迷惑メールフォルダに

2018.04.23.23:36

約1か月前に頂いていたメールが
勝手に迷惑メールフォルダに入ってまして
そのことに「今」気がつきました。( ;´・ω・`)

Kさん、1か月も放置してごめんなさい。
ご依頼の件は、明日から取り掛かります。


普段は確認せず迷惑メールは消していたのですが
今日はどういう風の吹き回しか
迷惑メールフォルダの中を確認してみたのです。
それでKさんからのメールを発見しました。

他にも同じことが起きているかもしれず……

私からの返事が無い場合は
迷惑メール扱いになっていることに気付かず
消してしまっている可能性があります。
本当に申し訳ありません。



スポンサーサイト

ウチに犬がいた

2018.04.22.08:35

何度もしつこくて申し訳ないのですが
まだペットロスです。
でもこの頃、バブの呟きが変化しました。

ルルちゃんが居ない・ルルに会いたい

ルルは可愛い犬だった・ウチに犬がいた

やはりまだ泣いてしまいますが
過去形で言えるようになったのは
前に進んだと言えます。

去年のゴールデンウィークは
ルルと最後に遊びに行った思い出があります。

すぱのば号に乗って近所のお祭りへ行きました。
メダカの水槽に入れるタニシを採りに行きました。

特にタニシ採りのときは、貧血でフラフラなのに
ルルは田んぼのあぜ道を何度も往復したがって
私とバブの心配をよそに
ニコニコ笑いながらトコトコ歩いていました。


用水路でタニシを一緒に探してくれたり。




その時のタニシはメダカ水槽で増えて
今も元気に藻を食べてくれています。

ルルを看病していた時と同じ季節が再びやって来て
ありありと思い出してしまっています。
でもこれも私たちに必要な過程なのだろうから
ルルが居た証拠みたいなものだから
きちんと味わっておきます。





ふんどしパンツ貰った

2018.04.19.10:45

友人から手作りのふんどしパンツを貰いました。
ピンクの花柄です!


布屋さんでこの生地を見つけて
「あやにゃんだ」と思ったそうで。
私のために作って送ってくれたのです。
もちろん友人とお揃いw

可愛いです!
裏地はダブルガーゼかな、凝った造りです。

四角いふんどしパンツと違うのは
股下が分厚くシワシワにならないところ。
ズボンを履いても表に響きません。

本当にありがとう!!


実は、ふんどしパンツを貰うのは2回目です。
これとは別の友人に貰いました。
やはりピンクでしたw

四角いふんどしパンツと、パンツ型のふんどしパンツ、
それぞれ履き心地は違いますが、どちらも快適です。

同波長の法則というか、類は友を呼ぶというか
「いいな」と思うものが似ている者同士が集まるんですね。

ふんどしパンツ愛用者の友人たちとは
日本の端と端ぐらい離れているのですが
何処に住んでいても合う人とは縁ができるし
まさしく新地球、五次元の世界に居ると実感しています。

ありがたや、ありがたや。




バブ家の奴隷

2018.04.17.11:08

バブ実家に泊まってた日のこと。
やはり少し寒い夜でした。

義父は夜お風呂に浸かりたい派なんですが、
誰一人として動こうとしない。
だって、義母とバブはグータラな王魂だと思うし
私は面倒くさがりの賢者魂だし。

義母は「明日は姉と温泉旅行♪」と準備で大忙し。
義母は多分前世フランス人なので
(温泉で入ればいいや)と思っているのでしょう。

バブ「寒いから明日の朝でいいや」
私「一晩ぐらい入らなくても死なないからいいや」

義父以外は全員前世フランス人でしょうなあ。

義父は誰も自分のためにお風呂を用意してくれないので
(だって風呂場も脱衣所もすごく寒いし)
義父は脱衣所にストーブを運び、脱衣所と浴室を暖め、
暖まった頃を見計らって浴槽を掃除してお湯を貯めました。

それで義父はサッサと入れば良いのに
「おーい、風呂ができたぞい」
とわざわざ報告してくる。
おそらく褒められ感謝されたいのでしょう。

幼児期の王と思われる義母は思いつきだけで行動するので
「じゃあやっぱり入る!明日朝早く出かけるから!」
と、サッサと入ってしまいました。
それを見て義父は義母に直接言わず、ひどいと私に愚痴る。

私もバブも「ふーん」「あ、そう」と目も合わせず
生返事しただけで褒めたり労ったりしなかった。
それで義父は拗ねていじけて動こうとしないので
義母の次は私がゆっくり風呂に浸かりました。

息子の嫁の世話になるという幻想を抱かせないため、
義父が今後も身の回りのことを自立して出来るよう、
私は敢えて好みに耽っているのです。
奴隷魂と思われる人をこき使っているわけではない…

バブ家の「魂の役割」推測

2018.04.17.10:32

この頃、続けてバブの実家に泊まる機会があり
バブ家族を観察して、魂の役割を推測してみました。

幼児期の王(義母)
当初、義母は賢者だろうと思ったのですが
家族全員を従わせる暴君ぶりを発揮することが多く
それに皆が渋々付き合っていることが常態化しているし
何よりも義母の行動力は抜きん出ているので
行動の軸の王で幼児期ぐらいだろうと考えを改めました。
性格は優しく、人に食べさせたい意思が強固です。

幼児期の奉仕者(義父)
義母に対して愚痴を言いながらも最終的には従い
自分で考えて行動することを放棄している義父は
弱者を装って他人の世話になろうとする下心ミエミエ。
誰がどう見ても幼児期の奴隷w

若年期の戦士(義妹)
生真面目だが少しズレている義妹は
子供の頃からテストの点数を重んじる学校大好き人間。
学校から離れられず教師になり、
自分の子供たちにも学力至上主義を徹底。
子供を訓練することが大好きであり
自分にも他人にも厳しいところが戦士らしいと思う。

成人期の学者(義妹夫)
一見大人しそうに周りを観察しているだけの
毒にも薬にもならなそうな義妹夫も教師。
落ち着いているように見えるが、失敗を恐れて行動しないだけ。
義妹の爆発的な感情をいなして発散させる手腕は見事。
戦士の義妹をうまく誘導して行動させているw


人は見かけ通りではないですね。

英語教師の義妹は一見すると頭脳派。
義妹夫はスポーツ万能の体育教師で肉体派。
義妹はインドア派だし、義妹夫はアウトドア派。

しかし、精神面では
思い込んだらまっしぐらの義妹は「動」担当、
見てるだけで煮え切らない義妹夫は「静」担当。

スポーツ万能でアウトドア派だからといって
本当に行動派かというと、そうではない。
勉強が得意でインドア派だからといって
おとなしいかというと、そうでもない。

むしろ性格は義妹の方が荒々しく大胆で、
義妹夫はおとなしく臆病です。


私の推測が合っているとすれば
バブ家に王魂が二人も居たことになりますが
バブは成人期魂なので耐えていたのかもしれない。

バブが子供の頃の話を色々聞く機会もあったのですが
バブはほとんど何も覚えていないのです。
義両親はガッカリしていました。

今のバブがウルサくて、しつこく覚えているのは
「あやにゃんには言うことが通じる」とバブが認識しているからかも。
少なくとも実家にいるよりはマシなのだろう。
実家にいたときは、感覚も記憶もシャットダウンしてたのかも。

そう考えると少し気の毒になりますが、
バブは子供の頃からスケボーやスキーなどの
ラクにスピードが出る遊びが大好きだったので
よく転んで頭をぶつけていたから記憶障害があるだけかもしれません。


バブ家には表現の軸の人が居ない(と思う)ので、
賢者魂の私は腫れ物のように扱われています。
奇人・変人にどう対処すれば良いのか分からないっぽいw
私は普通にしてるだけなんだけどなあ。

ちょうど良い

2018.04.16.07:47

用があったので、またバブの実家に泊まってました。

ブレーキが壊れて自走不能になり、直したところで車検を通らないことが分かっていたバブの車。
英国製の古い四輪駆動車です。
20年以上乗っていたその車に愛着のあったバブは、廃車手続きはしたものの、処分せずバブ実家の駐車場に置きっ放しにしていました。

かれこれ1年ぐらい置きっ放しです。
そろそろタイヤの空気が抜けてくるし、引き取り業者を探すしか無いと考えていました。

ところが先週、思いがけずアジア系外国人の業者がバブの実家に訪ねてきて、放置車両を引き取りたいと言ってきたのでした。
義両親はカタコトの日本語を話すアジア系外国人を不審に思い、怯えていました。
義父はその外国人から、メールアドレスと電話番号が書いてある名刺をもらったと言う。

それでバブがメールで連絡を取ってみたところ、日本の中古車や中古農機具を途上国に輸出する業者だと判明。
彼らは近畿~中部地方を回って庭先などに放置してある車を地道に探し、買い取っていたのでした。
窃盗団とか怪しい者ではありませんでした。

バブの車を引き取らせてもらえたら、修理してドバイに輸出するとのこと。
ドバイでは四輪駆動車が人気あるそうで。
英国車の部品も手に入りやすいみたいだし。
そんなわけで、解体業者に引き取り料金を支払って処分しなければならないと思っていた車が、数万円で売れました。

日本では売れないんですよ。
・人気無い
・修理費がバカ高い
・そもそも部品が無い
・燃費悪い
・修理したところで日本の車検を通らない
・つまり乗れない

処分費用を支払ってスクラップ行きだろうと思っていました。
それが数万円になったのです。
引き取りに来た業者も、車が綺麗なので喜んでいました。

お互い得をしたと思って円満に解決しました。


さらにオマケの話として。

車のオーディオの中にはアラブの歌姫、ナンシー・アジュラムのCD(のコピー)が入ったままです。
数年前から壊れて取り出せなくなっているのですw
だから車に乗ってオーディオのスイッチを入れると、アラビア語の歌が鳴ります。

ドバイでもナンシー・アジュラムは大人気歌手です。
日本から来た車にアラブの歌姫のCDが入ってるなんて、ドバイでさぞ驚かれるだろうなと思うと愉快です。

付喪神化したバブの車が、自分がいずれドバイに輸出されることを予見していて、ドバイで大切に扱ってもらえるように、アラビア語のCDを飲み込んだまま過ごしていたのかもしれません。
あるいは、バブの上位存在が車を大切に思うバブの気持ちを尊重して、車を大切に扱ってもらえるよう取り計らっているのかも。

バブが愛着を持っていた車は、修理されてドバイの砂漠を走ることになるのでしょう。
四輪駆動車としての本領を発揮できる環境です。
まだまだ活躍できそうで、よかったです。


あ、数万円は義両親にあげてきました。
1年ずーっと置いてた駐車場代です。
あと、アジア系外国人を窃盗団だと思い込んで怯えてたし。
何か美味しいものでも食べて忘れて欲しいです。

バブも、義両親も、買い取り業者も、みんな喜びました。
これからドバイでこの車に関わることになる人と、この車も、きっと喜ぶことになるでしょう。

みんなそれぞれちょうど良く幸せです。
ありがたや、ありがたや。

新入社員歓迎会

2018.04.14.07:12

昨日、バブは朝からちょっとご機嫌斜めでした。
誕生日の翌朝だというのに、どうしたことかと思ったら…

今日は新入社員歓迎会やねん。
バブちゃん会費7千円も取られる。
ああ、もったいない!


バブよ…
新入社員なんてバブの半分の年齢の子たちだろ。
バブは日頃の行いが悪いんだから(モラハラとか)
今日は会費だけ置いてサッサと帰って来いよ。

むーー(ㆀ˘・з・˘)

バブは7千円の元を取りたいのだろうと思いました。
バブは大変ケチくさいところがあるんです。
歓迎会の飲食代ではなく、
日頃うるさくて気難しいオッサンだけど
会食のときは金だけ置いてサッと帰る
話のわかる良い人
という単純な印象操作に投資すれば役立つのに。


さて、夜になってバブはプンスカ怒りながら帰宅しました。

もうっ!バブちゃんタバコ臭い!
食べながら煙吐くな!
バブの服とカバンが臭いよう!
もうっ!!


だから早よ帰れと言ったのに…

きっとこの分では、会食の間も不機嫌だったに違いない。
不機嫌な顔して歓迎会に参加するなんて…
新入社員にしっかり覚えられて、
「ケチで気難しくて嫌な感じのオッサン」
として刷り込まれてしまったと思います。
最初の印象が最悪だと、取り返すのはなかなか難しい。

これからバブの手足となって動いてもらいたい人材なのに
バブは自らの手足を切り落としたも同然です。

だって、アイツら(新入社員)の名前が
ルパンとか、ひゅーじなんやもん!
我慢して喋ってみたけどバブちゃん耐えられなくて
喋んな、アホがうつる!って言ってやった!


あーあ。
名前を付けたのはその子たちの親なのに。
親ほどの年齢の初対面の上司に
「喋んな、アホがうつる」なんていきなり言われたら
その子は一生バブのことを忘れない。
バブにとっては毎年入ってくる新入社員かもしれないが
その子にとっては初めての会社勤めでの会食だから
ばっちり覚えて絶対忘れない。
それに、相手がアホとか以外にも
ジェネレーションギャップで話が通じない
とか思わないのか?
アホはどっちだ。

いいもん、バブと一緒の仕事しないようにさせるもん。
フンだ、バブちゃんお風呂入って寝るんだもん。


あーあ。
新入社員がどんな人物なのか、名前だけでは計り知れないのに。

今のバブが一番大切にして育てている部下も、
最初はバブがバカにして見下していた高卒の子です。
それを忘れて、バブは思い上がってしまっているようです。

悪を抱けず、福を祓えないようでは五十の坂は越えられないし
最終的には魂が苦しみ抜いて粉も無きようになるのに。

私もバブも、このままではいけないと思った歓迎会でした。


プロフィール

あやにゃん

Author:あやにゃん
成人期 4 賢者
バブちゃん(夫)
成人期 3 王
ルル(光の犬)のこと書きます。たまにルルも原稿を執筆します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク