファビョって情報の囲い込み疑惑を自爆w

バブ「……バブちゃんは心に傷を負った。もう仕事出来ない……。
信頼していた上役の方に一年半も妨害されてたなんて、ショックで倒れそうや……。
今バブに休まれたら、困るのは誰ですかねぇ?」

妨害工作員「ぐぬぬ……」
バブ「①パワハラ案件で委員会に訴える。処分されるやろなあ。
②明日からバブの心の傷が癒えるまで有給で休む。一日で癒えるかもしれへんし、10日か、1か月か、わからへんなあ……
③特別休暇やったら、1日で癒せるかもしれへんなあ……。

①②③のうちどれか選べ。バブちゃん優しいやろ。」


今日のバブは③の特別休暇で休んでます。


バブはかなり早い時点で妨害工作されていることに気付いていたそうな。
でも、知らないフリをして泳がせておいたんですと。

それと並行して、仕事に必要な情報はバブが独自ルートで直接入手していました。
しかし、妨害工作が効いているように見せるため、仕事が止まっているようにバブの方も装い、
他の仕事を普通にやりながら少しずつ情報収集していました。

それを副社長が体裁を整えて提出したので、大きな問題にならなかったみたいです。
バブを失脚させるためには十分過ぎる案件だったのですが、会社の信頼に関わるのでかなり悪質です。

バブの会社は生え抜きの社員が幅を利かせています。
中途採用者は給与や昇格でかなり差別されています。
バブも中途採用です。

副社長は親会社からやって来た人なので、中途採用という扱いです。
といっても、副社長は先代の社長がバカ息子のために頼み込んでお金を積んで来てもらった人なので、中途採用といっても別格です。

妨害工作員は生え抜きの社員です。
自分たちより優秀な中途採用者が増えると、既得権益が脅かされそうで嫌なのでしょう。
それで中途採用者に嫌がらせをするわけです。


こんな会社、何故辞めない?
と思っていたのですが、バブは王魂なので、堂々と戦争出来るのが面白いのだと思います。
何もしなくても向こうから仕掛けてくるし、返り討ちにして慌てたり怯えたりする様子を見るのが楽しいみたいです。

何年か前は妨害されるたびにいちいちキレてましたが、妨害工作を逆手に取ることを覚えてからは保留力が上がったように思います。
あとは仲間を大切に育てることを覚えてほしいですね。

これは「副社長にも同じこと言われた」とバブが驚いてました。
今までにも度々、副社長と私は同じことを言ってきたそうです。
それで私は(副社長も賢者魂かな?)と思っています。

手作り味噌

2019.01.16.12:24

先月、友人が作った味噌を貰いました。
それをバブと食べています。

冬になると最低でも月一で風邪を引くバブが……

この冬は一度も風邪を引いていません!
体が温まって元気(バブ談)です。
ありがたや、ありがたや。

手作りなら何でも良いというわけでもないのです。
一昨年とその前ぐらいは、義母が「味噌作り教室」で作った味噌を使っていました。
これも美味しくて嬉しかったのですが、バブはしょっちゅう風邪を引いていました。

私は常々、作品には作り手の波動が乗ると思っているので、友人が作った味噌のほうが私とバブに合う波動だから食べたら体調も整うのではないかと考えています。

義母が作った味噌も、友人が作った味噌も、いずれ劣らず美味しいんですよ。
でも、波動の面では格段に友人の方が我が家に合ってるような気がします。


義母は心配症なところがあり、「心配したがり」なところもあります。
心配する態度を取ることは母親として正しいから、「息子を心配している自分に安心」してるようなものを感じます。
分かりにくいですが、、

おかげでバブはしょっちゅう風邪を引き、義母は息子を心配する母親になっていました。
でも、本気で深刻な事態に遭いたくはなかったようで、毎回軽い風邪で済んでました。

義母、この冬は味噌作り教室に行く暇が無かったそうです。

入れ替わりに友人から手作り味噌を貰いました。
すると、バブの風邪がピタリと消えたので
(おや?)
と思って、上記のようなことを考えました。


バブの風邪を味噌だけのせいにするわけではありません。
バブは九州出張が増えたので、たまに別府温泉で軽く湯治できるようになりました。
ヒマラヤ岩塩風呂もこの冬からの新習慣です。
深刻なペットロスからも回復しています。
(精神状態は免疫系と関係あると思う)

その中で、味噌は重要な要因の一つであると思います。

冷蔵庫を開けるたび
「友人、サンキュー!」
「友人、ナイス!」
「友人、グッジョブ!」
と感謝の念を送っていますw

すぐに答えがやってくる

2019.01.15.06:44

先日バブがこんなことを言いました。
手の小さい人用の小さいピアノって、無いねえ?
なんで?作ればいいのに。

持ち運び出来ない楽器だからじゃね?
ふうん?

それから3日ほど経った今朝……
時報代わりに見ていた報道番組にピアノ調律師が登場。
ピアニストの要望に合わせて微調整する様子が映りました。

一流のピアニストは手が小さいとか言い訳しないんだねえ。

どうやらバブは納得した模様。更に……

知りたいと思ってたら、ルルちゃんが映像用意してくれた!

バブは上機嫌で出勤しました。
ルルちゃん、ありがとう(o^^o)

新人研修を受ける夢

2019.01.14.08:12

ある人間の監視を目的とする仕事に配属され、新たに寮生活を始める夢をみました。

先輩は私に言いました。
今日からこの部屋の住人に気付かれないないように同居して、対象者を観察するのがお前の仕事だ。
あの、気付かれないように同居って、どうやるんですか?
それに、不法侵入じゃないですか。

お前なあ……(呆)
我々には人権なんか無いから当然不法侵入にもならんということぐらい分からんのか?
大抵の人間には我々の姿は見えないが、霊感の強い人間と子供にさえ気をつけてたら平気だろ。

え、何それ、私幽霊ってことですか?
ハア?そんなモン居るわけねーだろ。

先輩は「進撃の巨人」のリヴァイ兵長っぽい雰囲気。
質問したら睨まれた。怖い。

今日だけ特別に手本を見せてやる。
ついて来い。


壁抜けした先輩について行こうとしたら壁に激突してポルターガイストを起こしてしまった。

安いと思ったら、ここ事故物件?
オラァ!出て来いや!


対象者チョー怖い。
電話で霊感女召喚し始めるし。
なんでそんな知り合いがいるのよ。

一旦離脱しようと思って先輩に倣って飛んでみたら、勢いが付き過ぎて止まれない。

わーーー!どうやって飛ぶんですか?!
慣れろ!

上の階の子供が窓からこっちを指差して見てるし。

あー、上の住人、見えてるな。お前だけ。
えーー、なんで私だけ?
お前な、さっきから『私、私』ってうるせえんだよ。
そんだけ自己主張したら目立つに決まってるだろ。


ひいぃ!!

なんかめっちゃしごかれた。
ああ、疲れた。夢でよかった。
人間を監視する仕事の夢を見たのは、アメリカに潜入してるソ連スパイと、スパイを取り締まるFBI捜査官のドラマを見たせいでしょう。

それにしても、リヴァイ似の先輩が言ってたことは正しい。
私は我が強い ので。


プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク